2016年11月16日(水)

「愛」は「水」こころを潤すもの

テーマ:【イエス・キリストの教え】

札幌での初雪を体験しました。

数日前、園庭で子どもたちとふわふわ飛ぶ「雪虫」を追いかけっこしたところでした。

自然の営みは不思議に満ちていますね。本格的な雪の時期はまだ先のようですが、

皆様のご生活の安全が守られますように。おかげで思ったより親知らずの抜歯は

上手く終了しました。励ましの声をかけてくださった方々、有難うございました。

 

**************************************

 

さて、聖書に「愛」が「水」にたとえられているところの2回目です。

前回「水」は大変貴重で、わたくしたちの生活、いのちにとって欠かすことのできないもので、その水に「愛」がたとえられていることをご紹介しました。

 

聖書の言葉に「イエスは答えて言われた。『このを飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与えるを飲む者は決して渇かない。わたしが与えるはその人の内で泉となり、永遠の命に至るがわき出る。』」(ヨハネ福音書4章13-14節)とあるのですが、ここに記されている「渇き」は「こころの渇き」を意味しています。おいしい「水」が「体の渇き」を潤すように、神様の愛が人の「こころを潤す」ことが書かれているのです。

 

このヨハネの福音書4章には、身も心もボロボロになっていた一人の女性とイエスとの交流の物語が記されています。紙面の関係ですべてはお伝えできないのですが、あらすじを少しお伝えします。

 

この女性は「サマリア」という地域に住んでおり、ユダヤ人にとっては「避けて通る地域」「敵対している地域」でした。また、さまざまな事情からこの女性は人目を避けて、確かに現況は人々から後ろ指をさされる生活をしており、いろいろな偏見の中、共同体からも村八分状態であり、寂しさ、孤独、孤立感の中で暮らしていたことが伺えます。その女性のこころは、砂漠のように「渇いて」いたのです。

 

しかし、イエスはそのような女性に「天の神様は間違いなくあなたを大切に思っている」ということを「水」をたとえに語られたのでした。「砂漠」のようであっても「井戸」を掘り当てるなら、そこは「オアシス」となるのです。すべての人のこころにまだ掘り当てられていない「愛の泉(井戸)」があるということが語られている物語です。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こころのエステ&フィットネスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。