日本精神の復活、

そして世界平和へ貢献できる日本の復活へ 
~歴史に学ぶリーダーシップ 
    二宮尊徳に我々は何を学ぶべきか~ 
清水崇史さん(会社員)講演会
(土光杯全日本青年弁論大会最優秀賞) 

平成立志社/元氣NIPPONプロジェクト

共同開催

講 師:清水崇史さん(35歳・会社員・土光杯全日本青年弁論大会最優秀賞)
日 時:平成29年3月9日(木)19:00~20:30 (18:30開場)
会 費:¥2,000 
場 所:青山・東京ウィメンズプラザ 一階 視聴覚室
(一階正面入り まっすぐ奥に下り 右側)03-5467-1711
 渋谷区神宮前5-53-67(青学大対面・オーバルビル裏)

申し込み:takashi55nakamura@gmail.com

第33回土光杯全国青年弁論大会 受賞者論文(全文)
以下はその全文です。まずとにかく是非ともお読みください!!

最優秀賞土光杯 会社員 清水崇史さん(35) 「日本精神復活のために」(全文)
 台湾教育の聖地、芝山巌学堂。日本統治が始まったわずか3カ月後の1895年7月から7人の教師がこの地で、教育を始めていきました。しかし、当時の台湾は治安が大変悪く、翌年元日に約100名の抗日ゲリラに襲われ、その内6名は命を落とします。
 そのような事件が起これば「そんな野蛮な場所に行くのは嫌だ」と思うのが通常の感覚です。しかし、その後多くの日本人教師が「そんなに野蛮な場所ならば教育が必要だ。私が行きます」と台湾行きを志願したのです。その後も多くの先人達が現地に寄り添い、台湾の発展のために懸命に努力しました。
 台湾には、現在でも「日本精神があるわね」という褒め言葉があるそうです。「勤勉である」「正直である」「約束を守る」「優しい」等、良いことをしたときに用いられる言葉です。つまり、日本精神というのは「自分のためではなく相手のために尽くすことが出来る」という精神なのです。先人たちの日本精神が現在の親日台湾の礎を築いたと言えるのではないでしょうか。
 先の大戦においても、アジアの自主独立を目的に、先人達は血と汗を流しました。
 アメリカ、イギリスといった大国と戦争中にも関わらず、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、インドなど、長年植民地支配されていた各国を解放し、教育を施していったのです。まさに、相手のためを思う日本精神が、アジアの自主独立のきっかけとなったのです。
 混沌の世界情勢。これは世界中の国が、個人が、自国の利益、自分の利益ばかりを考えた結果起こっています。ほとんどの国は自国の利益しか考えません。しかし、日本だけは違いました。自国だけの為では無く、世界の平和を真に考えていたのです。それは、明治天皇の御製からもわかります。
 「よもの海 みなはらからと思ふ世に など波風の たちさわぐらむ」
 「世界はみな同胞であるのに、なぜ争いを起こすのであろうか。」この平和を願う思いが、日本精神に宿っているからなのです。
 しかし、その状況は変わってきてしまいました。
 台湾の李登輝元総統は、22歳まで日本人として生き、日本精神を礎に台湾を民主化へと導いた偉大な指導者です。李登輝元総統は、「日本精神は世界の危機状態を乗り切っていくために、絶対必要不可欠な精神的指針である。しかし、1945年以後、日本精神が全否定され、日本の過去はすべて間違っていたという『自己否定』へと暴走していった」と述べられるのです。
 この言葉の通り、日本人は日本精神を失いかけています。
 日本人としての自信を失い、『日本は悪かった』と自己否定に夢中です。そして、ニュースを見ていても、自分勝手な日本人の話をよく耳にします。
 私は、日本人が日本精神を忘れてしまった理由は、先人達の想い伝えないことにあると考えます。立派な先人達の話を聞けば、「自分も立派にいきよう」と思うでしょう。しかし、知らなければそう思わないのは仕方ないでしょう。
 私自身も、20代半ばまでは歴史を知らず、日本に興味を持たず、世界に目を向けず、自分の事ばかりを考える人間でした。しかし、縁があって真実を知り、目を覚ます事が出来たのです。
 多くの日本人は、歴史を知りません。知ろうともしていません。ならば、知っている人間が先人の志を受け継ぐことは、次の世代に伝えることは、義務なのではありませんか?
 日本精神復活のために。
 私は、民間レベルで出来る活動として、二宮尊徳、後藤新平、吉田松陰そして特攻隊員など、日本精神をもった偉人たちを若者に伝えています。昨年は小学5,6年生に向けて二宮尊徳のお話をする機会をいただきました。その結果、後に「二宮尊徳かっこいい!」と「尊徳ブーム」が起きたのです。今まで何があっても人のせいにしてばかりいた少年が、「人のせいにするなよ」と言うようになったという嬉しい話を聞きました。たった45分の授業でも、若者達は立派な先人に触れたら「あんな格好よく生きたい」と考えるのだなあと実感することが出来ました。
 私にできる事は汗をかいて目の前の一人一人に伝えることだけです。しかし、話を聞いた人が一人でも「日本が好きになった」「もっと学びたい」「私も伝えていきたい」と思えばそれが連鎖していきます。「一燈照隅万燈照国」という言葉があります。自分が灯せる火は小さく、照らせるのは片隅だけだけど、その火が次につながればいつかは国を照らす事が出来る。これこそが、日本精神の復活、そして世界平和へ貢献できる日本の復活へとつながっていくと信じて、私はこれからも偉人を通じて日本精神を伝えていきます。


 いかがですか皆さん!
 この方の話を聴いてみませんか?

 清水崇史さん。35歳、会社員。亡くなったアサヒビール名誉顧問中條高德先生の講演会や致知出版の勉強会などで知り合いました。もう今から7年前のことですね。
 私が毎月勉強させていただいている「しがくセミナー(室舘勲キャリアコンサルティング社長)」でもお会いし、おおお~世間は狭いと親交が深まりました。
 室舘社長も清水さんの真面目な姿勢を高く評価し、若手社会人がリーダーシップの基礎を身につけることを目的とした教育機関「しがく」のカリキュラム「歴史に学ぶリーダーシップ講座」にて、二宮尊徳、後藤新平の講座を担当していらっしゃいます。

 

 清水さんには、是非とも講演をお願いしたい……と6年間言い続けていましたが、なかなか実現をしておりませんでした。
 本年1月7日に開催されましたフジサンケイグル-プ主催の「第33回土光杯全日本青年弁論大会」で、清水崇史さんが最優秀賞を受賞されました。もうこの機会を逃してはならないと清水さんに講演をお願いした次第です。
 どうか皆さん、これからの日本を担うリーダーの一人、清水崇史さんの講演を聞いてください。そして是非ともSNSでも直接でも清水さんと繋がっていただきたいと思います!

土光杯とは?
「土光杯全日本学生弁論大会」(当時)は、1981年に発足した第二次臨時行政調査会の会長を務めた土光敏夫氏による「21世紀の日本を拓く行政改革(行革)の実行には若い力が必要」との呼びかけに応じて、1985年に創設されました。1985年の第1回以来、毎年1月に行われ、2017年は33回目の開催となります。
世界や日本社会の変化が激しい現代だからこそ、若い人たちの力で社会を変えていく一つの動きをつくりたい。そんな思いから大会を開催しています。
大会には、出場者の家族、友人、恩師のほか、毎年300名以上の聴衆が詰めかけています。
土光杯は、行革という枠を超えてテーマを拡大し、出場者は政界、経済界、言論界など幅広い分野で活躍しています

しがくとは?
しがくは「リーダーシップの基礎を身につける」ことを目的とした教育機関です。若者の描く将来像は多種多様です。しかし、どんな将来であれ、遅かれ早かれリーダーシップを求められるでしょう。それぞれの将来像を実現していくためのリーダーシップの基礎をこのしがくを通じて養っていってください。
 

緊急! 
行徳哲男先生講演会
「日本人いかに生きるべきか!」
第20回記念 平成立志社勉強会

 緊急になってしまい申し訳ございません! 
  炎の男 松岡修造選手の恩師・行徳哲男先生をお迎えして第20回記念の勉強会を開催させていただきます。

 何せ後2週間しかございませんが、是非とも皆さま一人でも多くのご出席をお願い申し上げます!

 日時:1月25日(月)18時30分~20時30分 
 会場:東京ウィメンズプラザ一階視聴覚室 
 会費:¥3,000(講師謝金・会場費 等)  

お申込み、お問い合わせは

takashi55nakamura@gmail.com
まで!

 行徳哲男先生は昭和8年(1933)福岡県生まれ。成蹊大学卒業後、大手財閥系企業に入社。労働運動の激しき時代に衝撃的な労使紛争を体験し、「人間とは何か」の求道に開眼。69年に渡米し、米国流の行動科学・感受性訓練と、日本の禅や哲学を融合させ「BE訓練(Basic Encounter Training)」を開発。
 71年日本BE研究所を設立し、人間開発・感性のダイナミズムを取り戻す4泊5日間の山中訓練を完成させ、99年に終了するまで、政財界、スポーツ界、芸能界など各界のリーダー及びその子弟18000余名が参加する。 

 炎の男 松岡修造選手がBEを受けて、スランプから立ち直った話はものすごく有名です。
 行徳先生のお話を伺うと、松岡修造選手の熱さの源を判っていただける……そんな確信があります!

 私と行徳先生の出会いは平成元年に遡ります。当時、2期目の都議会議員選挙に臨む山田 宏 さん(参議院選自民党比例代表候補予定者・前杉並区長・前衆議院議員)の集会で応援演説に立った行徳先生の迫力に息を飲みました。冒頭の1~2分で聴衆の心をつかみ、皆ぐいぐいと引き込まれました。あれからもう28年。様々な場面でご指導をいただいております。

 最近では俳優の水澤心吾さんの応援で昨年12月の公演で行徳先生とご一緒させていただきました!(私も杉原千畝さんの生涯を一人芝居で描く俳優の水澤心吾さんの応援をさせていただいておりますが、水澤さんはずっとずっと以前から行徳先生には多大なるご支援とご指導をいただいております。)
 皆さま、平日の夜ですが、是非とも東京ウィメンズプラザにお越しください!(^O^)/



お申込み、お問い合わせは
takashi55nakamura@gmail.com
まで!

中村 崇 12月26日(土)講演をさせていただきます!
(第19回 平成立志社)

東京ウィメンズプラザ視聴覚室A・B
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 

時 間: 14:00~16:00 

参加費: ¥2,000

テーマ : 「戦後70年 両親の戦争体験を、いかに子供たち孫たちに伝えるか? 
そして日本人の果たすべき役割は?!」
 



 中央区倫理法人会のモーニングセミナーで講話をさせていただく旨を告知させていただきましたところ、そんな早朝には行けないというメッセージをたくさんいただきました。
 それならば今年は武蔵野、杉並東、いたばし、中央、そして六交会と5カ所で講演をさせていただきましたので、その集大成として、内容も少し進めて、12/26の昼間にお話をさせていただきたいと存じます。
 ものすごく年末が押し迫った土曜日ですが、終了後は軽く近所で懇親忘年会をさせていただければと存じます。
日時:12月26日(土)14時~16時
会場:東京ウィメンズプラザ 視聴覚室A・B
会費:¥2,000 会場費・設備使用料・資料代

お申し込み、お問い合わせは
takashi55nakamura@gmail.com
中村 崇
 この世の中で戦争をしたいと思っている人なんてほとんどいないのに、ほんのひと握りの戦争でお金儲けをしたい連中のおかげで、今、この現代でも戦争はなくなっていません。
 人類は二度の世界大戦で多くの人命を失って、二度と戦争の惨禍を繰り返さないことを誓ったはずなのに……・ 
 先日のフランスやイギリスで相次いだテロ、その前はロシアのシリアへの軍事介入によりあふれた難民が周辺各国に押し寄せた……。北朝鮮の核武装問題、中国の少数民族への虐待……本当に世界平和なんて夢また夢です。
 戦後70年目に世界の平和について考えることは、8月15日で終わりではいけないと思います。 世界の平和と日本の果たすべき役割については、いつでも皆で考えなければならないと思うのです!




 中村 崇 の父は大正11年生まれ。海軍飛行予科練習生(予科練)甲飛六期。南方戦線を偵察機ゼロカン(零式水上観測機)に乗務。戦艦大和に二か月乗船。ジャカルタで終戦を迎える。
 母は昭和4年生まれ。高等女学校入学とほぼ同時に勤労動員。昭和20年3月10日の東京大空襲で自宅を焼け出される。
 いつ死んでもおかしくなかった二人から生まれた私……命の大切さを子供たち、そしてこれから生まれてくる孫たちに伝えたいのです。しかしうまく伝えられずに悩む日々です……。
 今回は、もう一歩進めて、日本人が世界平和に向けて何が出来るのかということを皆さんの話を伺いながら、一緒に考えていただく機会になれば幸いです。





平成立志社勉強会

第1回 鍵山秀三郎 日本を美しくする会相談役(イエローハット創業者)『凡事徹底~ 平凡なことを非凡に努める』

第2回 中條高德 英霊に応える会会長(アサヒビール株式会社名誉顧問)『日本人いかに生きるべきか!』

第3回 山田 宏 衆議院議員(前杉並区長・元日本創新党党首)『日本人いかに生きるべきか!』

第4回 志太 勤 希望あふれる日本へ代表(シダックス創業者)『希望あふれる日本を目指して!』

第5回 松沢成文 首都圏政策研究所代表(前神奈川県知事)『日本人いかに生きるべきか!』

第6回 中田 宏 衆議院議員(前横浜市長・元日本創新党代表幹事)『日本回復への道すじ!』

第7回 上甲 晃 志ネットワーク代表(元松下政経塾塾頭)『その先の日本を語れ!』

第8回 あおいくま(鈴木 武) 環境問題実践家(パナソニックのゴミを98%資源化)『【日本の心、もったいない】53歳からのゴミゼロへの挑戦 一日一センチの改革』

第9回 今井雅之 映画監督・俳優 (舞台「The WINDS of GOD」を25年演じ続け、英語版の映画も作成し、神風特攻隊の真実と世界平和を訴え続ける)『祖国・愛国心・そして感謝』

第10回 河添恵子 ノンフィクション作家 (『産経新聞』、『正論』『WILL』『週刊文春』『新潮45』『SAPIO』などへの執筆多数)『日本がこれからも日本であるために~中国の脅威とどう向き合うのか!』

第11回 陰山康成 医師/高輪クリニック理事長(希望日本日本・社会保障問題分科会リーダー)『日本社会を元氣にする健康法~ゼロ次予防医療とは?~』

第12回 宮崎奈穂子(歌手)・RIE(アーティスト)

(宮崎奈穂子=路上ライブ演奏を5年間。手売りでCD8万枚を販売。ついに日本武道館単独ライブを実現 

RIE=絵画アーティストとして5年間の下積み。日本テレビ「おしゃれイズム」のスタジオアートで脚光。ANA(全日空)創立60周年機体デザインコンテスト優勝。)

『 夢まであとどれくらい? ~今、輝く2人の講演会~』

第13回 松原 仁 衆議院議員 【元 国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)、拉致問題担当大臣】 『日本人いかに生きるべきか!』

第14回 中村 崇 平成立志社代表・希望日本スペシャルパートナー(元日本新党広報部次長、元日本創新党選挙対策副委員長)『希望あふれる日本へ!』   

第15回 大塚 貢 (食育アドバイザー・元長野県真田町教育長)『「子供たちを甦らせる!」~人間力を高める食、人を滅ぼす食~』 
第16回 宮脇 昭 横浜国立大学名誉教授 『豊かな生活を守るいのちの森を 
- 日本から世界へ -

第17回 水澤心吾 俳優・一人芝居観劇会『決断・命のビザ~Sempo杉原千畝物語~』
第18回 
鍵山秀三郎 日本を美しくする会相談役(イエローハット創業者)『凡事徹底~ 平凡なことを非凡に努める』
第19回 中村 崇 平成立志社代表

第18回平成立志社勉強会
鍵山秀三郎 先生 講演会
(日本を美しくする会相談役・イエローハット創業者)  

■テーマ : 凡事徹底~ 「平凡なことを非凡に努める」
■日   時 : 2015年5月23日12:30 - 14:30
■会   場 : 學士會館(学士会館)
                 〒101-8459 東京都 千代田区神田錦町3-28
■会   費 : ¥4,000(美味しいデザートとコーヒーか紅茶付き)

 1年1か月ぶりに私が主催する平成立志社勉強会を再開します! お時間が合えば、是非ともご出席ください!
 https://www.facebook.com/events/358478817681028/
 
 今回は、第18回平成立志社と第12回志信会政経塾との合同勉強会となります。
 講師は 鍵山秀三郎(かぎやま ひでさぶろう)先生です。

 鍵山先生は、現在は1200億円を超える企業・株式会社イエローハットを創業し、たった一代で育て上げた、まさに立志伝上の人物です。

 その鍵山先生の原動力が 「凡事徹底」~「平凡なことを非凡に努める」ということでした。

 鍵山先生の凡事徹底の代表格が、徹底して行う掃除でありました。そのきめ細やかさ、髪の毛一本の隙もないのではと思うほどの徹底ぶりは、まさに「掃除道」と呼ぶにふさわしいものです。

 鍵山先生の講演を伺って、ただ感動するのではなく、この輪が広がって行き、具体的な行動につながる第一歩になれば、この勉強会を開催する大いなる意義があると考えます!

 どうか万障お繰り合わせの上、ご出席をいただければ幸いです。

 ※会場の學士會館は歴史と伝統のある素晴らしい会場です。鍵山先生にも喜んでいただきたいと、この会場を選ばせていただきました。 食事付きが会場貸出しの条件という事でしたが、折衝に折衝を重ねて、アフターティーパーティ(コーヒー・紅茶と美味しいデザート付き)という事でございます!(^_-)-☆http://www.gakushikaikan.co.jp/

https://www.facebook.com/events/358478817681028/

参加表明、お問い合わせは
takashi55nakamura@gmail.com
まで!

 4月26日 第17回平成立志社勉強会
(共催:希望日本イベント委員会) 
成功裏に終了しました!

『「決断 命のビザ “SEMPO”杉原千畝物語」
水澤心吾さんの一人芝居』
サプライズで杉原美智さん
駐日リトアニア大使閣下ご夫妻もご参加!



 4月26日、昨日の出来事は、まるで夢のようです。奇跡…まさしく奇跡です。
 希望日本イベント委員会主催「シリーズNIPPON こんなすごい日本人がいた!② 杉原千畝・兼ねる第17回平成立志社勉強会」に150人を超える(160人?)皆様にお集まりいただきました。
 本当にありがとうございました!
 またその会場に杉原千畝さんのご家族の杉原美智さま(千畝さんの息子さんのお嫁さん、特定非営利活動法人杉原千畝命のビザ理事)、駐日リトアニア大使エギディユス・メイルーナス閣下ご夫妻にもいらしていただくことが出来たのです。


 「感謝!」もう感謝と言う言葉しか出てきません。
 私は2012年冬に初めて『「決断 命のビザ “SEMPO”杉原千畝物語」水澤心吾さんの一人芝居』を見て、もの凄く感動しました。
 その後4回観劇し、杉原千畝さんの人道的行動の素晴らしさを勉強するには、講演を聞くよりも、この「一人芝居」を見てもらった方が何百倍も伝わるものがある…と、ますます意を強くして、この会を企画しました。

 しかし、Facebookに制限を受け、なかなか企画そのものを皆さまにお伝えすることが出来ず、メールでお呼びがけをしても反応が薄く……私の人徳のなさを痛感しました。
 その後、希望日本のイベントに加えていただき、しかし2週間前まではご参加表明が9名というような状況でございました。
 私のためではなく、見ていただけたら「命・愛・瞬間瞬間を全力で生きることの大切さ……」そんなことを絶対に感じていただける……そう思い直し、多くの皆様へお願いをさせていただきました。

 絶対に見ていただけたらわかっていただける……そこから過去に投稿させていただいた奇跡的なつながりが次々と起こりました。
 水澤さんにもわざわざ希望日本の会場にも足を運んでいただき、シリーズNIPPON こんなすごい日本人がいた!第一弾「二宮尊徳」の会場で、一人芝居のダイジェスト版をご披露いただき、そのご縁からリトアニア大使館でも開催させていただいたのも既報の通りです。

 とにかく多くの皆様のご協力、ご支援があって、「大成功!」と呼んでいい、素晴らしい会となったと存じます。
 細かい打ち合わせ不足による失敗……平にご容赦を願います。反省を次に生かします。

 まずは御礼と感謝をお伝えしたいと存じます。ありがとうございました!