2yoyos in 1hand

テーマ:
そろはむ。という技です。みなさん、そろはむって技知ってますか?ヨーヨーのオフストリングプレイの最高峰に位置付けられるトリックで、一人で2個のヨーヨーを片手であやつります。簡単に言うと、一人で2個のヨーヨーを一つの手から投げ出して、ディアボロ(中国ごま)のウインドミルをすることです。開発者はこのページの作者でもある、長谷川貴彦です。
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もともとは99年の富士ヨーヨーフェスティバルの夜中、みんなではなしているときにその日にみいくんが発表していたヨーヨーのウインドミル(=ハムスター)を一人でできないかという話からこのトリックの開発がはじまりました。当時は、人からヨーヨーを投げ入れてもらってウインドミルをしていて、回すのをキープするだけでも精一杯だったので、一人でそんな技ができるとはその時点では開発者の僕ですら半信半疑でした。
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨーヨーをしていてつらくて、でもたのしいところは、ヨーヨーの技がどんなに不可能で難しく思えていても、イメージができて、理論上可能な事がわかってしまったり、まぐれで一回技がきまると(デビルウイングを思いついたときもそうでした)ああ、練習すればできるんだなと思う事、そして、練習すればできる技を練習しないなんてことはできないんです。おそらくやれば世界ではじめてなんだろうなという満足感をもとめて孤独な作業の開始です。この作業、実はおそろしくつまらなく長い作業です。達成したときの満足感をもとめて達成できるかわからない作業を毎日繰り返します。しかも最初の1,2週間は形にすらならないので失敗してはやり直しの繰り返しです。しかもそろはむの場合はバイパーを2個ともストリングをまきなおすという面倒くささに追い討ちをかける作業。オンストリングみたくワインダー一発で巻き上げられると本当に楽なんだけどな。この面倒くささを避けようとする集中力がもしかしたら技の完成と上達に反映したのかもしれません。技の完成に毎日そろはむだけで2時間くらい費やして、3週間、磨くのに1月くらい要しました。
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 開発から時間もたちいまではみんなができるトリックになりました。そんな技の集大成となるビデオを2004年に作成しました。それがこのビデオです。
AD