1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-07 06:59:20

『The Departure』死を見つめて生きる意味を見つけるドキュメンタリー

テーマ:ブログ

約1週間前に毎年春にニューヨークで開催されるトライベッカ映画祭が終わったのですが、『The Departure』というとても深いドキュメンタリー映画があったので紹介したいと思います。

 

数年前に、人工中絶にたずさわる医師たちのドキュメンタリー映画『After Tiller』で話題を呼んだラナ・ウィルソンが監督した作品で、今回はなんと日本のお坊さんが被写体です。

 

そのお坊さんは、岐阜県関市にある大禅寺の住職・根本一徹さん。

 

僕は映画を観るまで彼のことは知らなかったのですが、日本ではメディアで取り上げられたりされているようです。

 

なぜこの岐阜県のお坊さんがアメリカ人のドキュメンタリー映画作家の被写体になったのかというと、根本さんは僧侶の修行のかたわら、自殺防止活動を昼夜問わずやられているんです。

 

映画の中では彼が自殺願望のある方々と交流する姿が描かれています。「死にたい」とメッセージをもらったりされるようで、誰かに「死にたい」とメッセージをもらったら、自分だったらどうするだろうと考えたりもしました。普通の精神状態ではなかなかその役割は担うのは不可能ですよね。でも根本さんはそれをやっているし、才能もある。

 

また根本さんは、クラブで踊るのが好きだったり、バイクが好きだったり、そのあたりも規格外のお坊さんですよね。トライベッカ映画祭にもいらっしゃっていたので、きっとニューヨークのナイトライフも楽しまれたことでしょう。

 

根本さんの、生きることに疲れたり絶望した人たちとの交流でもそうなのですが、この映画がまず観ている人に意識させるのは、「死」です。

 

「死」というと、普段考えたらいけないようなことのように思いますよね。だから多くの人はあまり「死」を意識して生きることはないと思います。

 

けれど、この映画はそれをじっくり見つめさせる。

 

そして「死」を意識すると、何が起こるのか。「生きる」という、まるで正反対にあるようなものが、よりクリアに見えるようになるんです。

 

不思議ですね。なぜ「死」と意識すると「生」が見えてくるのか。

 

実はその2つは密接に繋がっているんです。1番かけ離れたもの同士のようにも思いがちですが、実は1番近い、1番コミュニケーションを取るべき同士なのです。

 

映画の中で、休む間もない根本さんは、おそらく疲労とストレスが原因で健康面に支障をきたしてしまいます。放っておくと死んでしまう可能性も十分にある。根本さんの自殺願望のある人たちとの交流だけではなく、そうやって根本さんの自身の生と死への想いも映画は捉えていて、ものすごく深い意識の底に観ている人を連れて行ってくれます。

 

こうやって「死」をまざまざと見つめさせる映画はあまりありません。日本でもいつか上映してほしいなと思いますし、いろんな人に観ていただき、いろいろ感じてほしい映画です。

 

トライベッカ映画祭期間中に監督のラナと根本さんに会って、お話を聞きましたので、記事を読みたい方はこちらのリンクからどうぞ。

 

 

 

岡本太陽のウェブサイト

 

 

岡本太陽のインスタグラム Instagram

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-15 07:41:02

『パリ、恋人たちの影』主演のフランス人女優にインタビュー

テーマ:ブログ

さて、とある素敵な映画の紹介です。

 

パリ、恋人たちの影』というモノクロのフランス映画です。

 

監督はフィリップ・ガレル。ジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーなどが生んだヌーヴェルヴァーグの流れの中で出てきた方です。次世代ヌーヴェルヴァーグの旗手。

 

ガレル監督は、近年でも『愛の残像』や『ジェラシー』など、精力的に新作を発表しています。

 

もしかしたらガレル監督よりも、彼の息子でミステリアスな魅力のあるルイ・ガレルの方が知っている人も多いかもしれません。彼は『ドリーマーズ』、『ジョルジュ・バタイユ ママン』『パリの中で』『SAINT LAURENT/サンローラン』などで有名ですから。

 

そのフィリップ・ガレル監督の最新作『パリ、恋人たちの影』がもうすぐ日本公開ということでお知らせしたく思いました。

 

僕がこの映画を観たのは、2015年の秋。映画のアメリカ公開は2016年の1月、それを経ての2017年1月21日(土)に日本公開ということで、待ちに待ったという感じです。

 

主演女優のクロティルド・クローにインタビューしてきているので、ぜひチェックしてみてください。彼女がどんな女優なのかはもちろん、ガレル監督がこの映画を通して問いたかったことがわかるので、このインタビューを読むとより映画を深く理解することができると思います。

 

近年のガレル監督の作品では女性が特に豊かに描かれます。女性蔑視がある社会に我々は住んでいますので、僕はガレル監督の女性の描き方に注目して映画を観させていただきました。これからどんな方向に進んで行くのが良いのかなぁなんて考えながら。

 

この映画では、スタニスラス・メラールとクロティルド・クロー扮するドキュメンタリー映画作家の夫婦模様を追って行くのですが、旦那が浮気をしたと思ったら、妻も浮気をしていることがわかります。

 

けれど「夫の浮気に耐える女性」ではなく、夫と対等な立場で妻も浮気をするんですね。

 

女性の性衝動は女性の視点から描かれることが一般ですが、女性にも性衝動があり、女性の性衝動にも理解を深めたいというガレル監督の思いがこの映画を通して感じられます。動機がピュアだから訴える力も強いんですよ。

 

この映画は70分ちょっとで、かなり短めの作品なんですが、ラストもとても素敵で、心に触れる良い映画に出会ったと思えるものでした。

 

そしてこの映画の中で一番輝いていたのが、僕がインタビューさせていただいた女優のクロティルド・クロー。彼女の存在がなかったら、この映画は成立していなかったでしょう。実際会ったクロティルドさんも、知的で、こちらの質問もよく汲み取ってくれて、まさに映画のマノンのような人でした。

 

彼女実は、2003年にイタリア最後の国王ウンベルト2世の孫エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイアと結婚して、ヴェネツィア=ピエモンテ公妃になっているんですよ。そんな素振りすら見せないくらい自然体の素敵な方でした。

 

こういう小粒の作品で、「映画を観た!」と思わせてくれる映画ってなかなかないので、本当に小さな宝石のような作品でした。

 

クロティルド・クローへのインタビューはこちらのリンクから読めます。

 

 

 

岡本太陽のウェブサイト

 

岡本太陽のインスタグラム Instagram

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2017-01-07 06:20:56

『母の残像』ヨアキム・トリアー監督に独占インタビュー

テーマ:ブログ

これは随分前の記事なのですが、日本語版インタビュー記事を紹介しておきますね。

 

僕の大好きなノルウェイ人映画監督ヨアキム・トリアーが再びニューヨークにやって来たので、またインタビューしてきました。彼に会うのは、たしか2012年の春以来。でも覚えていてくれました。

 

実は去年の3月末にこのインタビューさせてもらったのですが、彼の監督第3作目『母の残像(原題:Louder Than Bombs)』が日本で11月26日から公開されているそう。

 

彼の作品が日本公開されるのは初めてではないでしょうか?今回は初の英語作品ということもあり、さらにはイザベル・ユペール、ジェシー・アイゼンバーグ、ガブリエル・バーンという世界的にも有名な俳優が出演しているので待望の日本公開といったところでしょうか。うれしいです。

 

彼にインタビューした日本語の記事もなかなか他では見つけられないと思いますよ!もしかしたら僕が日本人では初かもしれません。

 

僕は彼がオスロで撮った前2作がとにかく好きでして。長編初監督作の『リプライズ』を2008年の5月に観たときには衝撃で、こんなに刺激的で繊細な映画を作れる人がいるのかと感銘を受けました。

 

そして監督第2作目の『オスロ、8月31日』。これはニューヨークの「ニュー・ディレクターズ/ニュー・フィルムズ」という名監督たちを輩出している映画祭でみましてね。圧倒されましたよ。僕はその『オスロ、8月31日』が公開された2012年のベスト1に選びました。

 

そうやって『オスロ、8月31日』を観てから実際ヨアキムに会ってみると、やっぱり彼の人となりが映画に現れているなと感じたものでした。

 

ヨアキムは、日本の文学、漫画、アニメなどが好きで、(たしか)大学時代に日本語を少し学んでいたそう。「もう忘れちゃったけど」と言ってましたけど。僕のフランス語と同じレベルでしょうか(笑)

 

そうやって日本文学が好きだったと聞くと、たしかに彼の作品には日本文学的ニュアンスがあるように思います。三島由紀夫とかが好きと言ってました。三島が好きな外国人は本当に多いなぁ。

 

もう1月ですので、この『母の残像』を上映している映画館は少なくなっていると思いますが、完全に終わってしまう前にぜひご覧になってください。これまた深いテーマをいろいろ含んだ作品になっています。

 

僕のヨアキム・トリアーへのインタビュー記事はこちらのリンクよりどうぞ。

 

 

 

岡本太陽のウェブサイト

 

岡本太陽のインスタグラム Instagram

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。