前のブログでもご紹介したが、今年の墓前祭には馬英九準総統がこられ、ご挨拶をされた。

その原稿(馬英九オフィス作成)が手に入ったので、ご紹介させていただく。(原文は中文、翻訳は当ブログ管理人)


200858日墓前際の馬新総統 あいさつ原稿翻訳

注意;この翻訳文は、馬新総統のあいさつ原稿の翻訳で、実際のあいさつとは多少異なる部分があります。

本日、私達は今日この場で、一人の台湾の農業と水利の友人「八田與一」先生を偲んでいます。

八田先生は石川県金沢市のご出身で、若干24歳で台湾にこられ、十年の歳月を全身全霊かけて烏山頭ダムと嘉南大しゅうを完成されました。嘉南大しゅうは1930年に完成し、当時、世界三大水利工事の一つでした。八田先生の設計された自然重力をうまく利用した水利系統で、ダムを中心として水を南北に分配し灌漑面積を広げ、農産物の収穫高を三倍にしました。

完成後から80年、土石を中心にして作られた灌漑系統とその運用によって、世界の北回帰線上では唯一成功した大型灌漑区となっています。(補足:世界中で北回帰線上のほとんどの地は、砂漠化している)このことから、私達は八田先生の貢献のみならず、嘉南農田水利会の歴代会長、職員の皆様の絶え間ない経営により今日ここに毎年の豊作が見られるのです。

台湾の水利工事は戦前にすでにしっかりとした基礎が出来上がっており、終戦後は、新しく石門ダム、曽文ダムが建設され、台湾の経済発展に大きく寄与しました。嘉南大しゅうは、水利工事の模範ということだけではなく、地面を痩せさせない(三年輪作をさすと思われる)という先駆的な管理手法をとり、1930年代には耕地面積が三倍になり、その収穫高も三倍となったというばかりではなく、降雨量の少ない北回帰線地帯に水源地帯を作り上げた。これは傑出した水利工事作品であると同時に、地形とうまくマッチさせた天然紀念シンボルだとも言えます。

台湾の日本時代(馬新総統は植民地時代と表現)での水利工事は、日本政府の政策の一環としてのものであり、総督府の主目的は台湾農民の豊かな暮らしを目指したものではなかったが、この水利工事は傑出した工事であったことは確かであり、同時に八田先生のまじめで創意には私も高く評価しています。それは、八田先生は仏教の信者であり、仏の前では人は皆平等であるという信仰から、台湾人も平等に扱いました。これは植民地の政府官吏としては真に尊い行為であります。

国家のリーダとして、私は常に目の前の挑戦に対して答えを出していくかを考えております。同時に後世に残る記念的値のある資産を残していけるように、台湾のすでに発展した産業の逆副産物といえる、農地の休耕田や水源の有効分配の問題、そして地球規模の温暖化問題に対する二酸化炭素排出問題などに対して真剣に取り組みたいと考えています。今月の総統主任後には、関係部署に対して、高度な国家発展計画という観点から、嘉南平原の植林振興案、農業推進による自然環境の改善などが嘉南大しゅうの使命として指示していきます。

台湾は、人情味のあふれる土地です。八田先生は青春と英知を嘉南平原に注がれ、毎年58日には私達は墓前際を行ってきました。これからも嘉南平原が水で潤されている土地であって欲しいと思いますし、八田先生の墓前祭が台湾と日本の人民の交流の架け橋であってほしいと願っています。

以上


実際の挨拶では、「私は、マーエイキュウです。どうぞよろしく。日本語はここまでです。」という日本語で始まり、馬氏は原稿を見ずに挨拶をされた。

実際の挨拶の内容に関しては、まもなく、録音されたものが手に入りますので、折を見てご紹介させていただくことにする。


AD

今回の八田技師墓前祭の前日にも、奇美博物館 を見学、そして奇美の社員食堂にて許文龍 氏の歓迎晩餐を頂戴した。

三年前にも、許文龍氏が私たちに紹介してくれたのが、浜野弥四郎 技師である。許文龍氏は、台南県の山上郷の水源地に八田與一技師が中心になって作ったと記録のある浜野弥四郎技師の銅像が、台座しか残されていないのを発見し、許文龍氏自らが、彫刻→胸像を作られた。胸像のひとつは奇美博物館に飾られ、ひとつは浜野技師の出身地である成田市に寄贈したいと許文龍しの手元に保管されている。


二年前から、成田では有志の方が、許文龍氏のお気持にお応えしようと胸像の受け入れを進めてきたらしいが、問題があって滞っているらしい。

寂しい顔をされながらお話しする許文龍氏を見て、むなしい思いがし、日台関係に大変お力を入れていらっしゃる東京の友人に電話をし、状況をご報告した上で、友人からは再度動いてみるとの返事をいただきました。



AD

■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル■

胡錦濤主席を問いつめた安倍前首相

伊勢雅臣
■転送歓迎■ No.1439 ■ H20.05.12 ■ 9,794 部 ■■■■■■■


5月8日朝、訪問中の胡錦濤主席と中曽根康弘、海部俊樹、
森喜朗、安倍晋三の歴代首相4人との朝食会がホテルニューオ
ータニで開かれた。小泉純一郎元首相は「おれが行ったら、胡
主席は来ないんじゃないか」と周囲に漏らしており、姿を見せ
なかった、という。その一徹さは良い。

胡主席は「みなさんとお会いできるチャンスを得て大変うれ
しい」と、にこやかに謝意を表明したが、安倍前首相の発言で
雰囲気が一変した。その発言の要旨は次のようであったと報道
されている。[1]

戦略的互恵関係の構築に向け、相互訪問を途絶えさせな
い関係をつくっていくことが重要だ。国が違えば利益がぶ
つかることがあるが、お互いの安定的関係が両国に利益を
もたらすのが戦略的互恵関係だ。問題があるからこそ、首
脳が会わなければならない。

これは、小泉元首相の靖国参拝をめぐり中国側が首脳交流を
途絶えさせたことを暗に批判したものだった。安倍前首相は、
さらにこう続けた。

私が小学生のころに日本で東京五輪があった。そのとき
の高揚感、世界に認められたという達成感は日本に対する
誇りにつながった。中国も今、そういうムードにあるのだ
ろう。その中で、チベットの人権問題について憂慮してい
る。ダライ・ラマ側との対話再開は評価するが、同時に、
五輪開催によってチベットの人権状況がよくなったという
結果を生み出さなければならない。そうなることを強く望
んでいる。

会場には緊張感が走り、出席者はみな一様に黙り込んだが、
安倍氏はさらにウイグル問題にも言及した。

これはチベットではなくウイグルの件だが、日本の東大
に留学していたトフティ・テュニヤズさんが、研究のため
中国に一時帰国した際に逮捕され、11年が経過している。
彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放され、日本に帰っ
てくることを希望する。

胡主席は「私はその件は知らないので、正しい法執行が行わ
れているか調べる」と返答したが、チベット問題については触
れようとしなかった。

こういう公式の場で、チベットのみならず、ウィグルでも同
様の人権問題が起きていることを提起した安倍前首相の功績は
大きい。

ちなみに日中共同声明では、歴史認識問題はあまり触れられ
ず、日本の戦後の歩みが評価されるなど、親中派の福田首相の
もとでまとめられた文書としては「意外に」健全な内容となっ
ていたが、これも産経新聞社・阿比留瑠比氏のブログによれば、
「『日中共同声明』はほとんど安倍内閣の遺産」[2]との由で
ある。改めて安倍氏の功績に敬意を表したい。

また、胡錦濤主席が訪問した先々で、「フリー・チベット」
を叫ぶ人々の姿がテレビでも報道されたが、これを見て、世界
の人々は、日本はこんな時期に胡錦濤を迎えたが、言うべき事
は言っている、という印象を持っただろう。参加された皆さん、
ありがとうございました。

■参考■
1. 産経新聞、H20.05.0「胡主席と歴代4首相の朝食会一変 『チ
ベット人権憂慮』 安倍氏発言に緊迫」、東京朝刊、5頁
2. 阿比留瑠比「『日中共同声明』はほとんど安倍内閣の遺産」
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/570929/



相手を気遣いながら、言うことは言う。

さすが、安部前首相・・・・

先日、李登輝氏は、国のトップがしっかりしないと、国民はもどかしくなるといっていたが・・・

この朝食会、媚中の福田首相はどう思っただろうか。

AD