三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

    三橋貴明の「新」日本経済新聞」

テレビ、雜誌、ネットで話題沸騰!日本中の専門家の注目を集める経済評論家・三橋貴明が責任編集長を務める無料メルマガ三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(京都大学大学院人間・環境学研究科准教授)、施光恒(九州大学准教授)浅野久美(チャンネル桜キャスター)、青木泰樹(京都大学レジリエンス実践ユニット・特任教授)、平松禎史(アニメーター・演出家)、宍戸駿太郎(國際大学・筑波大学名誉教授)、佐藤健志(作家・評論家)、島倉原(評論家)、上島嘉郎(元「正論」編集長)NEW!などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り! 日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむ「三橋貴明の「新」日本経済新聞」 購読申込みはこちら から。

NEW !
テーマ:

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『お金の担保①』三橋貴明 AJER2016.9.20(7) 
https://youtu.be/sjOa8Z-ezqA

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   RDER-TOP: medium none; BORDER-RIGHT: medium none; BORDER-BOTTOM: medium none; BORDER-LEFT: medium none; MARGIN: 0px" border="0" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=mitsuhashitak-22&l=as2&o=9&a=4198641536" width="1" height="1" />   

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 チャンネル桜「「日本よ、今...闘論!倒論!討論!2016 「外人天国」日本の危機」に出演しました。


【討論】『外人天国』日本の危機[桜H28/9/24] 
https://youtu.be/diB3kYjJTTc
http://www.nicovideo.jp/watch/1474612443


 10月2日、ハンガリーで中東などからの難民受け入れの是非を問う国民投票の実施が予定されています
 そのハンガリーの首都ブタペストで昨日、繁華街の店舗で大規模爆発が発生。警官二名が負傷しました。


 また、同日、予定されていたオーストリアの「再」選挙は、郵送票を入れる封筒が自然に開くという問題が発覚。選挙が11月27日か、もしくは12月4日に延期されることになりました。

 相変わらず、「きな臭い」ことでございます。

 さて、昨日も取り上げましたが、ウィーンで欧州へ大量流入する移民・難民問題への対策を話し合う首脳会議が開かれておりましたが、


● EU内外の国境管理を強化する
● 移民出身国であるアジア・アフリカ諸国と送還協定を結ぶ

 の二つが決定されました。


『国境管理、強化 中東欧10カ国、独・EUと合意 首脳級会議
http://mainichi.jp/articles/20160926/ddm/007/030/085000c
 欧州に流入する難民・移民に関する対策を巡り欧州連合(EU)への不満を高める中東欧10カ国とドイツ、EUの首脳級会議が24日、ウィーンで開かれた。新たに移民の出身国であるアジア、アフリカ諸国と移民の送還協定を結び、EU内外の国境管理を強化する方針で一致した。EU側は中東欧への支援を強化し求心力を高める狙いもありそうだ。
 「(難民・移民流入の)問題は解決されていない」。オーストリアのケルン首相は会議後の会見で、そう強調した。(後略)』


 EUは、バルカンルートを塞ぐために、今年の3月にトルコと協定を締結。ギリシャに密航してくる難民・移民を、トルコ側に送還する協定を結んでいるのですが、ほとんど機能していません


 IOM(国際移住機関)によると、昨年、バルカンルートを利用した難民移民が約100万人。今年は(封鎖されているはずなのですが)30万人に達しているとのことです。


 財政問題が続くギリシャが、まともに難民・移民を管理できていないのは明らかです。既に、シェンゲン協定はもちろん、ダブリン協定も崩壊状態にあります。


 「入口」であるギリシャが対応不可能である以上、結局は難民・移民が流入した各国が、個別に送還をせざるを得ないという話になってしまったのです。


 EUは、昨年、難民ら16万人を加盟国に割り当てると「多数決」で決めてしまいました。本来、EUは「全会一致」が原則のはずなのですが、ハンガリーやポーランドなどが猛反発し、「数の理論」で割り当てを押し付けざるを得なかったわけです。


 もっとも、割り当て数の難民受入は一向に進んでおらず、未だ3.3%が割り当て先に移動したに過ぎません。中東欧諸国は、今回の会議でも、
難民割り当ては、国境管理や移民送還の体制ができることが前提だ
 と、主張。


 しかも、ハンガリーの国民投票が実施目前であるため、いずれにせよ「速やかに問題解決が進む」などということはあり得ません。


 ハンガリーの場合、EU内への労働者「送り出し国」であり、EU加盟により確かに「利益(所得が増えるという意味)」を得ています。とはいえ、そのハンガリーですら、自分たちの国に人種、言語、そして宗教が異なる大量の難民が流入するのは「お断り」なのでしょう。


 虫が良いといえば、虫が良いですが、これが「現実の世界」でございます。「理念」に基づくEU統合は、完全に行き詰りました


 現在、ドイツに向かうはずがバルカン諸国やイタリアで足止めを食っている難民・移民の数が20万人近くいます。昨日も書きましたが、解決策は、事実上ありません


 ドイツは「滞留」している難民・移民について、「EU全体で引き受ける」方針を打ち出していました。中東欧諸国からしてみれば、ふざけるな!と、言いたくもなるでしょう


 DPA通信によるとメルケル独首相は会議終了後に、記者団に対して、
「できる限り不法移民(流入)を止めなければ」
 と、語ったそうです。


 EU全土から「お前がっ!」という心の声が聞こえてくる感じですが、いずれにせよ昨年9月のメルケルの政治判断は、取り返しがつかない事態を引き起こしました。


 取り返しがつかない問題に苦しめられる欧州諸国を見てすら、「日本の開放性を推進する(9月21日、安倍総理)」必要があるのですか、安倍総理?


外国移民受入推進に反対する!」に、ご賛同下さる方は↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ
◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。 

新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ

日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。

◆三橋貴明関連情報
Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」
は↓こちらです。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み