2004年10月09日(土)

主の口は知識と英知を授ける

テーマ:【プチ帝王学:ソロモン王の智慧】

わが子よ

わたしの言葉を受け入れ、戒めを大切にして

知恵に耳を傾け、英知に心をむけるなら

分別に呼びかけ、英知に向かって声をあげるなら

銀を求めるようにそれを尋ね、

宝物を求めるようにそれを捜すなら

あなたは主を畏れることを悟り

神を知ることに到達するであろう。



知恵を授けるのは主

主の口は 知識と英知を与える。

主は正しい人のために力を

完全な道を歩く人のために盾を備えて

裁きの道を守り

主の慈しみに生きる人の道を見守ってくださる。



あなたは悟るであろう。

正義と裁きと公平はすべて幸いに導く、と


知恵があなたの心を訪れ、知識が魂の喜びとなり

慎重さがあなたを保ち、英知が守ってくれるので

あなたは悪い道から救い出され

暴言をはく者を免れることができる。


彼らはまっすぐな道を捨て去り、闇の道を歩き、

悪を働くことを楽しみとし、

悪と暴言に小躍りする者

彼らの道筋は曲がり、通う道はくねっている。



また、よその女、滑らかに話す異邦の女をも

あなたは免れることができる。

若き日の伴侶を捨て

自分の神との契約を忘れた女を。

彼女の家は死へと向かっている。

彼女のもとに行く者はだれも戻って来ない。

命の道に帰りつくことはできない。



こうして

あなたは善人の道を行き、

神に従う人の道を守ることができよう。

正しい人は地に住まいを得

無垢なひとはそこに永らえる



神に逆らう者は地から断たれ

欺く者はそこから引き抜かれる

(どうかそのようなことにならないで欲しい)



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


●英知の源●

「神は二つの書物を書かれた。一つは聖書であり、もう一つは自然そのものである」
           (ガリレオ・ガリレイ)


「自然界の書物(自然科学)と啓示の書物(聖書)は同じ方の印をもっているので、

彼らの言うところは調和せざるを得ない。

異なった方法と異なった言葉をもって彼らは同じ偉大な真理をあかししている。

自然の書物と聖書の御言葉はお互いに光を照らしあっている。」

      (エレン・G・ホワイト『教育』128ページ)



「はじめに神は天と地を創造された」(創世記1章1節)

という大変有名な書き出しで聖書は始まっています。

ヘブル語(旧約聖書の原語)では 「天」=「宇宙」
「地」=「地球」という意味です。


神という存在を「創造主」天と地にあるものはすべて
「被造物」造られたものと考えます。(通常「自然」といわれる
言葉で概念づけられているもの。。。)


芸術作品(美術、音楽など)には その作者の
作風が現れてくるものです。作品は作者を物語っています。


神という存在(作者)は目には見えませんが、
自然界(作品)を通して、神は人間に与えようとして
くださる知恵の偉大さを示しておられるのです。

箴言の中で
次のように、ソロモンが訓戒している言葉があります。

「怠け者よ、蟻のところに行って見よ、
その道を見て、知恵を得よ。

蟻には首領もなく、指揮官も支配者もいないが
夏の間にパンを備え、
刈り入れ時に食料を集める。」

(箴言6章6-8節)



みなさんは 蟻の心臓を見たことがありますか・・・

(・・・という私自身見たことはなくて申し訳ないのですが)

蟻に心臓、あるはずです。


神は 蟻の心臓を造られる方と わたしは(信仰)しています。


【信仰】⇒【前提】という言葉に置き換えてくださっても
いいかもしれません。


「蟻の心臓を造られる力(能力)のある方が わたしを愛し
知恵を与え、助けてくださる・・・」という思い(信仰)は、
わたしを励まし癒すのです。

宇宙から自分という存在をながめたとしたら・・・
全宇宙に対して、わたしの存在は蟻ほどの
大きさがあるだろうか・・・・ 

しかし、その小さな存在の為に、神はその命を投げ出されたと
聖書に記されている・・・。(キリストの十字架)




神の業、知恵が象徴する言葉は『秩序』です。

なんときれいにわたしたちを形作る細胞は
【秩序】正しく並んでいることでしょう。
電子顕微鏡で映し出される物質の美しさ・・・

 
その秩序を極めようとするとき

わたしたちは限りない人間的作業を伴いますが

感動と感激が伴います。


そのような感動と感激こそ、さまざまな学問の動機となり
研究開発の動機となるのではないでしょうか。


あなたの職場、取り組まれているプロジェクト
家庭、生活の場 どのようにすれば感動の場となるでしょうか。


神はご自分の英知を、それを極めようとする時の感動と喜びを
あなたに限りなく与えようとしておられるお方です。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2004年10月09日(土)

安息日の祝福

テーマ:【安息日】
☆30秒で読める☆
ビ┃ジ┃ネ┃ス┃に┃生┃か┃す┃聖┃書┃の┃思┃想 
┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 
**<休み上手は、仕事上手>**


一週間のお働きお疲れ様でした。


週末はゆっくりと休息がおできになりますか。


聖書はよりよく働くために、あえて安息日を


休息をとることを勧めています。休息は大切なつとめなのです。


適切な休養は、よりバイタリティに仕事のこなすための必須条件です。


忙しさの中で 見失われがちな 自分自身を あなたの良さ


あなたらしさを とり戻してください。



●聖書のことば●

「第7の日に神はご自分の仕事を離れ、安息なさった。

この日にすべての創造の仕事を離れ、安息なさったので

第7の日を神は祝福し、聖別された」

(旧約聖書:創世記 2章2-3節)


***************************************************

●本日土曜日は安息日です。みなさまの上に必要な休養、
やすらぎのひとときがありますように。


●ノーベル賞受賞者の中や世界の経済界でのユダヤ人の業績、
活躍はよく知られているところですが、
その創造力、エネルギーの源泉は安息日なのです。

日常の喧騒を離れ、心を落ち着けて、静かな時間を持つ。

【創造主】と聖書を通して向かい、自分を見つめるひととき。
そのような時間によって、
あなたの【創造力】はさらに養われ豊かなものになるのです。

●休むことは、さぼることではありません。適切な休みは
目標、目的を冷静に軌道修正する時、また新たな発想を養うとき
となることでしょう。


■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年10月07日(木)

確かな住まいと恐れのない暮らしのために

テーマ:【プチ帝王学:ソロモン王の智慧】
知恵は巷に呼ばわり
広場に声をあげる。

雑踏の街角で呼びかけ
城門の脇の通路で語りかける。

「いつまで
浅はかな者は、浅はかであることに愛着をもち
不遜な者は、不遜であることを好み
愚か者は知ることをいとうのか。

立ち帰って、わたしの懲らしめ(=指導)を受け入れるなら
見よ、わたしの霊(=愛)をあなたたちに注ぎ
わたしの言葉を示そう。

しかし、わたしが呼びかけても拒み
手を伸べても意に介せず
わたしの勧めをことごとくなおざりにし
懲らしめ(=指導)を受け入れないなら

あなたたちが災いにあうとき、わたしは笑い
恐怖に襲われるとき、嘲笑うであろう。

恐怖が嵐のように襲い
災いがつむじ風のように起こり
苦難と苦悩があなたたちを襲うとき。」

そのときになって
彼らがわたしを呼んでもわたしは答えず
捜し求めてもわたしを見出すことはできない。

彼らは知ることをいとい、
主を畏れることを選ばず
わたしの勧めに従わず
懲らしめをすべてないがしろにした。

だから自分たちの道が結んだ実を食べ
自分たちの意見に飽き足りるがよい。

浅はかな者は座して死にいたり
愚か者は無為の内に滅びる。

わたしに聞き従う人は確かな住まいを得
災難を恐れることなく平穏に暮らす


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

●ソロモンは、息子の未熟で、反抗的な傍若無人の横暴ぶり
に心を痛めながらも、知恵の道に立ち返るように嘆願してい
います。

●親が偉くてもその子が偉いとは限らないものです。
次の世代の教育・指導を怠ると何十年の功績も一瞬
で崩れてしまうことがあります。

●苦しみの実を刈り取ることがないようにと
ソロモンは厳しい言葉で訓戒します。
厳しさの根底にあるのは、愛する息子への思いなのですが。
しかし、伝わらない。失敗は目にみえているのに
という危機感が感じられます。



■■■■■■■■■■■■■■■■



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年10月07日(木)

親がその子を慈しむように

テーマ:【子育て関連:お笑い、いやし系・遊び心】

我が家の三女です。


かわいいでしょ?
(親ばかblogです。
お赦しください)

たとえ、朝青龍似でも・・・・


親の目には。

かわいいのです。



聖書において、神様と人間との関係が親子関係に
たとえられているところが多々あります。


****************************

シオンは言う。(人は嘆く)
主(神)はわたしを見捨てられた
わたしの主はわたしを忘れられた・・・と


女が自分の乳飲み子を忘れるであろうか
母親が自分の産んだ子を憐れまないであろうか。

たとえ女たちが忘れようとも
わたしがあなたを忘れることは決してない。

見よ、わたしはあなたを
わたしの手のひらに刻みつける。


あなたを造り、母の胎内に形作り
あなたを助ける主は、こう言われる。

あなたたちは生まれた時から背負われ
胎を出たときから担われてきた。

同じように、わたしはあなたたちの老いる日まで
白髪になるまで背負っていこう。

わたしはあなたたちを造った。
わたしが担い、背負い、救い出す。

(旧約聖書:イザヤ書49章14-16及び46章3-4節)

*****************************


ヘブル語の原語を見ますと、ここでは、
次のような掛詞、縁語が使われています。

それは
【憐れむ】と【母の胎・子宮】という言葉です。

(日本語の「橋」と「端」的なもの)

【憐れむ】の原意は、はらわたのちぎれるような・・・
その人の痛みを思ったとき、自分の痛みのように・・・
という意味があります。

【お腹を痛めて、産んだわが子が・・・】という
日本語表現はとても旧約聖書的なのです。


親は、自分の子どもが苦しむとき、共に痛む存在です。
わが子の苦しみを見ることほど辛いことは
ありません。。親心というものです。

神様も、人間がなんらかの事情で苦しむとき
人の親が苦しむのと同様に、いやそれ以上に苦しんでおられる
共に苦しまれる主のお姿が表現されています。

苦しむ人間を包み込み、じっと、抱きしめながら、
共に、苦しみ、涙をながしてくださるのが神様なのです。


私たちと共に泣き、喜ぶときは共に喜んでくださる神

目にはみえませんが、私達一人一人と共にいてくださっている方と
聖書に記されています。


いいね!した人  |  コメント(56)  |  リブログ(0)
2004年10月06日(水)

頭に戴く優雅な冠

テーマ:【プチ帝王学:ソロモン王の智慧】
わが子よ、父の諭しに聞き従え。
母の教えをおろそかにするな。

それらは頭に戴く優雅な冠
首にかける飾りとなる。

わが子よ。
ならず者があなたを誘惑しても
組してはならない。

彼らはこう言うだろう・・・

「一緒に来い、待ち伏せして血を流してやろう
罪もない者をだれかれかまわず隠れて待ち
陰府のように、生きながらひと呑みにし
丸呑みして、墓穴に沈めてやろう。
金目の物は何ひとつ見落とさず
奪った物で家をいっぱいにしよう。
我々と運命を共にせよ。
財布もひとつにしようではないか。」と。

わが子よ
彼らの道を共に歩いてはならない。
その道に足を踏み入れるな。

彼らの足は悪事に向かって走り
流血をたくらんで急ぐ。

翼あるものは見ている。
網を仕掛けるのは徒労だ。

待ち伏せて流すのは自分の血。
隠れて待っても、落とすのは自分の命。

これが不当な利益を求めるもの末路。
奪われるのは自分の命だ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<箴言>
ソロモンは、晩年、自分の地位を息子に譲る時期が来たとき
愛情を込めて、自分の経験、失敗から教訓をわが子に残しま
した。


権力者のもとには、また、大きなお金の集まるところには
さまざまな危険や誘惑が伴うもの。
パートナーを選ぶ時は、慎重にことを進めるように。


不正な儲けに走ることは、苦い実を刈り取ることになる。


誰もみていないかのようでも、事は必ず明らかになるのだから。


安易な儲け話に、走らないように。


時間はかかりそうでも、正直で、うしろめたくない方法を
選択するとき、あなたの実力は十分に発揮され
あなたは繁栄する。


■■■■■■■■■■■■■■■■



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年10月05日(火)

あなたとの出会いを感謝します。

テーマ:【Welcome!! ようこそ】

ようこそ!!

こころのエステ&フィットネスジム
にお越しくださいました。

お立ちよりくださりこころから感謝いたします。

ブログ管理人の平田と申します。



自画像

このblogに公開しているテーマ、趣旨を
お伝えいたします。


下記のテーマをクリックしてくださり

それぞれの記事をお読みください。


*******************************

■人間関係に生かす聖書の智慧

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/theme-10000013588.html


ちょっとした、ものの考え方、見方を変えるだけで

こころが楽になる時があります。一服の清涼剤に。


■偉業の原点にあるもの

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/theme-10000028097.html

クリスチャン実業家の方々をご紹介しています。


■命・平和・愛の回復の計画

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/theme-10000407163.html

イエス=キリストのお話について解説しています。


■死を考えることは生を考えること

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/theme-10006072723.html

人の最期、完成の時を考えます。

ホスピス医療についても書いています。


■子育て関連、いやし系、あそび心

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/theme-10000019066.html

子育て奮闘記、こどものユーモアなども紹介。


■家族の絆、家族力の回復

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/theme-10000134170.html

人が最初に出会う人間関係が家族関係です。

人は、家族との関係を通して、世界との関係づくりの

基礎を築きます。最近、家族力、家族の絆が失われている

ように思えてなりません。

大切な家族との関係づくり、そのヒントになれば幸いです。


■性共育、結婚、夫婦関係

http://ameblo.jp/taizo-bokushi/theme-10000211215.html

性は聖なるもの、神聖なものとして、神様が祝福として

人類に与えられました。人の生命の始まりにかかわる

ことで大切なことです。しかし、現代、もっともその理解が

おろそかにされ、祝福である場が、悲しみや辛さに

満たされています。

聖書を通して性の大切さ、結婚、夫婦関係について

記しています。


・・・・その他、右、ブログテーマ一覧より

ご興味のテーマをクリックしてくださり

お読みいただけるとうれしいです。


****************************

●【プチ帝王学】更新不定期

イスラエルの王、ダビデの子、ソロモンの箴言
から、わかりやすく帝王学(人の上に立つ者の心得)を
考えたいと思います。

【帝王学】といえば・・主には社長さんや政治家の方など
管理職の立場で人々を管理統制する立場の人が学ぶものかの
ようですが・・・。

このプチ帝王学blogは
たとえ皆さまがどのような立場の方であっても役に立つように
願い、お伝えしています。

なぜなら、貴方は 大切な【あなたの人生という世界】の
すばらしい【統率者】
でいらっしゃるからです。

貴方は貴方の人生の立派な王・社長・管理者なのです。

その自覚をもって、ご立派にご自分の人生を運営・マネージメント
してくだることを願っています。

もし、貴方が人の上にお立ちになる人であれば、
その地位が高い方であればあるほど、ご自分をきちんと律し、
征することが責務であり要求されておられるはず。
貴方の及ぼす影響が大きく、多くの人に及ぶからです。

そのような重責をになっておられる貴方に
よりよく、すべてを治められるためのヒントを発信
することとなれば幸いです。

また、このソロモンの知恵、帝王学は世界に通用する価値観です。
世界を舞台にお仕事をされるような時、また社交の場で生かして
ください。日本人の話題といえは、金、物、セックスのこと・・・
などと世界から寂しい評価をもらうことなく、このblogのテーマ、
言葉を会話のなかで、ちりばめられると話がはずむかもしれません。

特に、ユダヤ系商人、企業のみなさまとは話が進むでしょう。


●【30秒で読める聖書の智慧】

忙しい貴方に、一服の清涼剤、ちょっと別の角度から物事を
見てもらうヒントとなればうれしいです。

一日の仕事を始める前の30秒を活用し、その日の仕事に生かして
ください。

ほとんど、【あたりまえのこと】です。

でも、【あたりまえ】を大切に、積み重ねることは
必ず、貴方の力となることでしょう。
30秒でも、一年見てもらうと結構な時間になります。


●VIPとしての認識更新不定期)

VIPの語源は聖書にあります。

それは、今から約2700年前
預言者イザヤが全世界の人に示した神の言葉

「わたし(神様)の目にあなたは高価で尊い、なくてはならない大切な、
大切な存在」

You are Very Important Person. You are Precious.
(旧約聖書:イザヤ書43章)

この聖書の箇所をモチーフに
クリスチャンミュージシャン 槙原氏は
「世界で一つだけの花」を作りました。

♪No.1にならなくてもいい、もともと特別な Only one♪
この歌詞のモチーフ・真意がここにあります。

しかし、あまりに多くの人に口にされ、真意が伝わらず
陳腐なように感じられる面もありますが・・・。

そうであってもやはりこの言葉は真実です。
多くの人が心の奥底で求めているもの
自分の存在意義を明らかにしたいという願いに
応えるものであったので 多くの人に支持されました。

2700年の年月を越えてなお、人々の心をとらえるモチーフ
あなたはVIP 

このBlogを通して
お一人お一人がその本質を極め
自分を大切にし、自分らしく、素敵な仕事をし、
人生を送ってくださるとうれしいです。

学歴や年収に左右されないところで
あなたの自己評価を確立してくださればと思います。


●【王の興亡から学ぶ】 
更新不定期

大きな国家でも、会社であっても、
また一人の人生であっても、その興亡に共通の原理を
見出すことができます。

モチーフとなる言葉は 愛vs自己中心、謙遜vsおごり
などです。何千年経ても、また、国は違っても
人間の本質はかわらないものがあります。

王の興亡の歴史を一つのケーススタディとして
今を大切に生きるために適用してください。


●【心のエステ:スピリチュアル・ケア】

『本当に大切なものは目には見えない』(聖書)

目には見えない領域を聖書では『スピリチュアルな
領域』
と定義しています。霊的な世界と申しますが

日本語でいう『霊』ということばがイメージさせるものとは
異なり、聖書で『霊』と出てきましたら『愛』
という言葉に置き換えることができます。

また聖書の『愛』という言葉は『いのち』と同義語です。

目には見えませんが、あなたの存在を支える
『愛』『命』の領域がテーマです。




















いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2004年10月05日(火)

ソロモンの王としての始まりは順調だった

テーマ:【王や国の興亡に学ぶ】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

名もなき羊飼いから苦労してイスラエルの王に登りつめた父ダビデ。
彼は、神ヤハウェへの信仰を基盤に、外的から国を守り、政治、経済
文化を整えるのに一生を捧げてきた。

それまで半遊半牧生活を送ってきたイスラエルは、
ダビデによって初めて国家というかたちを為したのである。
そのダビデも70歳に達した。

死を予期したダビデは、イスラエルの王に指名したソロモンを
自分の枕もとに呼び、「あなたの神の戒めを守り、モーセの律法に
書かれているとおり、神のおきての命令を守りなさい」と遺言を残した。

ヘブロンで王として7年半、エルサレムで王として33年間
合計40年間にわたってイスラエルを指導してきた偉大なる王ダビデ。
彼は多くの人に惜しまれてこの世を去り、亡がらはエルサレムに
埋葬された。

そしてソロモンは 20歳 でイスラエル統一王国第3代王に就任した。

就任後のソロモンは、エルサレムの北西10キロメートルにある
ギブオンの祭壇で1000頭の焼き尽くすいけにえを捧げ神を讃美した。
この夜、神はソロモンの夢に現れて、
「あなたに何を上げようか。欲しいものはなんでも与えるから願え」
と告げられた。

ソロモンは、「あなたは父ダビデに大いなる恵みを施されました。
深く感謝いたします。わたしは王とはいえ、あまりにも小さな存在で
あります。あなたの国民は多くて、数え切れないほどですから
善悪を判断して、彼らを統率し裁くために、聞き分ける心をしもべに
与えてください」と謙虚に神に願った。

この願いは神に聞き入れられた。しかも神は、ソロモンの願いどおりに、
知恵の心と善悪を判断する心を授けられたばかりか、
彼が求めなかった、富、名誉、長寿をも与えると告げられた。
その時、ソロモンは夢から覚めた。

ソロモンの王としての出発はすこぶる順調であった。
父ダビデから受け継いだ武力、近隣諸国との友好関係の維持
海外貿易や属国からの貢物によって莫大な富を獲得した。
国内政治では、12部族を12管区の官僚組織に組み替え
支配しやすい中央集権国家を造り上げた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

●生田哲著【早わかり旧約聖書】日本実業出版社 p.224より
●旧約聖書 列王記<上> 3章ー4章 
※ソロモン王の統治(BC.970-BC930)



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004年10月05日(火)

【身体】【魂】【霊】

テーマ:【こころのエステ:スピリチュアル・ケア】

■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■

◆本日のテーマは性共育です。 初めていらっしゃった方は、

上記【性共育:愛と命が輝くために】(オレンジ色)をクリックしていただくと

前回までの一連の記事をお読みになれます。


◆対象:本日の記事は、思春期のお子様をもつ方、結婚準備中の方

 思春期真っ只中の方に役立つようにと考えました。

■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■


●●聖書の言葉●●

    「人はその父と母とを離れて、二人は一体となる」

          (旧約聖書:創世記 1章 24節)

■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■



本日の聖書の箇所から、ご理解いただきたいことは、

【性の営み】において大切になってくるのは、身体の結びつきと共に

【こころとこころの結びつき】であるということです。


「こころが大切であること」改めていうまでもなく、よくわかっておられる

とおもいますが、聖書では、をさらに『』と『』という概念でみています。

上の聖書の箇所で表現されている【一体となる】ものとは、厳密にいうと

身体】【】【】の3つを指します。




*******************************


聖書では、【人間】を【身体、魂、霊の統合体】として考えています。

(新約聖書:第1テサロニケ5章23-24節)

そして、その3つの要素は、一つ欠けても人間として存在しえない

まさに三位一体のものとされています。


  体、魂、霊




******************************

 

 


身体】はよくわかります。しかし、【】、【】となると、どのようなものを

みなさまはイメージされるでしょうか。

英語では【spirit】【mind】【heart】などの言葉があてられたりするもの

なのですが、英語で考えても、実は概念がはっきりしません。



しかし、新約聖書の原語であるギリシャ語でみますと、

概念がはっきり区別できる言葉です。

身体】は【ソーマ】、【】は【プシュケー】、

】は【プニューマ、ゾーエー

という言葉になります。



*******************************
 
ギリシャ語が示している各言葉の範囲は

身体】:心臓の働きによって支えられているすべてのところ


】:人間の『知識』、『情緒』、『意志』面での活動範囲

日本語でいうところの【精神】【こころ】とは

ギリシャ語の【魂:プシュケー】の領域です。

脳の働き

それをもう少し分かりやすく申し上げると【】とは、【】が統括

しているところの活動領域、と定義することができます。



】:究極的に人間の力、影響が及ばない範囲、

   また、目には見えない世界、 【】の領域  となります。


*****************************

ギリシャ語でいうところの、【身体】、【魂】、【体】をもう少し具体的に

感じていただくために、『りんご』と『パソコン』に喩えてみます。

すばらしい人間の【身体】【魂】【霊】について、下記のように喩えるのは

すべてを厳密に表現できるものでないので、気がひけまますが、

おおまかに、ギリシャ語の概念を理解していただけるのではと

思っています。

 

●●りんごにたとえると・・・●●●     ●●パソコンにたとえると・・●●●

身体(ソーマ)】: 『表  皮』             『本 体』 部分  


               
(プシュケー)】:『実、果実』部分      『OS』部分 例:WindowXP

                           Microsoft Word,Excel他 種々のソフト


(ゾーエー、プニューマ)】:『芯、種』の部分     『電源/電力』、『ユーザー』


*********************************


人間とは、【身体】【魂】【霊】の切っても切り離せない統合体

どの要素が欠けても、その働きは停止してしまうもの

存在しえない存在・・・


また、後日引き続いて、【性の営み】に関連して

【身体】【魂】【霊】について聖書が述べているところをお伝えします。

 

 

 

 


 

                              

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 


        


        

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年10月04日(月)

V.I .Pの語源

テーマ:【V. I .Pとしての認識】

VIPの語源は聖書にあります。

それは、今から約2700年前
預言者イザヤが全世界の人に示した神の言葉

「わたし(神様)の目にあなたは高価で尊い、なくてはならない大切な、
大切な存在」

You are Very Important Person. You are Precious.
(旧約聖書:イザヤ書43章)

ミュージシャンの槙原敬之氏が

名曲「世界で一つだけの花」を

作られましたが、

♪No.1にならなくてもいい、もともと特別な Only one♪
この歌詞のモチーフと重なるものが

ここにあります。

あまりに多くの人に口にされ、真意が伝わらず
この言葉の意味する、すばらしさを

どれだけの人々が実感されているかは

わかりませんが・・・

そうであってもやはりこの言葉は真実です。

多くの人が心の奥底で求めているもの
自分の存在意義を明らかにしたいという願いに
応えるものであったので 多くの人に

支持されたのではないでしょうか。

2700年の年月を越えてなお、

人々の心をとらえるモチーフ

『あなたはVIP』

大切な大切なかけがえのない存在 


このBlogを通して、お一人お一人が

その本質を極めくださるとうれしいです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年10月04日(月)

智慧の源泉

テーマ:【プチ帝王学:ソロモン王の智慧】
イスラエルの王、ダビデの子、ソロモンの箴言

これは 知恵諭し をわきまえ
分別 ある言葉を理解するため

諭しを受け入れて
正義裁き公平 に目覚めるため
未熟な者に 熟慮 を教え
若者に 知識と慎重さ を与えるため。

これに聞き従えば、賢人もなお 説得力 を加え
聡明な人も 指導力 を増すであろう。

また、格言、寓話、
賢人らの言葉と謎を理解するため

主を畏れることは知恵の初め
無知な者は知恵をも諭しをも侮る

【旧約聖書 箴言1章1-7節】

●このblogをお伝えする目的●

(1)帝王学といえば・・主には社長さんや政治家の方など
管理職の立場で人々を管理統制する立場の人が学ぶものかの
ようですが・・・。

このプチ帝王学blogは
たとえあなたがどのような立場の方であっても役に立つように
願いお伝えしています。

なぜなら、あなたは 大切な【あなたの人生という世界】の
すばらしい【統率者】でいらっしゃるからです。

あなたはあなたの人生の立派な王・社長・管理者なのです。

その自覚をもって、立派にご自分の人生を運営してくだることを
願っています。

(2)人の上にお立ちになる人であればあるほど、その地位が
高い方であればあるほど、ご自分をきちんと律し、征すること
が責務であり要求されておられるはず。
貴方の及ぼす影響が大きく、多くの人に及ぶからです。

そのような重責をになっておられる貴方に
よりよく、すべてを治められるためのヒントを発信
することとなれば幸いです。

(3)このソロモンの知恵、帝王学は世界に通用する価値観です。

世界を舞台にお仕事をされるような時、また社交の場で生かしてください。
日本人の話題といえは、金、物、セックスのこと・・・などと世界から
寂しい評価をもらうことなく、このblogのテーマ、言葉を会話のなかで、
ちりばめられると話がはずむかもしれません。

特に、ユダヤ系商人、企業のみなさまとは話が進むでしょう。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。