三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 チャンネルAJER更新しました。

『三橋貴明のギリシャ紀行(前編)①』三橋貴明 AJER2012.10.16(1)

http://youtu.be/-DMuL-m1yyQ

『三橋貴明のギリシャ紀行(前編)②』三橋貴明 AJER2012.10.16(2)

http://youtu.be/CrLZtDxQaj0

今回は結構面白いと思います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【10月28日(日)経営者向けプレミアムセミナー「激変の世界経済の中で日本の経営者はどう判断すべきなのか!?」】
http://ideafactory.web.fc2.com/
 日時:2012年10月28日(日) 12時45分開場 13時~18時 
ゲストは何と中野剛志さま!)

【10月31日(水)「真冬の向日葵」刊行記念講演会・サイン会」】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_39.html#Obihiro
 演題:メディアの大罪がまた始まった
 日時:2012年10月31日(水)
   午後6時~午後8時(開場:午後5時30分)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




 【人権委員会設置法案反対 国会請願署名】にご協力ください!

 主催: 人権侵害救済法案の廃案を訴える日本国民の会 
 http://jinkensingai.blog.fc2.com/
  紹介議員: 城内実 衆院議員(自民党)
  募集期間: 1031日迄
  送付先: 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-4-6 九段郵便局留
     人権侵害救済法案の廃案を訴える日本国民の会  

     代表  金谷幸喜 宛 
  拡散動画  youtu.be/Wvvdx-e9fTk
  署名についての注意事項と用紙のダウンロード  【注意事項】   【用紙】



 最近、三日に一回は地方で講演している気がいたします(昨日は郡山市)。地方の経営者団体などからの講演依頼が異様に増えており、スケジュール的に問題がない限り、必ずお引き受けするようにしているためでございますが。


 というわけで、今月の末10月31日(水)には「真冬の向日葵」刊行記念講演会・サイン会」ということで、帯広市に参ります。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_39.html#Obihiro
 お申し込みは「ザ・本屋さん」まで、電話(0155-23-5991)またはメール(
honbu@zahon.jp )でお願いいたします。すでに十勝地方は寒いと思いますので、暖かい恰好で行きたいと思います。


 さて、地方講演と言えば、地方を回ると自民党や安倍総裁について、今でも「構造改革主義者」「増税主義者」と誤解されている方が意外に多いことに気が付きます(特に、自民党員)。無論、前回の安倍政権は小泉政権の後継として、構造改革を継続していたわけですから、無理もないと言えば無理もないのです。


 とはいえ、安倍総裁はTPPや増税について、何度も以下の通り説明をしています。



TPPめぐり真っ向対立 野田首相と安倍総裁 JAグループ全国大会に出席
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121011/plc12101121260018-n1.htm
 野田佳彦首相と自民党の安倍晋三総裁は11日、全国農業協同組合中央会(JA全中)などJAグループが都内で開いた全国大会にそろって出席し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐり真っ向から対立した。
 首相は「現在の豊かさを次世代に引き継いでいくため、アジア太平洋地域の成長力を取り入れていかなければならない」とした上で、「TPPを日中韓FTA(自由貿易協定)などと同時並行で推進していきたい」と交渉参加への意欲を改めて示した。
 これに対して、安倍氏は「自由な貿易活動は日本にとって必要だ」としながらも、「聖域なき関税撤廃を要求されるのであれば、TPPを締結することはあり得ない」と述べた。(後略)』



デフレ脱却・経済成長へ、日銀と関係見直し 自民総裁
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS15042_V11C12A0PP8000/
 自民党の安倍晋三総裁は15日の日本経済新聞のインタビューで、次期衆院選のマニフェスト(政権公約)に関して「デフレ脱却、円高の是正、経済成長、外交立て直し」を重要政策にすると表明した。次期衆院選で自民党が政権に返り咲き、安倍氏が首相に就任した場合に取り組む経済政策も明らかにした。(中略)
 消費増税をめぐっては「足元の経済の状況も大切だ。来年10月ごろに同4~6月期の指標をみて判断すると思う」と語った。具体的な基準には言及しなかったものの、デフレ脱却などが不十分な場合は、2014年4月からの8%への増税を見送る考えを示唆した。(後略)』


 くどいですが、安倍総裁の消費税増税に対するスタイルは、法律(附則十八条)に則っているわけです。現時点で「問答無用で増税」などと主張している人がいたら、その人は法律を読んでいないか、増税という結論を変えずに強引な「解釈」をしていることになります。


 また、TPPに関する、
「聖域なき関税撤廃を要求されるのであれば、TPPを締結することはあり得ない」 
 は、これまたTPPに関する自民党の決定事項そのままです。


 すなわち、安倍総裁は普通に「法律」や「党の結論」に基づき、「聖域なき関税撤廃を前提とするTPP」や「デフレ脱却前の増税」に反対しているわけです。これ以上「普通」のことは無いと思えるわけです。


 それにも関わらず、ネットなどでは安倍総裁や自民党が「増税」「TPP推進」と決めつけた書き込みをする人が後を絶ちません。ここまでしつこいと、一部の大手メディア同様に「自民党はTPPと増税推進だ」という既成事実化を図っているか、もしくは自民党の支持率を押し下げるためにやっているとしか思えないわけです。(あるいは双方かも知れませんが)


 特に、メディアが上記二つの「反対」を率先して報道しようとはしませんので(渋々、という感じで報じます)、地方の方々の誤解が解けないのも無理もない話です。


 この種の情報操作に対抗するには、こちらも「正しいこと」を繰り返し、繰り返し、語っていく必要があります。田母神さんが左翼の方々について仰っていらっしゃいましたが、
「彼らの思想信条には全く賛成できない。しかし、彼らのあのしつこさ、粘り強さは尊敬に値する
 という話でございます。実際、左翼というか「反日」な人たちの粘り強さは、まさに驚異的です。そういう意味で、ネットで繰り返し「自民党は増税推進」「自民党はTPP推進」というデマゴーグが語られるのも、当然なのかも知れません。やっているのが「彼ら」ならば。


 というわけで、こちらはデマではなく「正しいこと」をしつこく、繰り返し語っていく必要があるわけです。自慢ですが、わたくしはこの種の「繰り返し、しつこく正しいことを語る」を得意にしておりまして、しかも毎回エッセンスや切り口を変えることで、情報の受け手を飽きさせない工夫を凝らすように心掛けております(一応、これでも頑張っております)。


 あるいは、別に工夫を凝らさなくても、ときには直球でドカンッ!とやってしまうのも重要なのだと思います。特に、政治家の皆様が



『今日は知事選応援の為岡山県に行ってきました。
 ところで、話は変わりますが、数年前、クローン病という、私の潰瘍性大腸炎と同じ自己免疫疾患系の難病を持っていた氏家さん(日本テレビ会長)に依頼され、クローン病と潰瘍性大腸炎の患者さんと、家族の会の皆さんの集まる集会で話をした事がありました。
 先日その会に出席しておられた、潰瘍性大腸炎に苦しむ中学生のお嬢さんをもつお母さんから、お手紙を頂きました。「娘の病状はだんだん緩和してますが、一年に一回、1ヶ月ぐらい悪化して学校も休まなければなりません。
 その時は落ち込み、私も心配しますが、安倍さんが元気にまた頑張っている事に、娘は勇気づけられています」という趣旨のお手紙でした。
 氏家さんと共に皆さんの前でお話した時は、総理大臣にはなったけど、結局病気が悪化し突然辞める事態となってしまい、果たしてそんな私が皆さんを励ます事が本当に出来たのかと思っていましたが、この手紙を頂き、総裁選に於いて、病を克服した事を説明し再び挑戦したいと訴えた事は、意味が有ったと思う事が出来ました。
 しかし手紙には次の様な事も書かれていました。
「残念ながら病気に対する理解は進んでいません。先月ですが、朝のワイドショーで司会者やコメンテーターが病気を揶揄する発言をしていて悲しくなりました
 との事でした。
 辞職の責任は私にあり、その責任を取る道は、全ての批判を受け止め、結果を出して行くことであると覚悟しています。
 しかし、ちゃかし過ぎた中傷は、私以外の同じ病で苦しんでいる人達を傷つけている事をワイドショーの人達には知って欲しいと思います。
 私は幸い薬が合い完治しましたが、苦しんでいる人は沢山います。
 当該番組の事は知りませんでしたが、事務所のスタッフに聞くと、「とくダネ」である事がわかりました。
 ビデオで確かめると司会者の小倉智昭氏と田中雅子氏(経営コンサルティング、田中総研代表)が「お腹痛くなって辞めちゃった」「子どもっぽい」と言いたい放題。
 まぁ私は慣れますが(笑)今回は少し言わせて頂きます。
 私はテレビで何回も潰瘍性大腸炎について説明しています。
 テレビで堂々とコメントするのですから、当然それを知っていながらの中傷でしょう。
 という事は意図的な中傷であると判断せざるを得ません。テレビに出て来る資格無しです。知らずにコメントしているなら、そもそもコメテーターの資格無しです。
 田中雅子氏は、この程度で経営コンサルティングなんかしていて大丈夫でしょうか。
 ここまで書いたところで秘書から、この件については番組で、小倉智昭氏が謝罪しているとの情報がありました。
 私やこの母親や少女に代わって、多くの方が番組に抗議して頂いた結果でしょう。
 これは正にネットの勝利ですね。
 コメンテーターは公共の電波で発言する以上その発言に対する批判を引き受ける覚悟をすべきです
 私と共に闘って頂いた皆さんに感謝します。
(安倍晋三自民党総裁のFavebookより)
https://www.facebook.com/photo.php?pid=542335&l=d5b2d2536d&id=100003403570846


「コメンテーターは公共の電波で発言する以上その発言に対する批判を引き受ける覚悟をすべきです。」


 その通りです。公共の電波を「国民から借りて」放送ビジネスをやっているのがテレビである以上、発言に対する責任というものが発生します。「個人」として言いたい放題言って、責任は「局が・・・」などということは許されないのです。


 日本の情報の歪み拡大の一因は、メディアの力があまりにも大きくなり過ぎ、政治家が「怯え」、発言を控えたため、ますますメディアの力が大きくなってしまったことなのです。

 とはいえ、インターネットの力が次第に強くなっているのは確かであり、「直球」で「繰り返し」発言する政治家の方々が登場され始めています。この流れを大きくして、早期に国内の「情報の歪み」を是正しましょう
 そのためにも、是非、皆さんも「正しいことを、繰り返し」語って頂ければと存じます。


「正しいことを繰り返し語る」にご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog


三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。


いいね!した人  |  コメント(82)  |  リブログ(0)

三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み