2017-07-23 02:20:12

下北沢に恋してる。

テーマ:ブログ

下北沢ERAはや亭。
ありがとうございました!

 

 

一緒に音を鳴らしてくれた、
仲間を紹介させてください。
 

Twitterアカウントです*

竹村忠臣(カホン)
@tadaomi75

 

小池隼人(トロンボーン)
@hayatrombone

 

@きてくれたみなさん。

 

どうもありがとう!また会おうね!

 

沖縄を旅したチークカラー、
りさボルト&hysの林、
小樽で出会ったおがたくん、
太陽族スタッフのばるが、
サプライズで当日券できてくれたり、
アカツキのつかさがきてくれたり、
福島で出会った八木さん、
打ち上げの最後までいてくれた、
あいあむあい、
12年ぶり?にきてくれた、
その昔、渋谷AXで弾きがたりしてくれた、
笛木とおるくん。

共演の石田りょうさん、
ミッドナイトパンプキン、
sean North、
そして物販手伝ってくれた、
戸田ちゃん!

 

 

 

戸田ちゃん、すげえ顔してんな笑

 

夏に小樽遊びにきてくれるみたいで、

楽しみすぎる、、

 

いくつになっても、

アホ話や真剣な話、話せる友達がいるって、

こうやって文章にするだけで、

あたたかい気持ちになる。

大切にしたい。

 

何よりも、

きてくれたみなさん。

ありがとうございました!


東京が大好きです。

 

 

花男

 

ちょっと、下北沢の景色を。

 

 

下北沢には、

かつて戦後闇市のなごりがのこった、

商店街があった。

 

おれはそこが大好きだった、

タイムマシンに乗ったような気持ちになった。

 

でも、老朽化と同時に、

町の開発で、

その商店街は立ち退き、取り壊しになってしまった。

 

でも、

すこしだけのこってた。

 

涙あふれそうになった。

 

ここで働いていた方は、

どんな想いで、

ここのシャッターを最後、閉めただろう。

 

 

 

当時の景色、

こちらのサイトですこしのっています。

是非*

http://www.tokyoseikatsu.com/town_tokyo/toka-keioline/shimokitazawa/post-154.php

 

 

でも、

今の下北沢も好き。

 

 

下北沢には、不思議と楽器屋がない。

でも、、新しくできた?ときいたのだけれど、

見つけられなかった。

 

なので、前回もお世話になったスタジオへ、

オレンジオイルが売ってないか、

ききにいってみた。

(ギターを綺麗に拭いたりするときに使っているもの。)

 

LANDRUTH

https://www.landruth.com

ここには、最低限の小物を販売してくれている。

 

で、、

オレンジオイルは、、

売ってなかった!

 

のに。

 

「使いかけのものであれば、あげますよ!」

 

 

???

 

 

なんだってえ!

 

ガラスのむこうのオレンジオイル!

 

じゃねえか!

 

うれしくなった、、

 

おにいさん、ありがとう。

もう、おもいきってシュウくんと呼ぼう。

 

シュウくんよ、ありがとう。

 

またきます!

(今度は購入しにくるね。)

 

こんなあたたかい風景も、

下北沢にはあります。

 

古くからやっている定食屋さんでご飯を食べた。

 

おじいちゃんと、おばあちゃんが、

手縫いでマフラーを編むように、

店内をきりもりしていた。

 

下北沢は、

昔茶畑だった。

 

その時から住み続けているんじゃないか?

というくらい、

高齢の方たちが、

現役で活躍している町でもある。

 

それでいて、音楽と若者の様々な熱がある町。

 

そうそう!

もともと下北沢屋根裏だった場所には、

ろくでもない夜というライブハウスができていて、

そこは、もともと店長だった内田さんがいて。

 

この日挨拶しにいきました。

 

なぜなら、、

小樽のTWO-nothing

がライブだったのです!

 

ちょうど、銭湯に彼らはいってしまっていて、

会えなかったのですが、

なんだかうれしかったなあ。

 

ポスターも貼ってくれていました!

 

 

これもうれしかったなあ、、

 

下北沢は、やっぱり下北沢だった。

大好きだ。

 

またきます!

 

最後に。

 

 

 

またね!

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

花男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。