おはようございます。

 からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師 泰心堂こと藤井崇次です。

 本日は火曜日、私は日曜日午後から月、火と別所にて施術活動をしているので、とりあえず一区切り。明日からは本業です。


 さて、本日のお話はセルフケアのお話。

 まずは質問にお答えしておきましょう。


〇セルフケアっていつやったら良いですか?

 これは、内容によります。ツボ押しやお灸など反射調整系のセルフケアは基本的には夜が良いでしょう。刺激→認識→反射的自律神経調整が起こるという建前になっているので、自律神経正常化+しっかりとした睡眠で回復というパターンですから。

 ストレッチなど運動系は、目的によります。アイドリング的な意味合いを込める場合は、動き出す前が良いので朝起きてしばらくしてから体を起こすというイメージで行います。ダウンのイメージであれば運動後、一日の活動後、入浴後などにゆっくりと伸ばすイメージ行います。

 マッサージ系は、基本的には推奨しません。多くの場合いわゆるやりすぎ状態になるので手加減苦手な人はやめた方が無難ですね。

 ちなみに私もマッサージ系はダメな人。極めて高い確率で、身体が防御反応を起こし固まります。正直な話、マッサージを受ける前よりもひどい状態になるのでできるだけ避けたいというのが本音です。。修行時代にお互いの手技を受け合ってという練習で平気な顔をしていたのは身体操作でマッサージ、鍼灸、その他の手技後の乱れた状態を内部操作的にその場で調整していたからです。


〇どんなセルフケアを行えばよいでしょうか?

 自分に合っていると思えるのであればどれでもOKです。逆に”不快”と感じる場合は体がそのように反応するのでやめたほうが良いです。基本的に”快”方向の感触、つまりは”気持ちが良い”、”抜けた感じがする”、”整った感じがする”、”動きやすくなった気がする”という類の感触があればよい。


〇どんなセルフケアがありますか?

 1.神経に作用するもの

 2.筋腱・筋膜に作用するもの

 3.どちらかというと重心(体のバランス)の変化に重きを置いたもの

 4.その他、食養生、睡眠管理、スキルアップなど

などがあります。

 1.はリフレクソロジー(反射調整)系のケアで、鍼灸、アロマセラピー、タッチフォーヘルス、タッピングなどがあります。専門家ではないので”気分が切り替わる”程度で十分です。


 世間的に、ことあるごとにPRがやかましいアロマセラピーですが、その効果は”気分が変わる”程度のものであって、医学的な根拠、効果は現在証明されていません。というよりも代替医療を研究する機関の一部においてはその”アロマセラピスト”が言うような医療的効果は否定されています。むしろ直接的塗布行為などは過敏症を引き起こして害悪と論ずるような論文もあるそうです。少なくとも行程はされていません。

 じゃ、なんでアロママッサージなどが蔓延っているのでしょうね?

 個人的には医学的にはただの付属物扱いであれば、あん摩マッサージ指圧師が顧客サービスの一環として行えばよいだけのことで、アロマセラピスト?(自称に過ぎない)がアロマとつけたマッサージを行うことは”あはき法”に抵触する行為であり、もし医療的な効果があるとするのならば医師以外にそういう行為を禁じた医師法に対する違反、かつその特別法である”あはき法”などに照らしても違反行為になります。また医療的な効果がないのであれば、そういった効能を謳っている行為は過剰広告や場合によっては詐欺が成立するのですがそこんとこどうなんでしょうね?

 不思議です。※あくまでも不思議なだけで、アロマセラピーおよびアロマセラピストを貶める意図はありません。安全に配慮して、信頼に基づいて真摯にサービスを提供されている方がほとんどであると考えております。

 と話を戻しましょう。鍼はマツモトキヨシなどでマイケアパッチなどという名前で円皮鍼が売っていますし、灸は台座のついたものや筒形のものが売っていますのでそちらを用法用量を守って使ってください。

 タッチフォーヘルスやタッピングセラピーはAmazonでも本を売っていますのでそちらを参考に。私が推奨するとしたらわかりやすさで『タッチforヘルス健康療法(ジョン・F・シー 石丸裕高)』とか『ツボ打ちTFT療法(森川綾女)』でしょうか。

 どちらもやり方間違えたら効果でないだけで済みます。


 2.はマッサージ、ストレッチ系などがありますね。キネシオテーピングを用いたパフォーマンスアップテーピング(仮)なども面白いのでうちに来た人には一部教えていたりします。一番のお勧めはというと、実は筋トレ。しかも加圧トレーニング。お勧めです。私は加圧ウェアがphoenixから発売されて以来使っています。

 あとは今となっては懐かしい技術になってしまいましたが、スパイラルテーピング(スパイラルテープ)なども便利です。


 3.これは整体の先生などが指導していることが多いかな?

 泰心堂の場合は、キネシオロジー&高麗手指術×カイロプラクティックを応用した調整法教えていたりします。ちなみにこれ、骨盤調整が一瞬でできます。詳細は言葉にするの面倒なので、手足の動き方を確かめて、動きにくい方の薬指、小指の手背側、爪の下5~7㎜くらいのところに粒鍼もしくは円皮鍼を貼り付けるだけ。これ私、泰心堂が開発というか主張しているオリジナルです。ツボっていう意味では瑞金療法協会式ですが、これでバランス調整って主張している先生がいなかったのでオリジナルって意味ですね。

 ほかにもタッピングやパフォーマンスアップテーピング(仮)などでこれと同じことができます。


 4.は適当にやってください。範囲が広すぎてコメントしようがないので。


 さて、じゃ、私は何をやっているのかというお話をしましょう。

1.週に2回の加圧状態でのトレーニング

2.毎朝、毎晩の頭部拡大状況のチェック→拡大状態であればCSFプラクティス

3.キネシオロジーを利用した、筋弱化などの脳力低下状態の検出と補正を利用した施術方法研究。

4.本格的な体調不良時は高麗手指鍼術を用いた五治処方による調整

こんな感じですね。


 毎年のように有名施術家の施術方法の学習と考察などの研究活動もありますので割と年がら年中学習と研究と調整を行っている感じですね。

 ま、プロなら当たり前ですけどね。


 今回はこの辺で


AD

 ども、からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師 泰心堂 藤井崇次です。

 本日は月曜日、午後は船橋の某所にて施術活動のため移動しています。今は、移動の合間のコーヒーブレイク。


 本日のお話は、自分のところでは普通にやっているテクニックですね。

 そのテクニックとは、ともったいぶったところですでにタイトルに書いてしまったのでさらっと行きましょう。


 はい、クラニアルテクニックのお話です。

 クラニアルテクニック=頭蓋骨調整技術。

 これだけでは何のこと?って感じですね。ええと実は頭とひとことで言っていますが、いくつもの骨で構成されている多関節構造体であるのが頭蓋。詳しく書いても、興味のない人にはつらいので、要は頭はいくつもの骨が合わさってできていると覚えておいて下さい。

 骨と骨との間には関節構造があります。特に頭の関節はまるで糸で縫ったかのうような細かな凹凸構造の関節=縫合などもあります。冠状縫合、ラムダ縫合などはわりと有名ですね。

 クラニアルテクニックは、こういった頭部の関節に対して接触して圧を加えることで、関節にの構造的空間(アライメント)を調整を加えることで、頭蓋に生じていた歪みを解消することで、体調を改善していこうというテクニック。


 何度も私は書いていたり、お話ていたりするのですが、補正(ゆがめることで体を支える)が起こると体全体に影響が出ます。同様に問題のある部分を調整するとそれもまた全身性に波及します。また、直接症状の部位でないところを調整しても、その影響は全身におよび、症状の部位に対しても影響を与えます。


 つまり、頭の調整を行うことで、首、肩、背中、腰、肩関節、肘関節、手関節、股関節、膝関節、足関節、その他指節関節などに影響を与えることができ、また、その逆も可能であるということ。


 これは鍼灸を専門的に学んだ人であれば、ごく当たり前の発想ではある。なにせ、五十肩、四十肩の調整点として陽陵泉という足 腓骨頭前下方のツボ(肩と反対側)を使うなんて処方があったりするのだから。


 さて、このクラニアルテクニックですが、泰心堂では鍼灸の補助技術として使っています。

 泰心堂で必ずみている三つの基準が、脳脊髄液循環、上部頸椎、経絡・経筋反応。とくにクラニアルテクニックと関連しているのが、脳脊髄液循環で、その徴候として頭部拡大状態と頭部の見かけ上の歪みを指標としています。

 頭部拡大状態は以前も紹介したので割愛しますが、頭部の見かけ上の歪みについては写真などはもろに個人情報に抵触するのでなしで行きたいと思います。


 簡単に言うと、すっと寝てもらった状態での頭部と体幹の中心ラインのズレ、頭部自体では耳の多寡さや乳様突起の高さ、頭頂部から見たときに左右の前頭骨のバランス、前額と目の位置関係、前頭部と上顎骨の基準点のズレ、下顎骨(顎)のライン・・・・・・など。

 首の捻じれ、歪みなども関連してくるのでさっとさっとみて、頭で解消できるものは、頭で。取れないものはさっと流して、次の段階でとれるかどうかをみていく形ですね。


 この頭の調整を行うようになってから、鍼灸のというか経絡の藩王がしっかりと出るようになったので、経絡調整がとても楽にできるようになりましたし、今まで10か所以上と鍼での調整点が多かったりしたのが、1~2か所と少なくともしっかりとした変化を与えられるようになり、施術の終了目安がわかりやすくなったので、術前、術後の変化をしっかりと感じてもらって施術を終了することができています。

 もちろん、頭が活性化状態で施術ができるので、脳反射を利用している鍼灸の施術効果も体幹的に向上しているように感じます。


あ、そろそろ移動時間なのでこのへんで


AD

施術者は”疲れて”はいけない

テーマ:

 おはようございます!

 からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師 泰心堂こと藤井崇次です。

 本日は火曜日。泰心堂は明日 水曜日から日曜日の営業になっていますので、ご依頼の際はお気をつけてください。



 ええと、一部の人にとっては衝撃的なタイトルかもしれませんが、正確にはですね

施術者は(顧客に)”疲れ(た姿を見せ)て”はいけない。」という感じでしょうか。


 少なくともあらかじめ設定した、あるいは設定された一日の最大施術人数の対応をして疲れていては話になりません。

 その状態を続けると、冗談抜きで、倒れます。

 倒れてしまったら、施術できないどころか、自分自身の生活も成り立たなくなりますので、当然、業務自体を続けていられなくなります。

 当たり前ですが、それは顧客の皆様にとって、大変な不利益になります。


 だからこそ、疲れない施術、あるいは疲れても寝れば回復する程度の疲労度の施術、もしくは体力気力を回復できる余裕のあるスケジュールが必要となるわけですね。


 楽にする施術をしている人間がつらくなるのは、本末転倒で、楽に施術をするから、顧客も楽になるが理想的。


 その点、鍼灸はとても優れています。やり方によっては……ですが、力任せの施術など必要ないし、一人当たりに疲労困憊になるほど体力使うようなものもない。体格の有利不利も基本的にありませんし、性別の有利不利も原則ない。あるのは施術者間の技量差、知識差くらいなものでしょうか。

 きわめて”楽”な施術形態だと思います。

 本来のカイロプラクティックなども”楽”な施術に入るでしょう。ホールインワンテクニックなどは生涯でアジャスト(調整)すべき機会は1~2回、毎回行うのはその機会をとらえるための検査と言われるほど実は検査重視の施術方法で、力を加えるアジャストは実は一瞬で終わってしまったりします。まあ、上部頸椎は危険部位でもありますので、急激な回旋動作や捻転刺激など頸椎に強いダメージを与えかねない動作は禁止事項(スラストあるいはスラスト類似行為)に該当しますので私はやりませんけどね。

 私が施術中に使うカイロプラクティック由来のテクニックは、DRT(ダブルハンドリコイルテクニック、背部揺動を用いた間接的上部頸椎調整法)、CSFプラクティス(脳脊髄液調整法)、クラニアルテクニック(頭蓋骨調整術)といった直接頸椎に対してコンタクトしない方法を採用しています。

 一番事故を防ぐため、そして高い効果の確保、顧客・施術者の負担軽減などを考えて学んだ各種術式より精査してこの形になっています。


 ま、内緒って程ではないのですが、上部頸椎の調整は実は鍼一本、経穴一箇所でできたりします。いろいろと前提条件の問題があるので毎回確実にとはいきませんが、なかなかに効果的です。

 ただ、これやると検査はそれなりに時間がかかるのですが、施術自体は1分未満で終わってしまうので、サービスとしてどうなのかなとか思っていたりします。なのである程度ルーティンというか型通りの施術をして、残りの指標に対する処置を一手、二手加えて、反応が微妙だったり、残ってしまったりするときにすっと鍼を触れさせるように調整し仕上げることもあります。


 泰心堂の施術は施術者である私自身が極力体力を使わない、疲れない施術で構成されていますし、顧客にとっても疲れない施術になっています。その結果、検査、施術のみに集中したら最短〇分で一施術が終了なんてくらい短時間施術が可能になってしまいました。まあ、最短施術が良いわけではないのでそんなに急ぐことはなく、症状、施術コースに応じて1枠20分、30分、60分、90分としっかりと時間を確保していますけどね。


 私の泰心堂はりきゅう院では、一応、決まった型通りの基本施術の一日の最大受け入れ人数を20枠として、40人程度の施術に対応できる体力と術式を用意していますので、フルに詰めても体力的には疲れない、ただ、毎日だと事務作業が滞ってしまうので加減したいって程度の設計にしていたりします。


 施術が疲れた顔をして、疲労回復、症状改善はないでしょう!?


AD

 ども、からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師 泰心堂こと藤井崇次です。

 本業は鍼灸院経営兼施術業務、副業で投資業務を行っているスーパー鍼灸師?です。

 本日は恒例かどうかはしりませんが、質問が溜まったので”質問に答えます。”のコーナーです。



 はい、では本題に入っていきましょう


〇めまいがつらいです、どうすればよいですか?

〇めまいがひどく、世界が回っています。

〇頭痛がずきずき、ついでにめまい

〇めまい患者が来た! どうしよう!?

〇めまいだから肝に、耳周りに……、なんで効果が出ないの?

などなどいろいろ質問いただきました。


じゃ、回答ね、うちの施術受けましょう。・・・・・・3割くらい冗談です。

12月-1月は空き枠が5つ確保できそうなので、めまい・頭痛にお悩みで千葉県の習志野市 京成大久保駅近くまで通ってこられる人はぜひtaishindo.hari@gmail.comまで連絡ください。特に平日通える人は大歓迎。17時以降も今ならスケジュール抑えられます。土日じゃなきゃダメという方は12月-1月は毎週4枠確保できるかどうかなので早めに連絡してください。

と、営業的なお話はさらっと流して本題に行きましょう。


まずめまいと一言で言ってもタイプがあります。

1.気分的なもの → 検査しても数値的な反応がでないもの

2.自律神経家の乱れからくるもの→肩こり、腰痛、不眠、頭痛やらを伴うことが多い

3.頭痛を伴うもの

4.三半規管などの機能低下から生じるもの → 平衡覚に問題が生じているので立っているのもつらい。メニエール症候群などに多い。

5.極度の疲労、倦怠感を伴うもの


間違えて欲しくないのは、1.の気分的なものが、一般用語の”気のせいではない”ということ。程度の問題じゃなくてあくまでもタイプの問題です。


 いずれのタイプも私が開業した10年以上前は、正直な話、鍼灸だけで何とかなっていたし、回数にしても多くて10回程度の案件でした。とくに私は積聚治療をメインに使っていた時代(開業2~3年)は治りやすかったように思います。

 しかしながらここ7年くらいは徐々に治りにくい患者さんが来院されるようになりました。

 先輩方にいわせると「藤井先生の技量が上がったからだよ。自分の技量に合った患者さんが来るもんだからね」だそうですが、そういうお世辞はともかく、内緒ですがそういう先輩方の治療院からも流れて来ていたりします。

 このまま鍼灸の畑にいるのも良いですが、角度を変えてみようと考えて、私自身はカイロプラクティックや整体系の学習と研究を始めることになったわけですが、その辺の下りはまあわきに置いておきましょう。


 結論的なお話をすると、いずれのタイプにせよ、今の患者さんは、生命力(回復力)自体が低下している! ということですね。

 施術者はタイプ別の処置をする以前に、生命力(回復力)を上げることを考えないと効果が出にくいわけです。

 ちなみに、生命力はカイロプラクティック系の考え方ですね、自然治癒力とするとギリシア医学→現代医学(『自然治癒力学説史』 マックス・ノイブルガー)で東洋医学実は関係ないです。復元力とするとこれは骨接ぎの発想。

 鍼灸だとなんですかね? うちの恩師の小林詔司は『精気の(病的な)虚』が病気状態の根源的な問題と話していますが、普通に話すときは生命力って言葉を使っていましたしね。

 ま、ここではざっくりと回復力としておきましょう。


 本来、人の体はその機能を維持しようとするわけで、その仕組みを自律神経系と言ったり自律神経免疫システムと言ったりとまあいろいろな呼び方がありますが、要は自己修復機能を持っているってこと。

 この自己修復機能は、自律神経系の制御を受けていて、自律神経系の最高次中枢は脳・脳幹であることは皆さんもご存知かと思います。ま、「脳大事だよね~」程度で十分ですけどね。


 で、この自己修復機能がちゃんと働いていて、しっかりと食べて栄養補給をしている状態を、回復力が高い状態と考えるわけです。


 病気の状態はこの自己修復機能がちゃんと働いていないか、栄養不足か、あとは外傷を受けて修復中や修復しきれな程度のダメージを受けた場合などに発生するわけですね。


 で、この自己修復機能がうまく働くなる原因として挙げられるのが、環境要因(天気天候、外因)、心理的要因(内因)、体力外力的要因(不内外因、ケガ、疲労、飲食、睡眠、房事など)の大きな三要素+α。

 +αはいろいろな考え方の人がいるからね。お察し下さい。


 じゃ、具体的な体の反応は? というと、偏りを作るという反応を示します。これが筋骨格系に現れると、歪みというやつになります。皮膚などに現れると硬軟、湿乾、寒熱。ま、ほかにもあるけれど鍼灸とかで使っているのはこういう感じかな?

 ちなみに筋肉単体でみると、筋肉は刺激を受けて短縮することしかできませんので、反応として縮む、硬くなる、膨隆する、周囲の筋組織を牽引するという反応になります。当然内圧が高まりますので、体液循環は圧力を受けて悪くなりがちですし、神経も場合によっては持続的圧迫を受け痛みやしびれを生じます。

 これが一時的なものならば、食べて寝ている間に修復され、時間をかけて適応が起こります。なので一時的疲労状態=補正であったと言えます。

 ところが修復できない、適応しきれない状態が起こると一時的な疲労状態から、蓄積した疲労状態へと変化します。

 この蓄積した分も体にとっては回復しなければならない、あるいは回復しておきたい疲労状態なので、余力のあるうちは回復しようとします。

 ここで無理をすると、さらに疲労を蓄積した状態になり、その負のスパイラルを繰り返して、いつしか蓄積疲労状態=いつのも状態という負の適応を起こしてしまいます。


 で、今の患者さんは、この蓄積疲労状態をずっと続けてきたうえに、頭痛やめまいといった問題が積み重なっているわけで、単純に今までうまくいっていた頭痛、めまいの処置をしていても、そもそも回復力自体が低下(疲労蓄積状態が続いている)しているので、回復するだけの余力が(少)ないので、なかなか改善していかないというのが実態だと考えられます。


 臨床現場でもっともわかりやすいのは、頭部拡大状態の確認ですが、これは知っている人は知っているというチェック方法なので省略したいところです。が、さわりだけ、耳の少し上に丸みのある凸状の部位がありますのでそこに掌(”たなごころ”と読む、別名”てのひら”)を当て指を頭のてっぺんに向けてすっと伸ばして置きます。左右両手で行って、両手の指先の間が空いている人は頭部拡大状態。つまり身の体液循環に問題が起こっている→自律神経系がうまく機能していない→蓄積疲労状態ということになります。


 質問とかでは、慢性的な状態の確認が良いでしょう。肩こり、腰痛でもい良いですが、一番は睡眠状態。「最近は何時間寝ていますか? 朝すっきりと起きるのは週何日ですか?」など。

 ほかに触ってわかるところだと首の緊張状態や、アキレス腱のハリでしょうかね?

 背骨はあまりに状態がひどいとあちこち歪んで、むしろまっすぐ状態になっていたり、骨盤にしても補正に次ぐ補正で、右短下肢になるはずのものが左短下肢になっていたり、またその逆などとあてにならないことも多々。

 わかりやすいところでチェックして、取れるだけの体の歪み=体液、エネルギーの阻害ポイントを解除したうえで、頭痛・めまいの処置をするとうまくいきます。

 解除の仕方は、専門家ならわかりますよね!?

 処置についても経絡を応用したシンプルなものを泰心堂では行っています。具体的にはルート上の異常点、領域に対する処置点への単刺。1~2箇所くらいでしょうか? それくらいで十分に効果が出ます。


 ここからは一般の方向けの自分でできるケアのお話ですが、一番は首の緊張を減らすこと。

 とはいえ、頸は結構難しいポイントなので直接力をかけるようなケアはNGにしてほしいところ。

 なので、低反発のビーズクッションの小さなものを買ってきて、外後頭隆起の下(あたまの後ろの少し出っ張ったところ、首からなでると指が止まるところ)に当てて寝転がり、そのまま、目をつぶって深呼吸を数分繰り返してください。

 結構頭すっきりします。

 硬い枕だとむしろ首が緊張してしまうので、セルフケア用としてはナノビーズクッションなど柔らかいものを使ってください。

 ちなみに私 泰心堂のお勧めは高さ10㎝程度の円筒形の小さなサイズのもの。


 注意事項としては頸椎ヘルニアなど具体的に首、腕に問題がある人は高さによって、しびれや痛みが増したりしますので、もし増悪するようでしたら使うのをやめてください。


 簡単にいうと前提条件に問題があるかチェックして、前提条件からケアしていけって話ですね。


 以前は、これでうまくいったというのはよいのですが、だから次回も同じでよいというわけではないので確認すべきことはきっちりと確認することが大事です。


 今回はこの辺で


年末年始の予定

テーマ:

 ども、からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師 泰心堂 藤井崇次です。

 とりあえずの年末年始の予定が決まりましたのでご連絡を


 年内最終営業日 12月29日 一般・新規向け

※30日は片付けが入りますので、ご了承いただける顧客の皆様だけ人数限定で受けます。

 年始営業開始 1月5日から


 とりあえずはこのように考えています。