テーマ:

オウム真理教の地下鉄サリン事件関係の裁判が全て終了し、死刑囚13人が今後執行されるのを待つのみとなったが、


イエスと十二使徒のような感じで、オウム死刑囚の死刑執行が完遂されると、何か起こるんじゃないかと期待する人もいるかもしれない。

しかし、そんなことは何も起きない。

十二使徒は全員が処刑されたわけじゃないから。ヨハネは殉教していない・・・

 

AD

脳の今後の進化

テーマ:

社会的協調性

性善説

蟻など下等動物での集団的行動

性悪説

もっと原始的な活動での自己中心的行動

二分神時代の人類



大脳皮質の発達

高度な認知機能

時間の認識

将来への予測

ドパミンなどの神経伝達物質の乱れ幻覚、恐怖、不安、認知機能の変動



前頭前野の発達

言葉の発明

文字の発明

書字の習慣化

ワーキングメモリーの発達

作業記憶の発達

心の理論

他者の考えを予測

他者を騙す現象

やがて自分自身を自覚し思索する現象



脳や精神現象の今後の進化、行く末



見当識

場所


時、過去と未来と現在の認識、未来への予測

人、心の理論、他者の考えへの予測

場所、世界に対する自分の置かれた場の認識



これからの進む方向性

自分を認識しつつ、世界全体への認識、予測

か?









AD

依存、渇望、半減期

テーマ:

依存、渇望、半減期

 

側坐核を刺激するような嗜好

繰り返し刺激することで、記憶され、強化され、渇望し、依存するようになる。


薬の半減期のように、いったん渇望が解消され脳内にドーパミンが増えても、時間の経過にともなって、減ってきて、また欲しくなる・・・


コーヒー、タバコ、甘い物・・・これらは数時間

 

お酒、睡眠・・・これらは24時間

 

ギャンブル、仕事、何かの活動、神への渇望・・・これらは数日~数週間


といったところか。

 

人生に絶望しても、それをいっとき忘れさせてくれるのが、これらの依存対象だ。落ち込んだ時に、何かに熱中し、絶望を忘れさせてくれる・・・
しかし、それはあくまでも、麻薬と同じように、根本的な解決となっていない・・・


人生の虚しさを忘れさせてくれ、あまり深刻にならないように、いろんなことに興味を持ち、日々を何とかやり過ごす人生・・・


競争は人類が人生の意味を忘れるためのスマホゲームのようなもの・・・

 

何とか、根本的に解決したい・・・・

 

 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村

AD

アイアムザットアイアム

テーマ:



聖書で、自分のことを問われて神が言ったことば

「私はありてある者」

英語で

I  am that I am

なのか

I am who I am

なのか

どっちでもいいけど、ありてあるものでは、結局、神も自分のことがわかってないのかもしれない。

いや、そうではなく、このことばには深い意味があるのかもしれない


ちなみに、






アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話 | スダカール・S. ディクシット, Sudhakar S. Dikshit, Maurice Frydman, モーリス フリードマン, 福間 | | 通販 | Amazon

アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話 | スダカール・S. ディクシット, Sudhakar S. Dikshit, Maurice Frydman, モーリス フリードマン, 福間 巌 |本 | 通販 | Amazon



世界初の頭部移植

テーマ:

頭部移植手術の続報があった。


世界初の頭部移植手術を中国人の医師らが計画中 2人の人間の遺体を使った実験は成功|ニフティニュース


遺体を使って成功とは… 

結局、この医師は自分の実験を続けていくためのスポンサーを求めているだけなのだろう

肝移植や腎臓移植も血流の開通が難しいだろうに、それ以上に脊髄レベルでの神経の接合は至難の技だろう


実現可能性がゼロに等しく、もう、このニュースはフォローしないことにする。

一生懸命な人をリスペクトする

テーマ:




神社で一生懸命お祈りする人

楽器を感情込めて一生懸命演奏する人

ママゴト遊びを一生懸命やる子ども


はたから見ると、バカらしく見えることでも、バカにはできない。むしろ、尊敬すべきことだ。

自分の命を削って打ち込む芸術家のように、その人の人生の値打ちはそのひたむきさ、真剣さでわかる

意識があるかどうか見分ける

テーマ:

意識があるかどうかどうやって見分ける?


考えてみれば、二分心時代の人類のように自意識を持たない人も、現代には少なから存在すると思われるのだが、それはどうやって見分けることができるのだろうか


サイコパスのような他人の痛み苦しみをわからない情勢欠如が一つの鑑別点だろうが、それも、嘘をつかれれば、わからなくなるわけで


やはり、自己の存在の不思議さを感じるかどうかが大事なポイントだろう

読字・読書は、脳をどのように変えるか?

テーマ:

「プルーストとイカ~読書は脳をどのように変えるのか?」

アメリカの小児発達学教授メアリアン・ウルフ氏の著作だ。
ディスレクシア(読字障害)の研究をしている著者は読字障害の治療を考えているのだろうが、本書を読んで僕が抱くイメージは、二分心の時代からやがて自我意識を持つようになった人類の進化の過程だ。

文字という抽象的なもの、概念など、これはただの話し言葉からでは生まれ出なかったものだと思う・・・

 

Amazonサイト

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%82%AB%E2%80%95%E8%AA%AD%E6%9B%B8%E3%81%AF%E8%84%B3%E3%82%92%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%95/dp/4772695133/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1512121640&sr=1-1&keywords=%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%8B

 

ちなみに、この作品に対する感想を書いているサイトも見つけた(こちらを先に読んでから本書を読むといいかもしれない)

http://comingdragon.com/archives/10183

 

時間と飽き

テーマ:

時間。

飽きるという感情。


飽きるというとき、そこには時間が流れている・・・


飽きていないとき、そこで時間は止まっている(主観的な時間が)。

 

手塚治虫の名作「ブラックジャック」のなかで、ブラックジャックが唯一愛した女性との抱擁のとき、ブラックジャックが「この一瞬は永遠だ」と言った言葉が、とても印象深い・・・

 

マクギルクライスト

テーマ:

ジュリアン・ジェインズの「二分心」は40年前に発表された仮説だが、今でも関心を持たれている素晴らしい仮説だ。

しかし、ジェインズ本人はすでに死去しているし、その後継となるような研究もあまりない。

ただ、2009年にイエイン・マクギルクライストという精神科医がいろいろ研究しているらしい・・・

 

http://iainmcgilchrist.com/iain/


https://en.wikipedia.org/wiki/Iain_McGilchrist


https://www.amazon.co.jp/Iain-McGilchrist/e/B001KE1O1Y/ref=sr_ntt_srch_lnk_1?qid=1511351950&sr=8-1

 


右脳と左脳・・・