1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年04月07日(金)

愛は「血」オール・イン・ワン

テーマ:【身近な聖書のことば】

本日もこころのエステ・フィットネスに立ち寄ってくださって有難うございます。

 

「愛は○○」シリーズ。今まで一部ですが、

聖書に「愛」が「塩」「水」「油」にたとえられているところを

ご紹介してきました。

 

今回は「愛」が「血」に表されているところをご紹介します。

専門家ではないので、医学的に詳細を述べる立場ではありませんが、

「血」の成分には「塩分」「水分」「脂分」が適切にオールインワン、

バランスよく含まれているのではないでしょうか。

 

ところで、聖書には、イエス・キリストが十字架上で血を流された、

そこには人間への神様の愛が現れていると記録されています。

(ヨハネ第一の手紙4章)

 

「イエス・キリストの血」についての詳細は別としても、

一般的に「血」が「いのち」を支えていることは

ご理解いただけると思います。

 

それを「愛」と置き換えると「愛」が「いのち」を支えている

と聖書は言うのです。

 

アンパンマンの作者、やなせたかしさん作詞の「手のひらを太陽に」

という歌の歌詞には「真っ赤に流れる僕の血潮」とあります。

 

そして「ぼくらはみんな生きている」と繰り返されます。

こころの冷たい人のことを「血も涙もない人」と表現することもありますね。

 

さて、今は、クリスマスの時期ではありませんが、

クリスマスカラーというものがあるのですが、

どうしてサンタクロースの色が「赤」と「白」なのか。

 

実は「赤」は「血」を、白は「純粋なこころ」を表します。

「血(=愛)」がわたしたちのこころを「純粋にし、清める」

という意味です。

 

体の隅々に「血」が行きめぐっているので、体温が保たれ、身体の組織が

生き生きしています。それと同じように、わたしたちの「こころ」にも神様の「愛」

がくまなく行き巡り、満たされることで「生きる」というのです。

 

クリスマスの時期に限らず、豊かな神様からのプレゼント・愛を、

日々お受け取りください。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月14日(火)

愛は油-2-癒しの香油

テーマ:【身近な聖書のことば】

本日もこころのエステ・フィットネス

に立ち寄ってくださり有難うございます。


「愛は○○」シリーズ。

聖書に「愛」が「油」にたとえられているところの2回目です。

今回は人の身体やこころの「癒し」に用いられていた

「香油」についてお伝えします。

 

現代のアロマセラピーをご存知の方も多いと思います。

わたくしの長女は、今、横浜の病院で作業療法士として働いていますが、

大学の卒業研究は「アロマによる癒し効果」に関連したものでした。

日ごろの働きの中で「アロマオイル」を用いることもあるようです。

 

北海道は「ラベンダー」でも有名ですね。

ラベンダーから精製される「油」も「リラックス効果」

があることが確かめられています。

このアロマセラピーは、4000年前の時代からありました。

 

聖書のいうところの神様は、目には見えませんが

人の五感(「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」)を通して

「愛を感じられるように」してくださっています。

 

聖書の中に、一人の女性が「香油」をイエスキリストに

塗ったという物語があります。

その「香油」はたいへん高価なものでした。

そして、「家は香油の香りでいっぱいになった」

と記録されています。

(新約聖書12章3節)

 

愛は人間関係の「潤滑油」です。

みなさまのご家庭が守られて「愛の香り」で

一杯になりますようにとお祈りしています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月20日(月)

愛=油 【1】希望を灯すあかりの燃料

テーマ:【身近な聖書のことば】

本日もこころのエステ・フィットネスに立ち寄ってくださり有難うございます。


「愛は○○」シリーズ。

今回は聖書で、「愛」が「油」にたとえられているところをご紹介します。

 

みなさまは、「油」という言葉からどのようなものをイメージされるでしょうか。

おいしい料理に必要な植物油、おしゃれなオリーブオイル、

また、車の安全を守るエンジンオイル、ガソリン等、飛行機のジェット燃料・・・

冬には暖かいストーブの灯油、

そのほか、エステに使うアロマオイル等々。

 

さて、聖書にたとえられている「油」とは、第一には「ランプの油」なのです。

今のような蛍光灯、火力発電による電源がなかった頃、

油は、部屋や道を照らす灯火(ともしび)をともすための燃料として

貴重なものでした。

 

真っ暗な部屋や真っ暗な道を歩くのは不安が伴います。

転倒などの危険を避けるために「光」「あかり」が必要です。

聖書では「光」や「あかり」は「希望」を象徴します。

 

そのような「希望」をもちつづけるために、

「愛」を象徴する「油」が必要であることが記されています。

 

「純粋な油をともし火に用いるために・・・」

(旧約聖書出エジプト記27章20節)

 

「あなたの神は喜びの油を」

(新約聖書 ヘブル人への手紙1章9節)

 

豊かに人々に与え、注いでくださる方と聖書には記されています。

愛は、人のこころの「喜び」や「希望」に必要なものという表現です。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月08日(水)

「愛」=「塩」-3- 防腐剤・清め

テーマ:【身近な聖書のことば】

本日もこころのエステ・フィットネスに立ち寄ってくださり、ありがとうございます。

 

愛=塩というお話の3回目です。

聖書に「自分の中に塩を持ち、互いに平和に過ごしなさい」(マルコ福音書9章50節)

とあります。「塩」の効能が「愛」の効能にたとえられていますが、昔、今のような冷蔵庫、

保冷技術、クール宅急便のような輸送手段がない時代、海でとれた魚は、塩漬けにされ

て山間部に届けられました。塩が「防腐剤」となったのです。

心が「腐敗(ふはい)」しないためにバランスのとれた「神様の愛」があるのです。

 

さて、もう一つのお話です。

日本の伝統文化競技「すもう」では、試合の前に「塩」をまきますが、

それは「土俵を清める」意味があります。聖書にも「戦い」のあと

「塩をまいた」という記述があります。

聖書では「清(きよ)め」とは「愛のこころが増すこと」

を意味しています。

 

冒頭の聖句は「自分の中に「愛」を持ち、互いに平和にすごしなさい」と

読み替えることができます。愛は、適切に、バランスよく用いられるならば、

悪いことをしようとするこころの「抑止力」(ブレーキ)になります。

 

こころを清める(=愛情深いこころにする)ために、「神様の愛」が必要です。

「いつも塩で味付けされた優しい言葉をつかってみましょう」

(新約聖書コロサイ4章6節)

これは、「いつも愛情のこもった言葉」をかわしてみましょう、

ということです。

 

前回「塩の教訓」として「愛はバランスが大切」ということを書きました。

現代人は、塩分過多の傾向があり、健康のためには「塩分控えめ」がいいようですが、

人の愛は、少々バランスを崩しているようです。

 

それに対して、神様の愛は非常に「バランス」がとれたものであり、

バランスの崩れた人の愛をよりよい形で、バランスを戻すために、

必要不可欠なものです。

 

ついつい忙しさの中で、優しい言葉をかけられない状況があるかと思いますが、

「優しい」ことばは「憤り」を静めるのです(旧約聖書箴言)

 

「塩で味付けされた言葉」を交わすとき、必ずその人間関係は円滑になります。

神様の愛で満たされている「聖書のことば」が皆様のご家庭をより愛情深いもの

とするためにお役に立てるならうれしいです。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月26日(木)

愛は塩-2-素材の良さを引き出すもの

テーマ:【身近な聖書のことば】

「神様の愛」=「塩」というお話の2回目です。
みなさまの中には、お料理がとても大好きな方、ちょっと苦手とおっしゃる方、様々だと思います。ご家族のために、日々、食事のご用意、メニューを考えたり、調理したり、毎日のことなので、大変ですよね。本当にお疲れ様です。
 

ところで、我が家は共働きなので、家内の帰りが遅くなるような時は、わたくしも料理をいたします。(メニューはそんなに多くないですが) さて、お料理好きの方もそうでない方も、「塩」の役目の一つに、「素材の味を生かす」「良さを引き出す」という役目があることは、経験上知っておられる方も多いと思います。
 

高級料亭(行ったことはありませんが、笑)で、てんぷらを天然塩だけで食したり、おぜんざいの季節、一つまみの塩が、甘さを引き立たせたり、整えたりしますね。「愛」=「塩」という考え方は、そのあたりにも通じます。神様の愛に基づく愛が、その人本来の良さ、味わいを引き出し、深めるというのです。


「あなたがたは地の塩です」(新約聖書マタイ福音書5章13節)という表現が聖書にあります。ここには、お互いの存在が、語りかけ・コミュニケーションが、お互いの良さを引き出すもの、高めあうもの深め合うものとなればということが勧められています。

「愛(=塩)」をバランスよく、適量用いることがご家庭のよりよいコミュニケーションに繋がりますようにと願っております。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月13日(火)

「愛」は「塩」①大切なバランス

テーマ:【身近な聖書のことば】

今回は「愛」=「塩」というお話です。聖書の中心テーマは「神様の愛」なのですが、「愛」といっても少し抽象的で、どのように考えたらいいか戸惑いが多いというのが現実ではないでしょうか。そこで、聖書には、「愛」がいろいろなものに喩えられており、その一つに、「愛」が「塩」と喩えられています。(マタイ福音書5章13節他)

「愛」というとなにか甘い「砂糖」を連想する方もいらっしゃるかもしれませんが、聖書の伝えるところでは「愛」=「塩」なのです。どうして、愛が「塩」に喩えられるのか、その第一として身近な食生活の中で、塩は「欠かすことのできない調味料」であること、それが転じて「愛は欠かすことのできないもの」の象徴となっています。また、「塩」が安く手に入る現代の日本では、なかなかピンと来ないのですが、聖書は2000年前、ユダヤ地方を舞台としたお話です、当時「塩」は、岩塩から精製され、「たいへん貴重で高価」なものだったのです。人が生きる上で、「神様からの愛」が「欠かすことのできない」「非常に貴重で高価」なものであることが教えられています。また、同時に「愛」で大切なことは「バランス」であることもそこに示されています。「愛情」が「塩加減」に喩えられ“多すぎず”、“少なすぎず”が大切だということです。「愛=塩」ということについて、数回の記事に分けてお伝えできればと思っています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年11月17日(火)

【契約の宗教 ④-『契約書』と『契約実行の記録』】

テーマ:【身近な聖書のことば】

みなさま、本日もこころのエステ・フィットネスに


お立ち寄りくださり、ありがとうございます。




ふと思えば、11月も半ばをすぎ


今年もあと 40数日・・・となりましたね。




寒さも増しております、みなさまどうぞ、


ご自愛くださいね。




************************




聖書とはどのような書物なのか・・・


わたくしは、神様が人類に残しておられる、


約束の書、”契約書”なのですよ・・・




とお伝えするようにしています。




聖書にアブラハムという人物についての記録が


記されていますが、創造主なる神がアブラハムに


次のように語られたと記されています。




************************




神は、また彼に言われた。


わたしはあなたと契約を結ぶ。


あなたは多くの国民の父となるであろう。(略)


わたしはあなた及び、のちの代々の子孫と


契約を立てて、永遠の契約とし


あなたと後の子孫との神となるであろう。」




(旧約聖書 創世記 17章4-7節)




************************




聖書の神は、人と契約を結ばれる神なのです。




そして、神はその契約をどのように遂行されたか、


その記録(事例研究の記録)が


聖書の記述なのです。




契約がどのように遂行されたかは


きちんと【記録】されなければならないのです。




聖書は、契約書と同時にその契約が遂行された


ことの【記録書(歴史書)】なのです。




*************************




どうして【記録】が必要なのか・・・


それは、【監査】があるからです。




【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-監査




【監査】とは何か・・・




神様は、本当に、契約を守られる方なのか・・・


約束を守られる方なのか・・・


救い主として信じてもいい方なのか


信じても大丈夫な神なのか・・・




【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-聖書研究1




***********************




確かに、神は、アブラハムに約束された


契約を守られた・・・




契約どおりに、約束どおりに


アブラハムを守られ祝福された・・・と




このあとに続く聖書の記述に


【記録】が記録されています。




神様は確かに約束を守られる方である




ということが全世界に開示されなければ


ならないのです。




【監査人】は、


聖書を読む読者のみなさまです。




ぜひ、【契約書】であり、かつ


【契約が実行された記録】の書


として、聖書をお読みになっていただきたいと


願っています。




【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-聖書研究2




【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-聖研2




【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-聖研1




【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-聖研3



*************************




本日もお読みくださって、有難うございます。


今日もみなさまの一日が良い日でありますように。


神様のお守りが豊かにありますように。




よろしければ下記アイコン


応援クリックお願いいたします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ




【>>このブログのトップに戻る】
 




(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、


サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが


弊ブログとの関係はありません) 























































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年11月16日(月)

【契約の宗教③「アーメン」=同意する】

テーマ:【身近な聖書のことば】

本日も、心のエステ・フィットネスに立ち寄って


くださり、有難うございます。




今朝は冷え込みました。こちらでは、晩秋を思わせる風が


吹いて、思わず長そでを出さなくては・・・と思った次第です。


みなさま、どうぞ、季節の変わり目、ご自愛くださいね。




****************************




さて、ずいぶん、不定期になってしまいましたが


【契約の宗教】③


今日は、「アーメン」という言葉について


お伝えいたします。




教会といえば、「アーメン」。


この言葉は多くの方々に、


定着しているかと思います。




しかし、アーメン、ソーメン、冷そうめん・・・と


いわれるのが関の山ではございますが・・・(苦笑)




****************************




【アーメン】これは、通常、お祈りをした者が


また、お祈りを聴いた者が、その終わりに


唱える言葉で




お祈りをした側とすれば、


「今お祈りしたことは 真心からのお祈りです」


「嘘、偽りはありません」


ということであり、




また、そのお祈りを聴いた側は


「わたしも、そう思います。」




という意思表示の意味があります。




さらに、その意味に加えて


【アーメン】ということば、




これは、聖書が【契約の宗教】であること、


そして、その契約においては、


とても重要な言葉になるのです。




【アーメン】その原語に忠実に訳しますと


【同意する】という意味なのです。




そうお伝えすると、とても、みなさまにとっても


身近な言葉になるのではないでしょうか。




例えば、みなさまがスマホやPCで


何か、新しいアプリ、ソフトをダウンロード


されるときには必ず、次のような


画面が出て、【同意する】【同意しない】


を選択されることになります。






【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-同意する2



英語では




【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-同意する英語版



というアイコンになるかと思いますが。




【同意する】というアイコンを押して


ここで、初めて契約成立・・・


新しいソフトのインストールが開始


されるわけです。




***********************




さて、前回の記事で、聖書のいうところの神


創造主なる神は、人の自由意思を尊重して


下さる方であることをお伝えしました。




【アーメン】=【同意する】 というステップは、


そのためにとても大切であり、


必要不可欠なことなのです。




神様は、いろいろな面で、わたくしたちを助けたい


救いたい、と思っておられる。




創造主なる神様がわたくしたちのこころを


救ってくださることに、




「わたしは、心から納得し、同意します。」


そのように、意志を表明するとき、




本当の意味で、神様はそのお力を


発揮することがおできになるのです。




***********************




ところで、みなさまの中で、今まで、何かのご事情で


手術、入院等をなさった方はおられますか?




そのご経験があるかたは、


ご入院時、また、手術前に、


【承諾書・同意書】にサインを


なさったのではないでしょうか。






【こころのエステ・フィットネス横須賀】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]-治療説明





この【同意書】なしには、


たとえ、どんなに【神の手を持つ外科医】


お医者様でも、患者様の身体に


メスを入れることはできません。




なんでも、おできになったとしても


なにもできなのです。




それと同様に

聖書の神様は、なんでもおできになる方として


聖書に記されています。




しかし、なんでもおできになる方ですが、


人間の【同意】なしには、何もおできに


ならないのです。




それだけ、繰り返しますが


人間の【自由意思】を尊重してくださる


方なのです。




*******************************




「(わたしは)・・・あなたの承諾なしには、何もしたくありません。


それは、あなたのせっかくの善い行いが、強いられたかたち


ではなく自発的になされるようにと思うからです。」


    (新約聖書 フィレモンへの手紙 14節)




*******************************






みなさまが、もし、


神様の愛が、みなさまのこころに豊かに


働くことに【同意】されるなら、




きっと、みなさまも想像できないほど


素晴らしいことを、みなさまのご人生の上に


起こしてくださることでしょう。




*************************




「そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和(シャローム)


が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって


守るでしょう」


(新約聖書 フィリピの信徒への手紙 4章7節)




*************************




本日もお読みくださって、有難うございます。


今日もみなさまの一日が良い日でありますように。


神様のお守りが豊かにありますように。




よろしければ下記アイコン


応援クリックお願いいたします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ




【>>このブログのトップに戻る】
 




(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、


サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが


弊ブログとの関係はありません) 









































































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月29日(水)

【カリスマ:神様からのプレゼント】

テーマ:【身近な聖書のことば】

本日も、心のエステ・フィットネス

お立ち寄りくださり、誠にありがとうございます。


湿度、暑さとも急上昇の広島、山奥です。


************************


さて、前日の記事では、「愛」とは・・・

聖書の言うところの「愛の概念」について

少し触れました。


このテーマは聖書の中心テーマになるところですので

このことについてもう少しお伝えしたいと思います。


この愛は「神様からのプレゼント」

なのです。


そのことを、もう少し固い言い方をすれば

「神様の賜物」という表現をします。


そして、この「神様の賜物」という言葉を

原語でみますと・・・


「カリスマ」といいます。


「カリスマ」よく耳にされることばと思いますが

聖書では、「神様からの賜物」という意味の

ギリシャ語なのです。


一般的に「カリスマ」というと

特別な技能や能力をもった人・・・

というイメージがあろうかと思いますが


「神様からのプレゼント」

となると、すべての人に与えられる

「神様からの愛」のことなのです。


また、

神様からの最大のプレゼント

それは何か・・・


聖書では「命」と言っています。


愛は命を生かす・・・

命を生かすものは愛・・・


なのです。


その「愛のプレゼント」をどうぞ、

お受け取りいただきたい

そう願っております。


**************************

本日も、お読みくださってありがとうございました。

下記ストレスマネジメント】【メンタルヘルスブログ】アイコン

の応援クリックもお願いできましたら

うれしいです。<(_ _)>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ



(※尚、下記ADスペースの広告は無料ブログにつき管理者の意志によらず自動的

に挿入されるものであって、弊ブログ内容・管理者とは一切関係のないものです。

クリックは自己責任において、また、十分ご注意くださいますようにお願いします。)


【>>このブログのトップに戻る】










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年01月16日(日)

【『契約』の宗教】

テーマ:【身近な聖書のことば】

みなさま、本日もお立ち寄りくださり

誠にありがとうございます。


本日こちらは、たいへん冷え込み

キャンパスが雪に覆われました。


【こころのエステ&フィットネスジム】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~     聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]

♪犬は喜び、庭かけまわり♪という

童謡がありますが、


我が家は、小1の三女が

雪の中、楽しんでおりました。

わたしは・・・滑りはしないかと

おそるおそる坂道を歩くのですが

子どもは元気です。


***************************


さて、こちらを訪れてくださる皆様は、


やはり何らかの形で、

聖書にご興味をもっていただいている

方々かなと思いますが、

よろしかったでしょうか。


わたくしは、本職は牧師ですから

みなさまが、聖書に興味をもってくださっていること

とてもうれしく感謝申し上げます。


さて、日ごろ、聖書のお話をさせていただく中で、

なかなか理解していていただけない概念が

ございます。


それは、聖書は『契約の宗教』

であるということです。


本日は、その点について、お話いたします。


***************************


キリスト教が聖典として、使っております聖書は

「旧約聖書」「新約聖書」という部分に

分かれております。


その『旧約』の「約」、『新約』の「約」

それは、【契約】の「約」です。


聖書は【契約】を大切にする教えという

ことなのです。


契約という言葉は少し堅苦しければ

【約束】という言葉に置き換えても

さしつかえがありません。


聖書に描かれる「創造主」という「神」が

「人間」と【契約】を結ばれ、


その【契約】に基づいて、関係を築かれる

というのです。


神様は、人を必ず愛し、救うという

「約束」をしておられます。


ここしばらくは、そのような「聖書」の

【契約(約束)の概念】


についてお伝えすることができたら、

と思います。


****************************


本日もお読みくださりありがとうございました。

どうぞ、本日もよい一日をお過ごしください。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ


【>>このブログのトップに戻る】  


(※下記ADスペースの広告と弊ブログとの関係はありません)








いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。