書きます。

テーマ:

OUT・アウトポイントが一挙に急上昇

 

誰が見ているの?

 

解ってますよ。

 

関心がおありのようですね。

 

まだ書きますよ。

 

あまり批判めいた記事は書かないように注意しますがね。

AD

テーマ:

続、、、、

 

教団で雑用をしながら時を過ごしていた鄭氏は 間もなく故郷に戻って路傍伝道をしながら

全国を周ったりしたこともあり、故郷近隣にある大邱山観光ガイドをしながら、観光客に福音を伝えることもしたと言う。鄭氏はこの時期にナ・ウンモン長老の龍門山祈祷院と三角山祈祷院などに通い南韓山城で70日の祈祷を通じて霊界を悟ったと主張している。

鄭氏は統一教と切っても切れない関係がある。鄭氏が統一教と関わるようになったのは1975年からであり、後に鄭氏はイエスが統一教を偵察しなさいと命じたと自身が統一教に入ることになった理由を説明した。さらにその時まで文鮮明を見たこともなく、誰なのかも知らなかった。教会に行ったら文鮮明の写真があったので誰なのか聞いた。

文鮮明に対し鄭明析は1979年に文教祖が国内に戻って重職者達との修練会に誰かの紹介で参加することによって初めて文鮮明の説教を聞いた信徒たちに話していた。

鄭氏が路傍伝道に熱心に続けたとき、偶然にある洋品店に入った。そこに河モスクと言う女性がいて河氏とそのお姉さんが私たちの教会に立派な先生がいると言うことで、姉妹に誘われて統一教に行き始める・・・・・・・

AD

先生の経歴と思想

テーマ:

知的で元気にあふれているJMSの若い信者たちに比べ、総裁と呼ばれる鄭明析氏の不体裁な姿と無骨な口調は一般人の目には到底不釣り合いに見える。さらにTV画面に映っていたように

鄭氏の不体裁な姿と無骨な口調は、一般人の目には到底不釣り合いにみえる。さらにTV画面に映っていたように鄭氏の動作や一言一言に耳を傾けて歓呼する若者たちの姿は集団無意識状態に陥った狂信者たちのそれとそっくりだ。生地の山の中腹を削って自分の王国をつくる鄭氏の無謀さと娘のように幼い女子たちとのセックススキャンダルに至っては唖然とするしかない。このように無謀ともいえる行動と非難されているセックススキャンダルに至るきっかけとなった動機を明らかにするためには、彼の信仰履歴から理解する必要がある。

鄭氏は1945年、今のJMS本部のある忠南郡 珍山面 月明洞で父〈97年死亡〉6男1女の中で3男として生まれた。ぎりぎりの生計をたてていた鄭氏の父母は鄭氏の上の二人の兄は高校まで行かせたが、鄭氏は小学校を卒業するのみで、正規教育終えた兄の鄭インソク牧師は明らかにしている。

鄭氏の家族が信仰を持った同期に関しては、JMS傘下団体の世界青年大学MS連盟で95年発行した「先生の生涯と思想」に詳細に記録されている。鄭氏は6歳の時に神様を求め、小学校4年生の時 葬式の家で死体を洗って埋葬するのを見て人生の虚無を悟り、13歳の時近所で春香遊びを主導して踊りながら末世が来た。あなたは神を信じろと言ってその時から町の人々と共に統合側教会に通い始めたと言う。本には当時踊った若者は誰なのか出ていないが、この若者がまさに自分だと鄭インソク牧師は明らかにしたことがあった。

小学校を卒業した鄭氏は上級学校に進学できない悔しさから信仰生活に注いでいる。

鄭氏は22歳になった1966年軍隊に入り、ベトナムに2度参戦した後、1969年に転役した。その後少しの間故郷で過ごし、ソウルに上京した。からは当時聖潔教団の総務であった鄭インソク牧師に就職を頼みに行き、聖潔教会に通い始めた。JMSの四大教理と空中引き上げ論」はこの時期にある程度影響を受けたものと思われる。

("^ω^)・・・・続く

AD

国際クリスチャン連合

テーマ:

次は東京

リオのオリンピックも終わりました。次は4年後東京ですね。

 

今日もJMSについて書きます。

JMSと統一教「1999・8・10

国際クリスチャン連合〈以下・JMS] 総裁 鄭明析のセックススキャンダルに関する論議は

すでに84年から少しずつ提起されてきていたが その都度被害者当事者の身辺の安全とプライバシー保護などを理由にその実態が正しく明るみに出ることなく、火種のまま埋められてきた。JMSの周辺と幾つかの異端が研究者の間だけで飛び交っていた。鄭氏関連のスキャンダルが広く知られるようになったのは15年たった今年3月20日・SBS-TV時事ドキュメンタリー番組〈そこが知りたい〉を通して、ある被 害者の証言が報道されてからだ。

女性として致命的な不名誉を甘受しながら、鄭氏との性関係を暴露した被害者の被害者の話は鄭氏のセックススキャンダルに関する疑惑を事実であると受け入れさせるに十分である。

すると、JMSはソドムのような乱雑なセックス教団なのか?そうではないようだ。鄭氏自身は女子信徒を蹂躙し、性的快楽に沈溺する一方で信者たちには徹底して禁欲的な生活を強調した。若い男女の間の自然な交際も禁じた。これを破った場合一般信者は7日、指導者は21日の断食祈祷または本部が位置している月明洞の労働作業を与えた。

このような二律背反的な鄭氏の行動と、統一教に近いという異端性にもかかわらず、いわゆる名門大学生をはじめとする数多くの若者たちが小学校卒業がすべてである鄭氏になぜこれほど投入する理由はなぜだろうか。JMS草創期から最近まで鄭氏の信頼を受けながら活動してきた側近の信者たちの証言を通じてJMSの胎動からJMSの内で行われたすべてのことを調べてみると人の霊と肉を食い荒らす悪魔の邪計を実感できる。

・・・・・・・続く・・・・

 

 

 

堕落した先生

テーマ:

世界中が見たコルコバードのキリスト像

ブラジルの80㌫はクリスチャンである。

 

JMSとキリスト教 1999・08・10

 

自称メシア鄭明析の神格化 セックススキャンダルで汚されたJMS、汚辱の20年

 

教祖のセックススキャンダルと邪教的な教団運営、忠南錦南邑 月明洞の姓か周辺の聖域化された感がある。そこで鄭明析氏の信仰背景からJMSの形成過程、統一教との関係、なぜ若者がJMSにはまっているのかなどの核心部分を証言を

通して調査することにより、正しい判断を助けようとするものである。

ちなみに長い間本誌は、JMS内部の改革勢力が 今こそ教団を導ていきますと言いながら

青年大学生の信者たちの将来のためにも一定期間見守ってくださいと言う要請に応じてきたし、JMSを注視していたし、巷にとびかう金品授与〈賄賂〉説は根拠のない攻撃であると言う確認書を謝罪文をJMS側の流付者から受け取ったことを記しておく

統一教会の後発走者

テーマ:

リオのキリスト像

 

統一教会の後発走者

金ヒョンマン氏は当時をこう回想する。

81年には、統一教会で学生たちを募集して日本に行ったことがあった。その時は海外に行くと言うことは大きな特権だった。このときあった人が、ハンビツ宣教会のJANG SOOJIN

「現代宗教」97年10・11月号報道だ。

日本に行って来てから我々はものすごく張り切った。

前者があのくらいなら後者である我々はものすごく大きくなるだろうと考えた。当時には

私たちが統一教会の分派という認識があった。いやむしろ統一教がメシアと固く信じていた。

世のなかであのように異端の取り扱いをするのを先生〈鄭明析〉が私たちに話すのを見ると

本物だと信じた。私も統一教の後者だと信じた。

信徒らに統一教理をほとんどすべて伝えた鄭氏は自ら統一教に対する未練が強く残っていたのか、「私が統一教に行くことか

 

彼らに統一教理をほとんどすべてを伝えた鄭氏は自ら統一教に対する未練が強く残っていたのが

 

 

 

教祖の兄の謝罪文 続

テーマ:

続き

 

さる1999・6・20 日曜にこの団体の改革を主導する位置で説教をしたことと、9月の福音宣教会〈現・JMS〉の創立総会に関心を持って参加することになったのは、弟が行ったことに対して

牧師である兄としての道理だと考えてその団体に所属している人々を元に戻そうとしたのである。しかし今はこれに関してもいろいろな誤解の下地を提供して、神様の意志に逆らう結果となってしまったことにに対して謝罪を申し上げます。何よりも私が仕えていた河南中央教会が私によって地域社会から多くの誤解を受けるようになったことが最も心が苦しくて、すでに傷ついた聖徒たちに対して、どのようにしたら補償できるのか苦しんでおります。

永い間弟を考える切ない心情だけで自分ひとりの考えだけで宗教間も周囲も意識しないままで行動してきたことを深く反省して、下のような私の立場を明らかにします。

 

「立場表明」

 

1、私は鄭明析が私の弟なので、彼を救出しょうと、またJMSを私自身が改革をしょうとしたその間、あらゆる手段を試みたことは事実です。しかし未熟な方法により犯してしまった過ちに対して謝罪申し上げます。

2、私のこれらすべての行動が結局は〈教団・正常なキリスト教団〉に大きな不名誉をもたらして、ひいては河南中央教会と聖徒たちに損傷を及ぼしたことについて罪の意識を禁じ得ません。

3、従ってJMSとは既に無関係であり、今後再び相関することはありません。自分の弟であるとしても異端問題に関する限り絶対に関係できません。

4、私の牧会に残された期間を、神様と教会と宗教界の前に謙虚に崇めて奉仕して使命を忠実に果たして行くことを堅く確かめ合います。

 

鄭明析が逮捕・服役した後、兄の鄭インソクは自分の保身のために上記のような釈明をしているが、どこまでが本音か?はなはだ怪しいものですね。

 

 

 

鄭インソク謝罪文

テーマ:

教祖の兄の謝罪文 1999年03・04

 

鄭インソク〈教祖の兄〉のJMS決別宣言文

 

聖潔教会新聞抜粋 謝罪文 及びJMSに対する 決別宣言文

〈キリスト教大韓聖潔教会 教団新聞 韓国聖潔新聞 下段広告文罰醉

 

「謝罪文」

 

教団の全ての教役者とすべての聖徒の皆様に謹んで恐縮しつつこの文を差し上げます。

全ての教会と社会から非難を受けている前クリスチャン連合の総裁である鄭明析は本人の弟であり、その当時兄として受けた衝撃は到底お話しすることが出来ません。しかも弟によって多くの人々が被害を被り、信仰の損傷を受けるようになったのを見て、ひとりの牧師であり、しかも兄と言う血筋として良心の呵責に耐えることが出来ませんでした。そうしながら少しでも兄としての責任を取れないかと、狭い所見でその団体の残余追従者の悔悟と改革を試みるために努力をしてみようととして、1999年7月22日から韓国日報に宣言書を掲載して、JMS改革委員会に

始めから関与するようになりました。

しかし、教団〈注・正常な韓国キリスト教会〉に所属している牧師として慎重でない行動をとったことにより、教団と教会が受けるだろう被害を予め考えることが出来なかった点を深く反省し心苦しく思っています。

異端対策

テーマ:
 カルトは進化している。

韓国では、800万人いるキリスト教徒の内、200万人はカルト信者であると言われている。

その内の200程の団体がカルトで、自称メシア・キリストを名乗る者がは40人もいる。

韓国のカルト教団の元となった人物は金百文で、文鮮明や朴泰善も彼の教えを受けている。その他にも多くの

人物が金百文の影響を受けている。

教祖が自称メシアを名乗っている現代の代表的カルトには、以下のようなところがある。

「1」、神様の教会 正式名称 神様の教会世界福音宣教協会 教祖 安商洪〈アンサンホン〉

1918年生まれ 1953年 啓示を受け、1956年〈10年以内にキリストが再臨する」と予言。

1964年に、神様の教会イエス証人会を設立

張吉子〈チャン・ギルチャ〉 1943年生まれ 天の母と呼ぶ。 神は、父と母がいると言う。

1981年に安商洪から選ばれ、霊的夫人となる。

「2」 クウオンパ 「救済派」

  1980年代に起こした「セウオル号」沈没事件で知られている。


この教団は3つに分かれている。

1、コオン・シンチャンとユー・ビョンウオン派

2、李ヨハン派 「正式名称」大韓イエス神霊協会」

3、「朴オス派」 喜びのニュース宣教会

※万民中央教会 李ジェロク牧師」 ホーリネス教会から逸脱

非常に神秘体験を強調する。

その他にも問題の団体は多くある。キリスト教は聖書66巻のみを聖典として、
これに何事も付け足したり取り去ったりしない。
神は、父・子・聖霊の三位一体である。
異端に惑わされないようにしよう。