台湾観光のブログ

「台湾観光月刊」は台湾の観光地・文化を始め、
イベントや業界情報まで富んだインフォメーションをお届けしております。


テーマ:

2017台湾美食展 7月盛大に開催

 

 1990年にスタートした「台湾美食展( Taiwan Culinary Exhibition )」は、毎年十万人を超える参観者を集める、台湾飲食業界最大のイベントだ。今年の「台湾美食展」は「繽紛食代」を基軸に「食之芸」「食之器」「食之材」「食之旅」「食之伴」「食之育」という六つのエリアに分かれて、来たる7月21日から24日まで台北世界貿易センター第一館で開催される。視覚と味覚から台湾美食の神髄に接近してみたい。また今年は日本の人気スター速水もこみち氏を来賓として招待することが決定した。会場から美食展見学の様子が実況中継される予定で、料理をつくる心構えなど相互の交流に期待が高まる。

2017台湾美食展
Date: 2017年7月21日(金)-24日(月)
Location: 台北世界貿易センター第一館
Web:
www.tcetva.tw

食之芸

 

 

最大規模を誇るこの展示エリアには、台湾と世界の美食が集結する。台湾各地から集まったコックたちが腕自慢を繰り広げるほか、香川県・山形県・札幌市、そして台湾の客家(ハッカ)、台湾原住民族などがそれぞれ「テーマ館」を設置する。また来年「世界花と緑の博覧会」を開催する台中館は、花を素材にした斬新なメニューが注目される。

【精彩台湾】
「繽紛」は多彩な食材と彩り鮮やかな盛り皿を表しています。国境を越えて台湾・中華・アジア・欧米の料理文化が融合し、コックたちの経験や斬新なアイデアが加わり、台湾美食の世界が構成されています。このコーナーには40軒のホテル/レストランからコックたちが結集し、料理と盛り付けの粋を競います。

【美食の窓】
台湾各地の著名ホテル・レストランの看板メニューが一堂に。シェフの解説も加わり、それぞれのメニューに込められた意義や背景に触れることができます。試食もオーケーです。ぜひ味覚・視覚・嗅覚の饗宴をお楽しみください。


食之器

 

 

器は、美食に欠かせない大切な要素。当エリアでは台湾食器の多様な姿を展示する。台湾工芸の粋を披露するとともに、気鋭の作家たちの作品を通して、B級グルメに新たな風を吹き込む。

【食器台湾】
料理と食器は卓上の主役。このコーナーでは台湾を代表する作家たちが創意を発揮して、高い質感の餐具を披露します。お気に入りがあればその場で購入も可。お家のテーブルのイメージをこの機に一新しませんか。

【小吃大器】
台湾には「小吃」と呼ばれるジャンルがあります。種類は豊富で、台湾人の日常食となっているばかりか、近年は外国人ツーリストにも人気です。このコーナーは台湾の学生たちが、伝統の小吃の「ラッピング」に挑戦します。斬新な食器に盛り付けることによって、庶民の味が華麗に変身。驚きの成果をご覧ください。


食之材

 

 

良い食材がなければ良い料理は成立しない。台湾は豊かな海の幸と山の幸に恵まれ、多様な調理技術が美食の世界を演出している。当エリアでは台湾美食の基本を支える高品質の台湾農漁業畜産品をご紹介する。

【台湾農業】
台湾はトロピカルフルーツのパラダイス。季節に応じ、ジューシーで甘味たっぷりのさまざまな果物が実ります。また野菜は、種類も豊富で品質も年々向上しています。一年を通じて市場には新鮮で栄養豊富な緑の食材が並びます。このコーナーでは台湾が誇る農産品や加工品をご紹介します。

【漁業精品館】
台湾は百年余にわたる養殖の歴史があります。現在ではバイオテクノロジーやIC技術を導入し、高付加価値の産業に発展しています。取り扱う水産物の種類も増え、栄養価も高くなっています。本館では最新の情報がゲットできるだけでなく、試食コーナーも用意されています。


食之旅

 

 

旅の途上の美食がテーマ。中でも「鉄路弁当(駅弁)」は大切な要素だ。台湾鉄路局、高速鉄道に加え、日本からも鉄道各社が参加し、恒例の「駅弁祭り」を開催する。また今年は、庶民の美食街のほか、サービスエリアを彩る台湾各地の高速道路の美食が集結する。

【バス旅行】
美食発掘は「台湾旅行」最大のお楽しみです。台湾各地を巡る台湾観光バス・台湾好行バスをご利用の際に役立つ人気スポットと各地の美食マップ。旅のお供に欠かせない情報が満載です。

【庶食小吃】
「小吃」は台湾社会の発展と庶民文化の指標の一つです。このコーナーでは首都台北および台湾各地の小吃を一挙にご紹介。新しい台湾の一面が発見できることでしょう。

食之伴(土産物)

 

 

土産物はその土地の食文化の延長であり、また贈り主の気持ちの表現でもある。当エリアでは台湾各地の自治体や業者が、自慢の商品を直販し、台湾のお土産文化を世界に向けて発信する。

食之育

 

 

昨年に続き「食育」がテーマ。今年は「惜食(食を惜しむ=もったいない精神)」の普及を目指す。公共冷蔵庫を設置し、各展示ブースで余った食材、調理済みの食物を集め、「惜食」の精神に則り華麗に変身させる構想だ。「親子廚房」は、暮らしにおける実践と習慣を親子で学ぶコーナー。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。