1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011年08月14日(日)

【高知:家族旅行】

テーマ:【家族の絆、家族力の回復】

本日も、こころのエステ&フィットネスに立ち寄って

下さり、ありがとうございます。


酷暑が続いておりますが、暦の上では立秋を

迎えたようです。

残暑お見舞い申し上げます。


さて、わたくしたち家族は、先週、家内のふるさと

高知方面へ里帰りしてまいりました。

その折の、旅行記を少々。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-龍馬

今回の帰省では、高知清流の名所

四万十川まで足をのばしキャンプをしました。



【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-四万十キャンプ場1

時期的に混雑しているかなと予測していましたが

意外にもキャンプ場は、ガランガラン状態で

ゆったりとテントを設営できました。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-しまんとキャンプ場2

四万十の楽しさは、なんといっても

川遊び・・・


小2の娘は、最初はおっかなびっくりしながらも、

思い切って、川へジャ~ンプ!!



【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-四万十1


一度、飛び込んだら、あとは、平気になり、

その楽しさのあまり、

連続ジャンプを楽しみました。


深さは、あまりなかったのですが、

流れは急でしたので、流されないように

サポートするのは、結構大変でした(;汗)。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-川の中


娘は、川遊びに大満足

親は少々、気疲れ気味・・・

でも、楽しい四万十キャンプでした。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-四万十



キャンプのあとは、また高知市内に戻りました。

時は、ちょうど、「よさこい祭り」開催の時期。


家内の大学時代の友人が、

よさこいを踊るということで、応援に。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-よさこい


炎天下の中、演舞場が9か所ほどあり、

3日間、会場を巡回しながら、昼から夜まで

踊り続けなければならない出場者のみなさん、

大変だったと思います。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-よさこい2

南国高知の暑い、熱い夏を満喫し

広島に戻ってきました。


まだまだ、暑さが続きますが、

みなさまのご健康も守られますようにと

お祈りしています。


**************************

本日も、お読みくださってありがとうございました。

下記ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】アイコン

の応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


【>>このブログのトップに戻る】









AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年04月08日(木)

【離れてわかる親の恩】

テーマ:【家族の絆、家族力の回復】

昨日、学校では入学式が行われました。

フレッシュな新入生が、不安や緊張の中でも

一生懸命、胸をはって、学校生活を

始めています。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-学院5


さて、わたくしどもの学校は全寮制の学校なので

新入生は、親元をはなれて寮生活をします。


さまざまな親子のお別れの場面を

そばで見ながら、感慨深いものがありました。


親子で涙しているご家庭

子は泣いて、親が慰め励ましているご家庭

反対に、

親が泣いて、子が慰めているご家庭

さまざまでした。


*************************

さて、ここ数回、親子関係に関連して

記事を書いていますが、


ある保護者の方のお話をうかがう機会があったのですが

『離れてみて、はじめてお互いの大切さを思う』という

ことをおっしゃっておられ、とても考えさせられました。


【離れてみてわかる親の恩、子の存在の大切さ】


なかなか、当たり前のなかで、一緒にいると

そのありがたさ、尊さというものが

薄れてしまうことはあるようです。


しかし、ある一つの【別れ】を通して

互いの存在の大切さを知る・・・


今ご紹介しています、

聖書『放蕩息子』の物語 の記事で

無謀にも出て行く息子を、

あえて引き止めなかった父の言動・・・


ひょっとしたら、一旦、離れてみて

大切なことを考える機会を

与えたのでは・・・とも思えます。


離さないでいては、失敗を経験しないでは

気づくことができない、大切な関係が

あるように思います。


痛みや、悲しさは伴いますが、

あとになって、その痛み、悲しみが

かえって、その関係の深まりを導く

ということもあるようです。


痛みを体験させる、失敗をさせてみる

リスクや手間、責任は伴いますが、


「かわいい子には旅をさせろ」的対応

が必要な時代なのかもしれません。


***********************************
本日も、お読みくださってありがとうございました。

下記ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】アイコン

の応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


***********************************

【このブログのトップに戻る>>】


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年08月14日(木)

【天草から牛深、海水浴ミニ家族旅行】

テーマ:【家族の絆、家族力の回復】

8月12日~13日、家族で海水浴、

一泊のミニ旅行に出かけて来ました。


九州に来て、ずっと行ってみたいと

思いながら、なかなかいけなかった

熊本、天草~牛深の旅でした。


まずは、天草西海岸、

白鶴浜海水浴場を

目指しました。


ここは、日本の海水浴場100選に選ばれるほど

きれいな海水浴場です。



浜辺1  

浜辺2

久留米から3時間程度で行けるかと

思っていたのですが


思ったより時間がかかってしまい

到着が予定より遅れてしまって

泳ぐ時間が短くなったかなと

思いましたけど、



日差しも弱くなっていく時間帯で

宿泊する人以外は、帰り始めていたりで

人も少なくなり始めていたので

のんびり、ひろびろと・・・過ごせました。



天草2


約1.3kmの天然の白砂が広がるビーチでした。

 

天草4   


この海岸は遠浅になっていて、

小さな娘でも安全にすごせ、


また、十年ぶりでしょうか・・・

海底の見える透明な海に来ることが

できたのは・・・。



天草3

また、魚も泳いでいるのが見えたりして、

うれしくなって日の暮れるまで海で遊びました。



ここからのサンセットがとても美しく

時間のたつのも忘れて見入っていました。


天草5


その日は、この海岸にある簡易宿泊所に

1泊し、(1部屋使用料、家族4人利用でナント5400円!! 

素泊まり、布団と冷房だけの設備ですが、キャンプ気分で・・

十分でした。)


天草7


次の日は、天草最南端 牛深 砂月海水浴場を

目指しました。



浜辺3

牛深の海もとってもきれいだと聞いていたので

どうしても、行きたかったのです。

牛深では海の幸をおいしくいただきました。





天草は、ご存じのように

キリシタンの地です。


途中、いろいろなキリシタン関連の史跡があり

興味深いところでした。


天草1


来年、また、いろいろそのあたりの遺跡めぐりも

コースに入れながら、天草海水浴の旅をしようと

計画しようと思いを巡らしながら、帰路につきました。


ぜひ、九州に遊びにいらっしゃってください。


天草の美しい海にご案内しますよ。


*********************************


■本日も、立ち寄ってくださり、記事をお読みくださり、

ありがとうございます。今日も暑い日となっておりますが

みなさまの今日一日がよい日となりますように。


ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】参加登録しています。

下記アイコンの応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ


(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


***********************************




















AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2008年06月18日(水)

【ほたる】

テーマ:【家族の絆、家族力の回復】

今日は、夕方から 車で40分程度かかるのですが

八女(やめ)の立花町まで

家族でほたるを観にいってきました。

http://www.jalan.net/jalan/doc/theme/hotaru/40.html

本当は、6月の上旬までが一番きれいだとのことで 


まだ観ることができるかなと

少々心配していましたが・・・


いました、いました、

数は決して多くはなかったですが


見学スポットに着くと・・・


遠くに、近くに、幻想的な光をはなちながら、


ふわぁん、ふわぁんと・・・。


近くでは、清流のせせらぎの音がしていて


癒しの空間でした。


みなさまのお近くにも、

ホタル名所があるようでしたら

ぜひ、お出かけになってみては

いかがでしょう。


******************************


ほたるの寿命は、約7日間だそうです。


そのあたりを思うと少々、感傷的な気分にも

なるのですが・・


人工の灯りではけっして表現できない・・・


とっても、とっても小さいですが、

美しい命の光でした。


決して閃くような光ではありませんでした。

決して強い光でもありませんでした。


ほたるは、小さな小さな虫です。


でも、どんなに、小さくても

また、どんなに弱々しくても


【いのち】あるものの光は

暗闇の中にあっても

やすらぎを与えてくれますね。


***********************************


本日も、立ち寄ってくださり、記事をお読みくださり、

ありがとうございます。

みなさまの今日一日がよい日となりますように。


ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】参加登録しています。

下記アイコンの応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ


(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


***********************************




いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2008年05月22日(木)

【豆マメ家族】

テーマ:【家族の絆、家族力の回復】

叔母がソラマメをたくさん送ってきてくれて


ちょっと、いたずらごころで・・・、

家族の顔を中2の娘(美術部)が

書きました。



豆マメ


ブロ友のyukoさんの日記

悲しみの中にあっても、希望、感動のお話が

紹介されていましたので、引用させてもらいます・・・。

【yahooニュースより引用】


**********************************


「お母さんのことを忘れないで」


身をていして赤ちゃんを守り、冷たくなった母親の手にあった携帯電話には

最後の力を振り絞った1行の遺書が残されていたと

20日の国営新華社通信が報じた。


この母親は最大被災地の一つ、四川省綿陽市北川(ほくせん)県で、

地震発生翌日の13日、四つんばいになった格好で遺体で発見された。


遺体は倒壊した建物に圧迫されており、救援隊は立ち去りかけたが、

何となく気になり、ふと遺体の下のすき間に手を差し入れたところ、

温かいものに手がふれた。
 

「赤ちゃんが生きている!」。救援隊員が叫び、救出作業が再開。


生後3~4カ月とみられる無傷の男の赤ちゃんが毛布にくるまれて発見された。

救援隊員が母親の体を調べると手に握られた携帯電話の画面に、

1行のショートメールが残っていた。


「赤ちゃん、もし生き伸びてくれているのなら、私があなたを愛していたことを

絶対忘れないで…」。


子を思う母親の愛の深さに、救援隊員も思わず涙を落としたという。


【成都(中国四川省)=福島香織】


***********************************


本日も、立ち寄ってくださり、記事をお読みくださり、

ありがとうございます。


下記ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】アイコン

の応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


***********************************



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2008年05月21日(水)

【うるさくしたら、捨てるよ】

テーマ:【家族の絆、家族力の回復】

前回の記事

「うるさくしたら、捨てるよ」

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/entry-10098022616.html

の続きです。


たった、二つの言葉ですが、この言葉の中には、現代、人々の

親子関係を苦しめている要因、構図が端的に込められているように

思いますので、何が問題なのか、今一度みつめ

考えておきたいと思います。


過日の記事で、

「being (存在)」に対する関わり、「doing(行動)」に対する関わり

に関して記事にしていましたが

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/entry-10097368984.html

その考え方を当てはめるならば


「うるさくしたら・・・」 これは、【doing】の世界に関わることです。

「捨てるよ」 これは、【being】の世界に関わることです。


第1の問題点として、【doing】の世界と【being】の世界の混迷

ということで考えてみたいと思います。


*********************************


まず、子どもがバスの中で騒ぐのを

親として注意することは、全く問題では

ありませんし、大切なことです。


(・・・といっても、今回の場合、全くうるさい

ものではなく、無邪気に、こどもは、バスにのった

うれしさを、表現していたにすぎません。

周囲の大人も全く迷惑には感じていなかったのですが・・・)



「バスや電車など公共交通機関の車内では

他人の迷惑にならないように行動する」


社会のマナーやルールとして大切なことです。


問題は、注意の仕方です。


「しずかにしようね。」 この一言をかけることで

すむことではないでしょうか。


「バスに乗れてうれしいね。でも、バスの中だから

もう少し小さな声で話せるかな」


でもいいでしょうね。


ところが、このお母さんは「うるさくしたら・・・・捨てるよ」

と言ったのです。


「捨てるよ」

親子の縁を切るほどの問題でないにもかかわらず

重いことばを使っている・・・


また、「捨てるよ」という言葉がどれだけの

影響力をもっているか知らないで、軽率に

使っているように思えたのですが・・・。


「doing」の範囲は、「doing」の範囲での

注意、指導、完結・・が大切です。


ところが、このお母さんは 「doing」の範囲超えて

「being」の領域に及んでいる・・・。


「静かにしようね・・」

「静かにしようね、小さな声でしゃべろうね」


と、注意することは、doingの範囲でOKです、

doingのことだから、doingで注意する・・・。


******************************


第2に、もう少し、そのことを深めてみたいと思います。


「捨てるよ・・・」これは、立派な【脅し】です。


脅しとは、相手の【存在】(being)の世界を

おびやかすことです。


【脅す】ことでしか、相手を動かせない・・・・

脅していうことを聴かせるしかない、


このお母さんの包容力の欠如、

お子さんとの関係の薄さを

思いました。


脅しでは、決して子どもは教育できるものでは

ありません。


******************************


さて、「脅す」ということですが・・・


それは、【失われている権威】の象徴

と、わたしは考えています。


この親子の関係模様に見たのは 

【失われている親の権威】でした。


【権威主義】には問題を感じますし、そうなってはいけませんが、

正統な適切な【権威】というものは大切だと考えています。


(※わたしの使う【権威主義】とは、本来の適切な【権威】が

行使できていないために、「脅し」によって、相手を強制的に

ねじふせようとするような姿勢、また相手がそれによって

隷属させられているような思いになること・・・をいい、


一方、正統で適切な【権威】というと・・・双方に、

そこには確かな【信頼関係】が存在していて

自己中心的ではなく指導、提言、指示等がされて

相手は、それに納得し、自発的に従順に行動できていること

と考えています。)



【権威】というとなにか、政治家とか、会社の社長さん

というような存在をイメージされるかもしれませんが、


親としての権威・・・


子どもの教育にきちんと責任や義務をはたす者

それだけ責任のある人・・・


という範囲です。


親としての子どもに対する、しつけ教育、保護責任

があるものとしての【権限】【権利】をもち【義務】を

果たすものとしての【権威】です。


もう少し、簡単に言うと


「親としてどのようにふるまっていいかわからない」

「責任をどう果たしていいかわからない」


といった親御さんが増えている・・

ということが申し上げたいのです。


その結果、放任か無責任状態・・・

はたまた、権威主義によってこどもの首を

ねじふせるかのように・・・


最近、よく耳にすることですが、

いわゆる、教育を学校の先生に任せっぱなし状態の親御さんとか

モンスターペアレント(保護者)・・・といわれるような

無理難題やクレームを投げつける親御さんの問題・・・


その根底には、「親の権威の喪失」

親が親としての役目を果たせていない・・・

責任をとっていない・・・とれない。

どう責任をとっていいかわからない・・・

その結果としての無責任・・・


という親御さん方の戸惑いを思います。


***********************************


【権威の喪失】の背景には、

【信頼関係の喪失】があります。


また、わたしは、

【信頼関係の喪失】とは

【大切にしている、大切にされているという感覚の欠如】

だと考えています。。


信頼関係に結ばれて

親は子どものことを考えて、こどもをしつけるという義務を果たし

子どもは親のいうことを聞きながら自分を律していくことが大切

ではないでしょうか。


正統な権威が円滑に、行使できているところでは、

信頼関係が成立しているところでは、

指示は、【言葉】だけですみます。


しかし、【権威主義】とは権力の乱用であって、

【暴力による支配】を意味します


「うるさくしたら捨てるよ」


こういったおかあさんは、実際には、

手を出すという暴力を使ってはいませんが


「捨てるよ」 これは、【言葉の暴力】です。


わたしは、言葉の暴力とは、

【存在being】の世界に対する侵犯と考えています。



親が子のことを信頼し、子も親のことを信頼する


このシンプルな相互関係が回復することを願い


聖書の伝える救い主、イエス=キリストの教え

について引き続き、お伝えしたいと思います。


**********************************


本日も、立ち寄ってくださり、記事をお読みくださり、

ありがとうございます。


下記ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】アイコン

の応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


***********************************


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2008年04月02日(水)

【中年?】

テーマ:【家族の絆、家族力の回復】

本日もお立ちよりくださってありがとうございます。


新年度・・・各地で 入社式が行われたとの

テレビニュースが流れています。


街中も・・・グレーの新しいスーツ姿の新社会人の

グループが目立つような気がします。


満開の桜

桜も見ごろ・・・


ただ、九州は、花冷えで・・・ここ数日、個人的な体感温度

としては・・・2月末ごろに戻ったような・・・気がしています。(苦笑)


みなさま、天候不順の折、くれぐれもご自愛くださいね。

みなさまの新年度が祝福され、守られますように。


****************************


さて、ここ一週間、家内のふるさと、高知から

義父が孫たちの様子を見に・・・滞在中です。



孫たちに囲まれて、しあわせそうな義父ですが・・・。



義父 「良香(三女)は 何歳になったかねぇ・・・」


家内 「今年5歳になるよ・・」


義父 「今度は幼稚園 2年目かねぇ?・・・」


家内 「そうやね・・」



義父 「それじゃ 今年からは中年やね・・」



家内 「はっ???中年?」(@_@;)



家族一同 「お義父さん・・・それは、年中・・!!」笑


おじいちゃんに中年呼ばわりされてしまった当の本人、

5歳の良香は・・・なんでみんなが笑っているのかは

さっぱりわからない様子ですが・・・。


みんなが笑っているのにつられて

ケタケタ笑っていました。



中年も、かなり本格的になるのは、ほかでもなく

わたくし自身でございます。(^^ゞ

この4月で41歳・・・(良い年・・・です!!)


************************************


本日も、お読みくださってありがとうございました。

下記ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】アイコン

の応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ



(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


************************************



いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2007年06月17日(日)

【ちょっといい言葉】

テーマ:【家族の絆、家族力の回復】

本日もお立ち寄りくださり、ありがとうございます。


一週間いかがお過ごしだったでしょうか。


わたしは、7月半ばに、少々大きな企画行事を

控えていて、いろいろとあわただしく

落ち着かない、一週間でした。


*************************


さて、今、こちらでは、バベルの塔の物語に

向けて、お話をすすめているのですが、


それは、人の、暗闇の部分に触れることになり、

少々、重たいテーマになるかと思っています。


暗闇の部分、本当は伏せておきたい部分、

触らないでおけたら・・・というところなのですが、


そこにこそ、創造主の救いが現れるところでもあり、

しっかりと見つめていけたらと・・・思います。


ただ、重たいテーマが続くと、読んでくださる方の

気持ちもなんだか、重たくなるのも事実だろうと思い


気持ちが明るくなる、いい言葉も、

アクセントで、織りまぜながら、

厳しいテーマを見つめていけたらと思います。


そんな意味で・・・


大阪でお世話になった信徒さんが

運営されているブログで、

とってもいい言葉が紹介されていたので

少しご紹介したいと思います。


******************************



『お金があれば家は建つが

家を家庭にするには愛がいる』


Money can build a house,

but only love can make it a home.



『人生の道で

ただの曲がり角を 行き止まりと

勘違いしてはならない』


Never confuse a mere bend in the road with

the end of the line.


******************************


ここまで記事をお読み下さりありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

↑↑応援クリックもお願いできましたらうれしいです。<(_ _)>


<コメントをくださる皆様>
いつもありがとうございます。スパム防止のために
承認制をとっております。すぐに反映されない場合が

あります。申し訳ございませんが、ご了承のほど、

よろしくお願いいたします。


【>>前の記事を読む】


(※尚、下記ADスペースの広告と当ブログとは関係ありません。)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007年05月04日(金)

【九州に来て初の水族館】

テーマ:【家族の絆、家族力の回復】

本日もお立ち寄りくださり、ありがとうございます。


5月3日、ゴールデンウィーク、我が家は

九州に来て、初めての水族館へ

行ってきました。



・・・途中、GW渋滞に巻き込まれたものの

無事、福岡海の中道水族館に到着。。。


水族館1

快晴のピクニック日和でした。

外でお弁当を食べて、さっそく見学に。。。



水族館2


水族館3


巨大水槽に泳ぐ、大好きなサメやエイ。。。


水族館5


愛嬌のある顔をした海がめ。。。



水族館9

アシカとイルカのショータイム。。。



水族館4


水族館6


水族館7


美しい魚の群れ、そして、これまた、愛嬌たっぷりの

ゴマアザラシと鼻と鼻がつきあわされるぐらいの

距離で・・・かわいかった♪ですね~。


水族館8


朝、家を出て12時間・・・通常のレジャーなら

・・・帰り道・・・疲れ果てて頭痛が出るのが常

なんですが・・・


今回は、癒し効果抜群の海の生き物に

身近なところで触れたからでしょう・・・


全然、疲れないで家に戻ってきました。


************************


聖書は自然界を神様の被造物(作品)

神様を創造主(創作者)と表現しています。


作品は作者を物語っているものです・・・。


海の生物、動植物は

神様の創造の御業のすばらしさ、

を物語っているなと思います。



上の、ゴマちゃんなどを眺めていると

・・・神様はなんとユーモアに満ちた

お方だろうって思います。



本当は、人工的な施設じゃなくて

自然の中で触れ合えたらいいのでしょうけれど・・・


・・・ひさびさに海に潜りたくなっちゃいました。

一応、ダイバーズライセンスはもってるんですよ。




ダイバーズライセンス



・・でも、サメだけはちょっと・・・(^_^;) 笑

水槽の外からがいいです。


************************

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

(↑↑よろしければ、応援クリックお願いいたします。)


<コメントをくださる皆様>
いつもありがとうございます。スパム防止のために
承認制をとっております。すぐに反映されない場合が

あります。申し訳ございませんが、ご了承のほど、

よろしくお願いいたします。

(※尚、下記ADスペースの広告と当ブログとは関係ありません。)


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年04月28日(土)

【父性と母性】

テーマ:【家族の絆、家族力の回復】

本日も、お立ち寄りくださり

ありがとうございます。


ゴールデンウィークが始まりましたね。

みなさまは、どのようにお過ごしに

なりますか。


おやすみをゆっくりお取りになれるかた、

休みなしで働かれるかた、

さまざまだと思いますが


ここを訪れてくださる、お一人お一人に

神様の祝福とお守りがありますように。


************************


さて、ここしばらく聖書の放蕩息子のたとえ

から、神様の愛や赦しについて、また

人間の関係模様をずっとみてきましたけれど・・・


父親と息子の物語・・・というのは、日本人には

あまり伝わらないのかなって感じています。

(コメントの少なさから!?・・・苦笑 (~_~;)>



アメリカ映画には、

父と息子の親子愛をモチーフにした映画は

けっこうありますね。



父と子の物語


息子にとって父は、英雄なんですね。

また、女の子にとっては、

理想の男性像となるのでしょうか・・・



その点・・・日本のお父さん像・・・

なかなか見えてきません・・・



がんばっておられるお父さんばかりなのですが・・・

家庭においては・・・疲れて寝ている姿しか

目に入らず・・!?



日本の家庭に父親の存在が希薄だから・・・

とまでいうと極端かもしれませんけれど・・・(^_^;)



放蕩息子、父親とその二人の息子の物語は

神様の愛情深さを象徴した物語です。


でも、日本人には、聖書の神様はどれだけ愛情深く

無償の愛を与えてくださる方か・・・ということは、


『東京タワー』の”おかん”のような存在・・・

といった方がピンとくる!?・・・かもしれませんね。



**********************



日本人のこころの原理は

母性原理(甘えの原理)といわれていたり

します。


それに対して西欧諸国は・・・

父性原理といわれたりします。


どちらかというと

正義とか公正が重要視される・・・


ひょっとしたら、日本人に聖書の神様が

なじみにくいというのは、このあたりの

ことが少し関係しているかもしれません。


父性の象徴は、正義・・・責任、義務の遂行

母性の象徴は 寛容・・・やさしさ、赦し


でしょうか・・・。


父性と母性・・・これは、どちらがいいとか

よくないとか・・・比較、優劣ではなくて

両方、必要です。


***************************


母性的なところ、寛容や赦しが欠如して、

【正義】だけが振りかざされてしまうと、

それは、冷酷なだけ、人情・ぬくもりに欠ける、

ということになります。


これは、放蕩息子のお話では

【兄】が象徴している人物像ではないでしょうか。

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/entry-10031119422.html


一方、父性が欠如しますと・・・

正義が全うされない・・無責任体質の蔓延


母性・・・寛容は度が過ぎるとルーズ、あいまい、不透明


不正が温存されるというということにもなる・・・


難しいですね。。。。




先日、すこし【自由】ということに触れたことが

ありましたが、


聖書でいうところの【自由】の保障や主張というのは

自己責任が負える範囲、義務の遂行と共に

あるのですが・・・・


そうでないところの【自由】は【自分勝手】で

しかありません。


【自由】の履き違い・・・・

父性の欠如から起こってしまいます。


これは、放蕩息子のお話では、【弟】が象徴している

ことといえます。

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/entry-10029938307.html



いろいろな方に聖書のお話をする立場にあるのですが、


聖書の教えは、とても、【責任】を全うする大切さや

【義務】を遂行することの重要さを説きますので


そのあたり、多くの人々に、受け入れてもらいにくい

ところなのかなぁ・・・?


と個人的に、思ってしまうことがあります。(~_~;)


どれほど厳しく、責任や義務が追及されるかは

イエス=キリストが十字架の死を遂げられないと

いけないほどの厳しさなのです。


正義や愛は、命がけで守られるべきもの・・・

また命をかけても、遂行するべきもの・・・


であることが、イエス=キリストの十字架

その意味に込められています。


**********************


さて、父性と母性・・・ということですが


そもそも、聖書が伝えようとしている

神様に【性】はないのです。


でも、聖書の中では、
【父なる神様】・・・という呼称で表現されますし、


イエス=キリストというお方は、【男性】でしたから


聖書の神様は【男性】というイメージが

強いかもしれませんね。


また、よく旧約聖書は父性 

新約聖書は母性と表現されることも

ありまして・・・


旧約聖書と新約聖書を両方を

きちんと読んでいただけると・・・


【正義】と【愛】のバランスがきちんと

とれるようになっています。


神は、性を超えて

父性も母性もバランスよく

備えておられる方です。


それは、イエス=キリストの

十字架にも象徴されています。


十字架には、縦軸と横軸がありますが


縦軸は【正義】や【公平・公正】


横軸は【愛】や【寛容・赦し】


の象徴といえます。


放蕩息子のお話は、登場人物としては、

父親のお話でしたが、どちらかというと

母性(寛容・赦し)面の強いお話でした。


**************************

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

(↑↑よろしければ、応援クリックお願いいたします。)


<コメントをくださる皆様>
いつもありがとうございます。スパム防止のために
承認制をとっております。すぐに反映されない場合が

あります。申し訳ございませんが、ご了承のほど、

よろしくお願いいたします。

(※尚、下記ADスペースの広告と当ブログとは関係ありません。)



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。