胎話士•未来見基のミラクルフロー!〜生きる力を伸ばす智慧遊び胎話と胎響学を世界に〜

未妊・マタニティ・出産・産後・クライシス
流産・死産・アトピー・未婚・自己実現で悩む
すべての大人に「ライフレッスン」!
いのちに刻まれた胎教の修正を
いのちとの“胎話“で豊かな人生と笑顔に、、。
ミラクルフローへ、ようこそ!

セッションの問い合わせは、胎話士・未来見基へ←クリック

ママと赤ちゃんをつなぐ胎児との胎話を行って、しあわせの架け橋に!!
お腹の赤ちゃんと話すベビートークリーディングセラピスト講座
↑クリック↑ 
母子と女性のグループヒーリングハウス「Anmaの家」 支援仲間に!!
↑クリック↑

「胎話コミュニケーション 」
胎話の世界は、特別で特殊な世界ではありません。
摩訶不思議な世界ではありません。オカルトでもありません。
誰の中にもある、“感じ合う心”・“響きあう心”です。

自然を愛でるココロ、感じるココロ、つながるココロで
いのちと触れあうと、心に響いてきます。

全てのものに、いのちが宿っていることを感じあって、、。
向き合ってみると。

生きとし生けるものは、みな心が通じあいます。
いのちが響いています。
人であれ、草木であれ、花々であれ、動物であれ、石であれ、、。

何か心に通じあうものがある。
何か心に感じあうものがある。

私たちの中にあるネィテイヴスピリット。
ネイティブコミュニケーション。

それは、言葉を超えた共振共鳴、響きあう感覚との対話
ダイアログコミュニケーション。
すべての生命の土台はつながり、そして響きあっている。

それが“胎話”の世界。
特別の世界ではありません。


胎児とのコミュニケーションの世界だけを指すのではありません。

自然を感じ、自然に触れ、
地球を感じ、宇宙という時間の流れの中で

つながりあって生きているという感動が
すべてはひとつである感動が
私たちの中にもともとあるスピリットを呼び覚ますことでしょう。。


私たちの意識環境を整えることで、生きやすさを取り戻すことでしょう。
自分を感じることから、自分を愛する、素直になることから
「胎話」の世界が広がります。

胎話は、「対話」を超え、意識と体で感じる感覚コミュニケーション遊び。

すべてのものが すべてのいのちが 情報を発しているのです。
あなたに語りかけているのです。
そう感じて、いのちと向き合ってみてください。
すると、その語りかける“いのちの声”を感じるかもしれません。
発見があるかもしれません。気づきが訪れるかもしれません。



魂の目覚めが起こるかもしれません。生きる力を伸ばす智慧遊び、それがMIKIMIKIの胎話です。






テーマ:


参加されたみなさんの深い氣付きと
刺激がある
上映会&トーク会のぶっちゃけBar

ドキュメンタリー映画
「ベイビーズ」をみて
子育てや自分自身の
悩み、疑問、怒りを
ポストイットに吐き出して
ボードに貼り付け行う

「かみさまとの胎話」

これがなかなかいい!

胎話やコーチング学んだ
セラピストでもあるコーチの卵たちが
紙を選び、紙との胎話しながら
氣付きを深めていく。

紙に顕れた様を自身のことと捉え
リーディングしていく

そのリーディングが紙に書かれた人にも
刺激ある氣付きがもたらされ
意識や肩の重荷がとれ
解放されてゆく。


ただぶちまけるのでもなく
わかちあいをするだけでなく
問題で立ちふさがった自分を超えていく
キッカケを手にされていきます。


毎回やって良かったな~!
と思います。

次回は6月お楽しみに~!


感想をいただきました。
ありがとうございます!
{16E8D718-40D1-42DC-A6D5-66E2047FDDF9}

{A578E817-3F8F-415A-8CD6-7DD09E1EC08E}

{2B086429-42FC-4CCF-BBCA-2BB47818FB2A}

{C895F1A6-6F47-4919-AE43-E073DA275E9B}

{8947F2FE-D83D-4D9D-9CBC-256BFA55507D}



「もう一人子どもが欲しい、産みたいと思いました。触れあえる時間を大切にしたいと感じます。」


「映画を観て、今子育中の方に観てもらいたいと思いました!!」


「子供はみんな純粋で自由なんだなと思いました。それと同じように親も純粋に子供と向き合っていけたらいいなと思いました。」


「育て方の違いは少しずつそれぞれあるけど、子どもの成長の仕方はどの国も同じだなと思いました。自分の子どもが小さい頃と同じだなと思い、とてもほほえましく見ました。」


「自分の子どもが小さい時のことを思い出した。子育ての環境がかなり違うなと思った。」


「赤ちゃんがとてもかわいくて、懐かしく感じました。」


「子どもの生命力の強さ、母親の偉大さ、環境の大切さが身にしみました。」


「アフリカの生活には憧れるけど日本の生活も手放せない。毎日いろんな事に気にしながら生きている事を気付けて、心が少し軽くなったような気がします。」


「映画を観て、自分の子どももこうだったなぁ。と懐かしく、ほほえましくみてしまいました。その時は育児に手一杯で少し余裕がなかったことも思い出しました。国や環境は関係なく、子どもの生きる力を感じました。」


「子どもを出産した時に嬉しかったこと、12歳の頃のとてもかわいくて無邪気だった頃を思い出しました。子供にもっと優しくなろうと思いました。子供との時間をもっと作ってあげたいです。」


「いのちってたくましくて愛しいなぁと改めて感じました。「ここにある」だけでありがたいなぁって。」


「子供の元々の力強さを感じる映画だと思いました。小さい子供は、今は自分にはいてませんが、大きな子どもが居る私でもそのままでいい。いろんな考えがあり、色んな子供、親、大人がいるって事がことがわかったような気がしました。」


「子供の行動に意味があることに改めて気付きました。」


「生まれ育った地環境が違ってもみんな同じで、子どもに対する愛も同じ。
子どもの成長する喜びを再度思い出せて、子育ての楽しさを思い出しました。
今、まさに赤ちゃんを育ててい親の方に見てほしいと、すごく思いました。」


「子ども育てることに対して今まではちゃんと育てないととか、しっかり育てないととか色々と教えていかないとと、などと考えていましたが、映画を観て子どもたち(赤ちゃん)の生きる力を信じて、愛して触れ合っているだけでいいんだと思いました。

どこの国の赤ちゃんも好奇心旺盛なキラキラの目をしてて、本当に可愛くて、もう1度赤ちゃんから育てたいと思いました。」



「毎日の生活の中で「こうしなくちゃいけない」と自分に決まりをつけすぎていました。
自然体が1番だと実感しました。」



「子どものありのままの個性が、この息苦しいほどいろんな情報や人との関わりの中でも、生き生きと自分らしくいられるような、本当の自分を見失うことなく生きていきたいし、また自分の子供たちにも人の目や世間体ばかり気にする人間にはなってほしくない。

育児に対して自信を持って子どもと向き合って、そこで起こる全ての現象(イライラ、戸惑い、不安)を丸ごと受け入れていく。」



「全てのあかちゃんの笑顔に癒されました。本能のままに生きている赤ちゃん、それはどこの国のどこの環境の中でも生命というものを感じることができました。

そしてそれぞれの国の考え方育て方の違いは面白くもあり、新しい発見があったりしましたが、国が同じでもいろいろの育て方があり、人それぞれの育て方があるのだから、あまり縛られるのは良くないと考えさせられました。」



「いろんな環境の中での子育ての仕方があることにリアルな映像を通じて教えられたと思います。

私は自分の子どもに「服が汚れるから○○はしないで!!」とか、「大怪我をしたり頭を打ったりしたら大変だから○○するのをやめて!!」と、口うるさくよく言っていたので、そんなことにこだわっていたらダメだなぁ…。
力強くたくましく育っていく子どもの側で見守っていくことの方が大切だということに気づけたように思います。」



AD
いいね!(25)  |  リブログ(0)

テーマ:

育児の悩み
人生の悩み
女の悩み
などなど

悩みをぶっちゃけよう!


爽快•痛快•豪快に
悩みが喜びに変わる
快感ライブ!?




ぶっちゃけBAR 
vol.2
映画上映会&トークライブ

主催 チームYES



映画『ベイビーズーいのちのちからー』上映後、
未来見基(MIKIMIKI)のトークライブがあります。

☆場所  
大阪府四條畷市(しじょうなわて市)
のとある場所

ご連絡下さいました方に
ご案内いたします。




☆開催時間

☆参加費
予約  3000円
当日  3500円

「ベイビーズ」は、世界4ヶ国の赤ちゃんの生まれてからの1年を追ったドキュメンタリー映画。

日本も含めたそれぞれの国のそれぞれの育児に触れることで、新鮮な気づきや発見があるかもしれません。

前回の上映会も、好評でした。

まだ見たことのない方は、
是非見ていただきたい映画です!

見たことある方も、見るたびに
新しい発見のある映画です。
何度もどうぞ!


また、トークライブでは
みなさまのぶっちゃけ話を交えての
おもしろトークです!

今回は未来見基さんがゲストとして
来てくださいます。

きっと、笑いとともに
気づきや解放が起こることと思います。

貴重な機会となりますので、
是非足をお運びください。

今回、会場の都合で
公への告知制限がありますので
場所など詳細は
ご連絡いただきました方に 
ご案内いたします。

お知り合いの方々に
開催告知のご協力を宜しくお願いします。


申込みや、質問があれば
主催チームYES
まで。


どうぞ宜しくお願いします!




AD
いいね!(15)  |  リブログ(0)

テーマ:
そもそも私の伝えている「胎話」
「胎話コミュニケーション 」について
お話いたします。

「胎話」は、
お腹の赤ちゃんと話すことだけではありません。

そして
胎話の世界は、
特別で特殊な世界ではありません。
摩訶不思議な世界ではありません。
オカルトでもありません。

誰の中にもある
誰でも自然に行っている
“感じ合う心”・“響きあう心”で
コミュニケーションしています。

みなさんの生活の中で
自然を愛でるココロ・感じるココロ・つながるココロ
それらを大切していのちと触れあうと、心に響いてきます。

全てのものに、いのちが宿っていることを感じあい
向き合ってみると。

生きとし生けるものは、みな心が通じあいます。
いのちが響いています。

人であれ、草木であれ、花々であれ、
動物であれ、石であれ、、。

何か心に通じあうものがある。
何か心に感じあうものがある。


私たちの中にあるネィテイヴスピリット。
ネイティブコミュニケーション。

それは、言葉を超えた共振共鳴、響きあう感覚との対話
ダイアログコミュニケーション。


すべての生命の土台はつながり、そして響きあっている。
それを土台にして、ネイチャーコミュニケーション。

楽しく楽しく命が笑いあい
魂が活き活きと和してゆく

それが“胎話”の世界。

特別な世界ではありません。
胎児とのコミュニケーションの世界だけを
指すのではありません。

自然を感じ、自然に触れ、
地球を感じ、宇宙という時間の流れの中で

つながりあって生きているという感動が
すべてはひとつである感動が
私たちの中にもともとあるスピリットを
呼び覚ますことでしょう。。


私たちの意識環境を整えることで、
生きやすさを取り戻すことでしょう。

自分を感じることから、自分を愛する、素直になる
自分を大切にすることから
「胎話」の世界が広がります。

胎話は、「対話」を超え、
意識と体で感じる感覚コミュニケーション遊び。


すべてのものが すべてのいのちが 情報を発しているのです。

あなたに語りかけているのです。
そう感じて、いのちと向き合ってみてください。

すると、その語りかける“いのちの声”を感じるかもしれません。
発見があるかもしれません。気づきが訪れるかもしれません。


魂の目覚めが起こるかもしれません。
生きる力を伸ばす智慧遊び、それがMIKIMIKIの胎話です。

「胎話」するということは、
特別な能力ではない。怪しい世界でもない。

響きあう感覚を楽しく遊び、
そして
いのちが和してゆく道にむかう
「おはなしあそび」。

声が聞こえてくるとか、そういう怪しげな世界だけではなくて、
何となく”察する”という心があるのではないでしょうか。

この人今、何思っていているのかな~。
何か悲しいことがあったのかな~とか、
なんとなくこんな感覚が伝わってきたな~とか。

そういう察する心をもっていると、
なんとなく響いてくる。

説明のつかない感覚です。

そして
本当にそうなのかどうかも実証もできません。

それにあたっているとかあたっていないとか
善悪でも正しいか間違っているかの裁きを下すものでもありません。

人は
見たいものを見たいように
聞きたいように聞き
知りたいように知る生きものです。


感じた人の次元や世界観や意識や体験によって
受け取り方も感じ方も伝え方もまちまちです。


この身体や心に響いた感覚、五感を言語化し話していくものが胎話。

胎話は、直観との対話であり、潜在意識との胎話。

「かもしれない…」という
コミュニケーションであることを忘れてはいけません。

胎話は、意識や心や体に、
何となく感覚が広がってくるものを言語化したもの。

誰も真偽は証明できないけれど、でも確かに
感じてくるもの。

胎話、それは胎児との話すことだけをいうのではありません。
「胎話」
それは目の前のあらゆるものものと、超意識で直感と体感覚で受け取り
それらを言語化したコミュニケーション遊び

それは、潜在意識との対話であり
それは、魂との対話であり
それは、感情との対話であり
それは、体との対話であり
それは、臓器との対話であり
それは、子宮との対話であり

それは、インナーチャイルドとの対話であり
それは、サブパーソナリティとの対話であり
それは、両親との対話であり
それは、先祖との対話であり
それは、自分の過去の履歴との対話であり
それは、土地との対話であり
それは、植物の対話であり
それは、いきものとの対話であり
それは、生命との対話であり
それは、地球との対話であり
それは、宇宙(そら)との対話であり
それは、歴史との対話であり
それは、未来との対話であり

ありとあらゆるものとの「感覚コミュニケーション遊び」

目の前のいのちと向き合って話をする対話という表現では
それを伝えるのができないと感じ、

すべてはつながっているということを文字で表したくて
すべてのものがつながりあう土台の上で循環している
この宇宙の真実といのちの法則のことを表せる

また人間という土台のはじまりを迎えた胎児を指す
「胎」という文字に重ね

私が「胎話」という言葉にして
使いはじめました。

でも、世間では
いつのまにか胎話に、「胎」というものをつかっているので
お腹の赤ちゃんと話すというブランディングができてしまいました。

それは、それでよかったと思っています。

そして、多くの方が たいわ をすることや 
同業者もたくさん現れました。

私は地道に草の根活動をしているので
これまで胎話のことを語ってきませんでしたが
そろそろ話し始めようと思っております。


胎話をすることで
その人のいま生きている足元の生活の基盤が整え始め
その人の持つスピリチュアリティさが高まり磨かれていきます。


スピ系に目覚めるひとや好きな人たちは
地に足つけた生活や実生活が弱かったり
特別な存在となりたかったり
自己承認をしてもらいたがったり
そんな方たちが多いのも実際のはなし。


ですが真なる「胎話」を重ねてゆくと
自分自身のバランスを保つことができ
自身で道を拓くことができ
自由自在となり

自分の実生活のみならず
自身の霊性さも神性さも
自然と高まり能力も開きます。


メッセージをうけとることよりも
自身の生活で自身を活かすことが大切です。

たとえメッセージを受け取っても
そのメッセージを活かして生活で繁栄し
自分を幸せに導いてください。


本来人にメッセージをもらわずとも
私たちは生きていけます。


声が聞こえたり
ビジョンが視えたり
オーラや前世が見えたり

そんなことができても
人としての交流や生活ができずにいたら
意味がありません。

自分といういのちが自分で楽しく笑いあえるよう
自分と和して、自分を活き活きと生きることができるように

私が私を救ったのが「胎話」というコミュニケ―ションであり
最高の究極の悟りを得るセルフコーチングだっただけです。


「生きていてよかった」

生きてこそ、、。


どんな環境でも生きることは楽しい
それを私が味わうために始めたコミュニケーションだったのです。

AD
いいね!(29)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。