台湾観光のブログ

「台湾観光月刊」は台湾の観光地・文化を始め、
イベントや業界情報まで富んだインフォメーションをお届けしております。


テーマ:


文/編集部 写真/陳正国、各温泉ホテル


台湾は地熱資源が豊かで、現在までに百ヶ所以上の温泉が発見されているうえ、泉質、湧出量に優れ、種類も冷泉、熱泉、濁泉、海底泉など様々あり、世界でも有数の温泉地帯とされる。台湾各地の温泉はほとんど風光明媚な山地にあるので、温泉に入ると同時に、都会の喧騒を忘れて、すがすがしい自然の環境の中で、ゆっくりと湯浴みの旅を楽しめる。



金山 出霧温泉
陽明山の山麓に位置する出霧温泉は、三年の歳月をかけて新北市金山区山城路上にオープンした。陽明山国家公園や八煙聚落に接し、渓谷に沿って建造されている。俗塵を離れ、静謐なる緑の山間に身を委ね、四季の移ろいを楽しみたい。


出霧温泉は専属の源泉を擁する。泉質は台湾では希少な弱アルカリ性硫黄泉で、多彩な鉱物を含み、美肌・美顔効果があるという。32℃と55℃と異なる泉温が用意されているので、好みに応じて原湯を楽しみたい。全館に28室の個人浴室と男女大浴場が用意されている。そのうち「河谷風呂客室」は屋内と屋外双方に湯殿をもつ豪華版。店内には、おまかせ料理の料亭とビュッフェレストランが併設され、50人から100人の宴会も可能だ。


Add:新北市金山区山城路82-3号
Tel:+886-2-24080666
Web:www.tsuwu.com.tw


陽明山 陽明山天籟渡假酒店


陽明山国家公園そばの陽金公路沿いに位置する温泉リゾート。各室に浴槽をそなえるほか、プライバシーが保護された風雅な個人浴室を具える。なかでも第二館の「風雅浴室」は、上質な原湯かけ流し風呂が日頃のストレスを一掃してくれるだろう。


店内には北部台湾最大、二千坪近い湧泉楽園が設けられている。PH5-6の清浄な弱酸泉で、原石を切り出した広大な湯殿が爽快だ。夏季には冷熱交換原理で18℃に冷ました冷泉風呂も用意され、四季それぞれの湯浴みが楽しめる。

Add:新北市金山区重和里名流路1-7号
Tel:+886-2-24080000
Web:www.tienlai.com.tw


北投 麗禧温泉酒店

北投温泉郷の高所にたつ。陽明山国家公園に隣接し、1920年創建の史跡「北投文物館」のすぐそば。まさに絶好の立地で、北投温泉の文化や歴史に興味がある方には最適。台北101ビルで知られる台湾の名建築士・李祖原の設計により、原木と石材が天然の植栽のなかに見事に組み合わされている。 


店内には66の客室と8つの個人浴室のほか、欧風・中華レストラン・露天風呂・SPAなどの施設がそろう。各室とも16坪以上と広々とした空間を擁し、山林の眺望も素晴らしい。露天風呂はしっかりとプライベートが保護され、潤いのある白硫黄温泉を楽しむことができる。


Add:台北市北投区幽雅路30号
Tel:+886-2-28988888
Web:www.gvrb.com.tw


北投 北投老爺酒店

MRT新北投駅から徒歩わずか1分という交通の要衝に位置し、北投の各観光スポットや陽明山へのアクセスも至便。台北市内から公共交通機関でチェックインできる希少な温泉リゾートだ。

店内は北投のシンボルもいえる「泉」と「石」を元素とし、シンプルかつ静謐なイメージで統一されている。健康生活がコンセプトで、一人ひとりの体調に応じた療養コースを設けている。北投ならではの白硫黄温泉を満喫したら、身体適応課程やSPAアロマコースを体験してみたい。同店経営の北投健康管理医院では、専門の医療チームが健康検査や医学美容のサービスを提供している。まさに健康と美容を兼ねた湯の里である。 


Add:台北市北投区中和街2号
Tel:+886-2-28969777
Web:www.hotelroyal.com.tw/beitou/



北投 春天酒店

北投温泉郷の幽雅路上にあって、周囲を緑の山々に囲まれている。天然の白硫黄泉の原湯が自慢で、泉質は極めてなめらか。人肌に優しい弱酸性で、乳白色を呈することから、ミルク湯・美人湯などと珍重される。客室・浴室ともに美景を取り入れた窓の配置が素晴らしい。浴室の備品から室内の照明、ベッドの材質まで春天酒店ならではの配慮が行き届いている。とくに浴槽は当地特産の観音石とヒノキを組み合わせた逸品として知られる。

屋外に足を向けると、SPAプール・親子プール・ジャグジー・フラワーバス・石板風呂・超音波プールが緑の中に配置され、手軽に露天浴が楽しめる環境になっている。

Add:台北市北投区幽雅路18号
Tel:+886-2-28972345
Web:www.springresort.com.tw


北投 熱海大飯店

1972年創業、MRT新北投駅に近い老舗ホテルで、台湾政府交通部観光局から三つ星を獲得している。265室を擁し、料金も手軽なことから、団体客の利用も少なくない。

大浴場でも浴室でも、潤いのある白硫黄湯を体験できるのが人気の秘密。浴槽つきの客室は和風の趣きが施され、浴衣も用意されているので、日本人旅客にも定評がある。大型宴会場は自在に仕切られ、多様な個室を演出できる。一階の栄華庁では定時に歌手のライブがおこなわれ、かつての流しのようにリクエストもできる仕組みだ。


Add:台北市北投区光明路258号 
Tel:+886-2-28915161  
Web:www.atamihotel.com.tw


北投 北投南豊天玥泉温泉会館

台北市近郊、新北投温泉郷の真っただ中、MRT新北投駅から徒歩三分という絶好のロケーションを誇る。緑に包まれた百年北投公園に対面し、雄大な自然と悠久の歴史を肌で感じる環境だ。

館内は、四つのタイプの21室に400坪を誇る男女大浴場のほか、個人浴室・白硫黄泉池・SPA水療池・スチームルームなど多彩な設備を擁する。温もりのある木質の床が安らぎをもたらしてくれだろう。14室の禅風浴室は御影石を使った典雅なプライベート空間で、採光もよく、最高に心地よい。

Add:台北市北投区中山路3号
Tel:+886-2-28988661
Web:www.tyq.com.tw


烏来 璞石麗緻温泉会館

新北市郊外の烏来温泉郷に位置する。自然の美景を取り込んだシンプルな設計が高い評価を得ている。

細やかな配慮が行き届いた35の客室には、「悦景」「賞渓」「観雲」「聴泉」など、それぞれのテーマにあわせた趣向が施されている。なかでも高い天井をもった「璞石スイート」は独特の風情をもつ。各室とも浴槽を具え、自在に上質の湯浴みが楽しめる。精緻にしつらえられた朝夕の食事も楽しみな温泉リゾートである。

Add:新北市烏来区忠治里新烏路五段88号
Tel:+886-2-26618000
Web:www.pauselandis.com.tw


三峡 大板根森林温泉渡假村

新北市三峡の温泉リゾート。かつての製茶場をリノベーションした変わり種で、園内はマイナスイオンがあふれている。中低海拔の熱帯原生林が広がる敷地には、温泉会館・多目的カンファレンスホール・レストラン・ホテル・登山歩道・会員クラブなどの施設が展開しており、エコツアー・研修・会議・行楽などの目的に対応できる本島北部では希少な温泉リゾートである。


敷地は約17ヘクタールに達し、温泉は地底1,530メートルの個所から湧出している。清冽な炭酸水素塩泉で、美肌効果が高いと名声があるばかりか、自然いっぱいの環境の中で、露天温泉SPAプールなど各種浴場が体験できる。屋外での湯浴みを満喫したら、精緻な設計が施された屋内でほっこり寛ぎたい。


Add:新北市三峡区插角里80号
Tel:+886-2-26749228           
Web:www.dabangan.com.tw


苗栗 泰安湯悦温泉会館

台湾本島西北部、苗栗県泰安温泉郷の汶水渓沿いに位置する。泉質は無色透明で、飲用可。中性の炭酸水素塩泉である。周囲はうっそうと茂った森の中。山腹にしつらえられた木道を登っていくと、桃源郷に身を置いた心地がする。


建物は和風の趣きで、43の客室と16の浴室を擁するほか、露天風呂・ジャグジー・冷泉プール・SPAマッサージプール・原木蒸し風呂・赤外線ヒノキサウナなどのあらゆる施設が整う。客室にはいずれも絶景を望むマウンテンビューのバスタブが配されている。


Add:苗栗県泰安郷錦水村橫龍山45号
Tel:+886-37-941941   
Web:www.tangyue.com.tw



南投 雲品温泉酒店

台湾本島中部の日月潭の湖畔に初めて登場した五つ星クラスの温泉リゾートホテル。湖水に面した側面は全館ガラス張り。刻々と変化する山稜と湖水の美景を一望できる趣向だ。

建築の外観はV字型をなし、シンプルかつ幾何学的な佇まい。211の客室にはすべて一面の窓とベランダ、そして大理石の浴室が設置されている。泉質はPH8.6で、無色無味の炭酸水素塩泉。誰にも邪魔されず、ゆったりと湯浴みが楽しめる。千坪を超える娯楽空間には親水主題館が設置され、SPA水療エリア・プール・煙嵐風呂・室内ジムなど多彩な施設が整う。

Add:南投県魚池郷中正路23号
Tel:+886-4-92856788
Web:www.fleurdechinehotel.com


宜蘭 瓏山林蘇澳冷熱泉度假飯店

台湾本島東北角の宜蘭蘇澳に位置する。台湾で唯一、冷泉と温泉を兼ね備えた五つ星クラスのホテルだ。三面は山を背にして、東は雄大な太平洋を望む。自然の風光いっぱいに温冷の天然泉を満喫したい。


「親水」をテーマに、18か所の屋外冷熱泉水エリア・室内親子水療エリアが設けられているほか、客室にはすべて蘇澳冷泉と希少な炭酸水素塩温泉がひかれている。また、開放的なレストランやバー、そしてジム・ヨガ教室・子供遊び園・多機能宴会ホールなどの施設がそろい、美容SPサービスも完備。行楽にも研修にも適す、宜蘭地区を代表する温泉リゾートである。


Add:宜蘭県蘇澳鎮中原路301号
Tel:+886-3-9966666
Web:www.rslhotel.com

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。