三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました!
『日銀当座預金の正体①』三橋貴明 AJER2015.5.19(7)

https://youtu.be/I8KgC0MxR_w

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 


 徳間書店から「超・技術革命で世界最強となる日本 」が刊行になりました!

 
 


 本日は23時からFMフジ「何でもカウンセリング」に出演します。
http://jupiter.jp.net/news/2014/03/18/483/


 5月25日午後、埼玉県北部を震源とする地震があり、茨城・土浦市で震度5弱を観測しました。

 5月29日、鹿児島県の口永良部島で爆発的な噴火が起きました。

 そして、5月30日夜、小笠原諸島西北を震源とするマグニチュード(M)8.5の巨大地震が発生。2011年3月の東日本大震災(M9.0)以降、最大規模となる地震でした。


『【小笠原で震度5強】全国で有感地震、「異常震域」の可能性示唆 気象庁
http://www.sankei.com/affairs/news/150530/afr1505300054-n1.html
 小笠原諸島の母島(東京都)と神奈川県二宮町で震度5強を観測した地震について、気象庁は30日夜、太平洋プレートの沈み込みに伴う深いところで起きた地震だと説明し、全国各地で震度1以上の有感地震を観測する強い地震だったと発表した。揺れの強かった地点では落石などに注意するように呼びかけた。
 通常の地震は震源から同心円状に揺れが伝わり、震度は小さくなってい
くが、今回は震源から離れた地点でも大きな揺れを観測したという。
 気象庁の中村浩二・地震情報企画官は「(揺れがより伝わりやすい)海底プレート中を伝わった影響だと思う」と異常震域の可能性を示唆し、「全国的に揺れを感じたのは、単に地震の規模が大きかったからだろう」と説明した。(後略)』


 震源が590キロと非常に深い、いわゆる深発地震だったため、津波は発生しませんでした。


 NHKのニュースで「マグニチュード(M)8.5」という数値を見たときは、背筋が凍りました。より浅い震源の太平洋で、マグニチュード8.5の大地震が発生したら・・・・。


 ちなみに、東京大地震研究所の平田直教授は、
「これだけ大規模の深発地震は世界的に見ても例がない」
 と、語っています。


 また、東京大の阿部勝征名誉教授は、
「震源付近は太平洋プレートがフィリピン海プレートの下にほぼ垂直に沈み込んでいる。プレートの先端が割れて地震が起きたのだろう」
 と指摘しています。

 津波は、海底が地震で上下し、海面が隆起することにより発生します。今回の深発地震は、震源があまりにも深く、海底や海面にはほとんど影響が及ばなかったのです。


 代わりに、地震の震動はプレートの中に閉じ込められ、プレートに沿って拡大。北海道から沖縄まで、全国に伝播していきました


 口永良部島や箱根山で火山活動が続き、震度5クラスの地震が頻発しています。日本列島は、火山活動や地震の活性期に入ったのでしょうか。


 分かりません。

 分かりませんが、可能性はゼロではありません

 そして、大地震からは、誰も逃れることができません

 アメリカのように、富裕層が行政として独立する、あるいは進撃の巨人的に「壁」で囲まれたゲーティッドコミュニティで安全に、快適に暮らしていたとしても、大地震からは逃れられません。大地震に限らず、自然災害という非常事態は「所得」」や「資産」の大小とは無関係に襲い掛かってくるのです。


 そして、大地震のような大規模自然災害が発生した際に助けてくれるのは、「おカネ」ではありません。同じ、国民です。同じ国民「だけ」なのです。


 厳密に書くと、同じ国民が有する「経済力」、すなわちモノやサービスを供給する力こそが、わたくし達を助けてくれます


 ところが、現実の日本は長引くデフレ下の規制緩和等で、国内の供給能力を容赦なく毀損してきました。しかも、東京一極集中を加速させ、「三位一体の改革」「市町村合併」などにより、地方の行政や経済のパワーを削り取ってきたわけです。


 現在の日本にとって、東京一極集中を解消する「地方経済の発展」は、東京都民の安全保障にとっても極めて重要なのです。首都直下型地震が発生した際に、地方経済の「経済力(供給能力)」が不足していた場合、我々東京都民は助からないでしょう


 揺れが全国に広がった今回の深発地震を受け、改めて「日本国民であること」を考えました。各地の日本国民がそれぞれ発展し、互いに助け合うことが可能な経済力、供給能力を蓄積していかなければ、この日本列島で生き延びることはできないのです。


 現在の日本国民にとって、地方経済の再生は「安全保障の問題」なのです。


「地方経済再生は日本国民の安全保障の問題である」に、ご賛同下さる方は、

↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。

新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆三橋貴明関連情報

Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。



いいね!した人  |  コメント(42)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み