今日から社員旅行

テーマ:
今日から一泊二日の予定で社員旅行・・・
台湾の会社の社員旅行は、日本の会社と違って家族同伴。
でも、家族の費用分は自己負担。
行き先は、花蓮海洋公園

28日には皆とは別行動、朝の飛行機で帰ってこなければならない・・・
日本からのスタッフを桃園空港へ迎えに行き、そのまま会議。
28日から3月6日までは、書き込みができるかわからない・・・。

5日には、「加賀屋」の会長・女将をお連れして、李登輝氏と面会。
その時に今回のことも聞いてみたいな。
AD

扁宋會←李登輝氏

テーマ:
(写真:台湾東森新聞 2月26日)

李登輝前総統が声を荒げて、陳水扁の行動を非難しましたね~!

昨日は、「鬼をつかみに行って、鬼に捕まった。」という表現だけで、それ以上のコメントは避けていましたが、今日は声を大にして扁宋會の声明を非難しました。

激怒の内容
国家の総統が小さな一党の主席と何を共同声明してるんだ!まるで国家の元首同士が声明発表しているように・・・(怒!)
台湾人の尊厳を無視して何をやっているんだ!
臺灣の主権をどう考えているんだ!

本日の午前、國賓飯店での模様がニュースで流されていました。
昨日は十分に寝ていなかったのか、髭を剃らずにそのまま出席したようです。
記者からは、「髭も剃らずにどうしたのか?」と聞かれていましたが、「これも悪くないだろ」と軽く流していました。
李前総統は、旧正月前から少し体調を崩しており、私がお会いした2月初め頃には寝不足で調子が良くないとおっしゃっていました。

李氏と阿扁の関係は、二年ぐらい前から少しずつずれが出てきており、それと同時に民進党自体にもギクシャクした流れが出てきていました。

明日は元アメリカ大統領のクリントンが臺灣に来ます。
阿扁は、クリントンに頭をナデナデされたかったのかな?
日本への観光旅行希望を出しているが・・・私の今の感情は複雑だ。
日本にきたら、大講演会でもやって今回の声明を日本人の前で発表してみたらいい!
多くの日本人が声を大にして言うであろう・・・「切腹しろ!」ってね。
AD
今日は気分が悪い・・・
今天心情不好・・・

台湾 親民党と与党協調 主権や対中政策など合意
【台北=河崎真澄(産経新聞)】台湾の陳水扁総統は二十四日、台北市内で第二野党、親民党の宋楚瑜主席(党首)と会談し、二〇〇八年五月までの総統任期内に「独立宣言せず現状維持する」など、台湾主権や対中政策に関する十項目で合意した。与党側は昨年十二月の立法委員(国会議員)選で過半数に達せず、陳政権は与野党間の対決路線からの脱却をめざし、政策協調の道を探っていた。
両者は合意文書で、陳総統が任期内に「独立宣言」「国号改称」「独立を問う住民投票」「中台二国論の推進」を行わず、宋氏がこれを支持することを明記した。また、「中華民国憲法」の順守と中台間の「現状維持」で共通認識を得た。台湾住民の大半や米国など国際社会が求める「現状維持路線」を強く意識した。
両氏は中台の「三通」(通信、通商、通航の直接開放)で最後まで残された「直行便」の解禁に向けた対中協議の推進でも合意。一方で、防衛力強化の武器調達でも合意しており陳政権が立法院(国会)に提出した米からの潜水艦調達など六千百八億台湾元(約二兆円)の予算案では協力する姿勢も示した。
陳政権の「新憲法」制定をめざした台湾本土化路線では“後退”とも受け止められる合意だ。しかし昨年十二月の選挙の結果、立法院(定数二百二十五議席)で与党側は過半数割れの百一議席しか獲得できず、政局安定に向けた現実的な判断をしたものとみられる。
一方で親民党は、同選挙で十議席減の三十四議席となり、十三議席増となった最大野党の国民党(七十九議席)との共闘では不利な立場に追い込まれており、陳政権との政策協調という戦略に出た。(産経新聞)


日本政府もだらしないが・・・陳総統夫人のビザも観光目的ならいいとか、また中途半端なことを言い出して・・・困ったもんだ。
台湾総統陳水扁!も、困ったもんだ。総統選挙の公約は何だったの?
立法院選挙も総統自身が揺れるから、台湾全体が揺れてしまって、数的に敗北したのではないの?
そして、宋陣営と協調路線?
なんだか昔々・・・日本にもあったけど。そして村山首相が誕生したよね。それをまねて、親民党を消滅させるということなの?
単に国民党の馬軍団を押さえ込みたいから?
いったい何をどうしようと考えているのだろうか・・・?
頭脳明晰?阿扁だから、机上の作戦はあるのだろうが、組織は生き物であり、国家そのものが生き物であるから、机上の作戦だけでは・・・・
賢者は歴史を以って事にあたらねば・・・

昨日は、李登輝氏はノーコメント。
今日は、独立派からは雨嵐の抗議の電話がなっているらしい。
AD