健康・護身のために太極拳を始めよう

太極拳は、リラックスによるストレス解消、血行改善、膝・腰強化、病気予防などの健康促進効果以外に、小さな力で大きな力に勝つような護身効果もある。ここでは、中国の伝統太極拳の一種である呉式太極拳の誕生、発展およびその式(慢拳・快拳・剣・推手)を紹介する。


テーマ:

原文:凡此皆是意,不在外面。

訳文:これは全て意念活動を指し、表に表するものではない。

 

ここの「これ」は前文の『…必於腰腿求』の続きで足腰の問題を指したようだが、太極拳の一般論を示唆している。一般論とは、『始而意動,継而内動,然後形動』(訳:始めは意念が動き、続いて体内が動き、その後に外形が動く)という運動原則のことだ。全ての動きが内→外の運動原則に沿うのは太極拳の最も基本的且つ重要な特徴なのだ。その「内」と「外」、並びに両者の関係について考えてみたい。なお、「外」とは目に見える筋肉・外形のことだが、ここでは、目に見えない「意・気」のことと「外」との位置づけを中心に少し議論することにする。

 

「意」と「気」は同じものではない。「意・気」と表現したのは「意」の行くところに「気」が伴う、いわゆる『意之所至,気即至焉』(出所:楊澄甫《太極拳術十要》)という状態を前提にしたからだ。ところが、この状態は、個人差はあるものの、そう簡単に実現するものではない。意念は無論、肢体の「鬆」の度合いに大きく関わっているからだ。筋肉・関節を通う「気」の通路が確保されていなければ、「意」の行くところに「気」が伴わないのだ。

 

「意」は「鬆」の実現に不可欠だが、精神状態によってはその量が「鬆」に反比例することがある。「意」を使わなければならないというマインドが逆に筋肉・関節の強ばりを来たしてしまったり、伴う「気」以上に「意」の量を増やすと、鍋だけが火にかけられている状態と似ている空炊き現象が起きたりして、「鬆」から遠ざかっていくことがあるのだ。

 

「内」としての「意・気」と「外」としての筋骨・皮肉は主動と受動の関係にある。明代の王宗岳氏が《十三勢行功歌訣》の中で『意気君来骨肉臣』と語り、意と気を君主、骨と肉を臣下と喩えている。臣下が君主の命令に従うように、筋骨・皮肉は「意・気」の指揮下で動く。一般的に、受動よりは主動のほうが動きやすいから臣下としての筋骨が君主としての「意・気」の指令を待たずに勝手に動き出すことがあるが、太極拳の動きではない。そこが他との線引きをするところだ。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原文:有不得機得勢之処,身便散乱,其病必於腰腿求之,上下前後左右皆然。

 

訳文:どこか時機・優位性を失すると身体が散乱となる。その病因は足腰からしか見当たらない。上下も前後も左右も然ることなり。

 

推手では、相手と手を接すると負荷を受けることになる。負荷は入り口(接点)の手から体に入り、その隣接の関節である手首、肘、肩を含め、先ず上半身に伝わる。それが影響として体に現れるかどうかだ。影響とは、相手からの体への負荷の侵入が関節において阻止され、その負荷を関節でまともに受けるということだ。阻止する関節や筋肉の抵抗力がその負荷より大きい場合は体の均衡が力で保たれるが、逆の場合は均衡を崩しかねない状態に陥る。

 

関節や筋肉の力で均衡が保たれても生まれつきの本能によるもので太極拳の原理によるものではない。その結果、力の大きいほうが勝ることになる。しかし、本能としての力は幾ら大きくても相手の変化に対する反応が鈍く時機を敏活に捉えられず、優位性を手に入れることが困難なのだ。

 

一方、相手によるこの負荷から逃れようと負荷の入り口(接点)を無くす、即ち相手の手から自分の手を離すと、即座に主導権を奪われ、新しい接点をつくられ、窮地を追い込まれることになる。逃避の度に時機・優位性を失い、つい均衡を崩される羽目になる。意図的に手を離さなくても手が離れる傾向になるだけでも同じく主導権の放棄となり、その結果、相手に時機・優位性を与え、追いやられることになる。

 

上記2パターンは推手の典型的な病で、前者は「ding」、後者は「diu」と言われるものだ。その病因は必然的に足腰の部分から見つかると、《太極拳経》で語られている。足腰の病→「diu」・「ding」→『どこか時機・優位性を失する』→『身体が散乱となる』という因果関係があると筆者が見ている。では、上半身に現れる「diu」と「ding」の病因はなぜ足腰にあるのか。

 

相手からかかった負荷が手の接点から手首、肘、肩、胸、腰、股関節、膝、足首、足元の順に体へ入るが、その中のどこかで拒まれるとそれ以降に伝わらなくなる。その拒みは意図的なものに限らず、意図的に拒まなくても負荷がそこの部分を通りにくかったら拒みとなるのだ。その意図的又は非意図的な抵抗は体に不均衡を生じさせ、上下一体となる協調的な動きが取れず、身体が散乱となる。しかし、相手からの負荷は不均衡をもたらす起因ではあるが、その負荷への処理がうまく行けば、逆に相手の均衡を崩すチャンスでもある。問題はその処理だ。負荷への処理がうまく行かなければ先ず上半身が動かされる。上半身のその動きについて行けないのは下半身、つまり足腰だ。そのギャップは上半身の抵抗の大きさに比例し、負荷の足腰への通り具合の良さに反比例する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

六月十八日、十九日午後九時のNHKスペシャル番組『シリーズ キラー・ストレス』を見て、私どもの伝統太極拳の健康効果について気づいたことを記しておこう。

 

「太極拳」という言葉の前に「伝統」の文字をつけたのはその修行方法を強調したいためだ。世の中に太極拳と自称されるものが多く見られるが、真に太極拳の原理で修行されるケースはさほど多く見られなかろう。伝統太極拳の修行方法は片言で片づくものではないが、全ての動きが心→意→気→形からなるのがその核心だ。平たく言うと、太極拳の動作に係わる体の全ての関節、骨格や筋肉が意念の統率下になるように訓練するのが伝統太極拳の修行だ。つまり、太極拳の修行の中心は骨格や筋肉よりは、意念即ち頭脳そのものだ。意念で肢体を司るトレーニングと言っても過言ではなかろう。

 

NHK番組で紹介されたストレス解消法に「マインドフルネス瞑想法」がある。その詳細は割愛するが、基本はある対象に意念を集中することによって雑念(増悪・煩悩・困惑・悲傷など)を排除し、精神状態を本来の健康状態に戻し、ストレスから脳を守ることにあると筆者は理解する。それは伝統太極拳の修行と同工異曲だ。

 

伝統太極拳の修行に『一念代万念』という理念がある。つまり、あることに意念を集中することによって頭に入る雑念を排除するということだ。仏教の念仏、座禅、気功の修練、何れも同様の理念による。呉式慢架を最初から最後まで行うのに三十分間程度かかるが、正確に行えば三十分間以上のマインドフルネス効果があると言えよう。それを毎日繰り返せば、練習中のリラックス効果だけでなく、肢体を毎日リカバリすることによって体全体の抗ストレス能力が高まるようになるのだ。

 

マインドフルネス瞑想の対象は視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚の五感、即ち身体の感覚でとらえられるものの中で一つだけを特定すると定義されているが、伝統太極拳では身体の感覚で選ばれたのは体内の「気」の動きだ。マインドフルネスという西洋の発想に対し、東洋では、その瞑想の末に発見した体内流動物、即ち「気」が古くから太極拳や他の武術に活用され、ストレス解消という理論を知らずに恩恵を受け続けている。NHK番組で放送された『シリーズ キラー・ストレス』は伝統太極拳の健康効果を理論的にアプローチしたように筆者の目に映る。

 

伝統太極拳は人に勝つ武術を極めるものだと錯覚されがちだが、昔からそうではなかった。武術と健康は切っても切れない表裏の関係にある。中国の宋の時代の王宗岳氏が《十三勢歌》という著書の中で『想推用意終何在,益寿延年不老春』(訳:太極拳修行の最終目的は何かと思索したところ、答えは不老長寿だ)と太極拳の究極的な目的を明かした。無論、武術を主目的とする修行は他の項目も入るが、心→意→気→形からなる伝統太極拳の修行方法の根幹は変わらない。体内の気の動きに意念を集中して修行する以上、マインドフルネス瞑想と同様なストレス解消の健康効果があると考えることができよう。

 

 




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

前記事に続き、《太極拳経》の『其根在脚,発於腿,主宰於腰,形於手指』における「形於手指」をネタに、太極拳の手について少し議論してみたい。

 

「形於手指」とは、足元から伝わってきた勁を手の指に通して使うということだ。武術としては当たり前のことだ。せっかく生み出した勁が手の指に届かず使うものにならなければ、話にならない。

 

筆者は呉式太極拳三代目伝承者・故馬岳梁氏の弟子・故張金貴師に呉式快拳を師事した際に「勁が体にこもって手に十分届いていない」と指摘され、「勁を手に通すことはたやすくない」と語られた。冬場に心臓から遠い手足が冷たいのと同様で、脚→腿→腰→…→手という経路が長く、途中勁の障害となるものが多いからだ。

 

脚から手指への伝達がスムーズに行われる用件は二つある。足首、膝、股関節、肩、肘、手首の各関節並びに関節間の筋肉の「鬆開」と関節間の「節節貫穿」だ。つまり脚から生み出された勁は手指までの間に消耗されないように通路を広くすること、又、その勁が目的地へ進むように意で促すことだ。無論、伝達問題の以前に脚から生み出された勁の量が関係する。又、その量は脚に沈んだ「気」の量に比例する。「気」の量を多くするには上記関節・筋肉の「鬆開」並びに「虚領頂勁」や「中正」などの身法要領が係わる。従って、「形於手指」はそう簡単ではないし、太極拳の手は手だけの問題ではないのだ。

 

手指への勁の伝達が難しいこととは逆に、「鬆」をしようと思うと真っ先に手指の力を抜く傾向がある。体より手指の力が抜きやすいからだ。ところが、「力を抜く」=「鬆」ではない。「節節貫穿」によるものでなければ、推手のタブー・「DIU」になってしまうのだ。推手における、俗称「点緊体鬆」の要求はそれに対するメッセージとも言えよう。しかし、「点緊」は手に力を入れることではない。フレキシブルな一体化(節節貫穿)になっているかどうかがポイントだ。

 

要するに、「形於手指」は手で形を作るのではなく、足→体→手→体→足→…といった意・気・勁の循環における手の動きのことを指すのだ。手は単独で動かすものではなく、その循環において動きを取るのだ。慢架套路においては、「以身帯手」(体→手)もあれば、「以手帯身」(手→体)もある。又、推手においては、相手に手をつけたまま、足で地面を踏んで押すこともあれば、手で相手の動きを誘引して「借力打力」の威力を発揮することもある。何れも上記循環におけるいわゆる「梢節」としての手の動きだ。

































いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 《太極拳経》の『其根在脚,発於腿,主宰於腰,形於手指』の中の「主宰於腰」について議論したい。

 

 腰は腿の上下伝達機能とは異なり、上下だけでなく、前後・左右の回転も可能だ。「主宰於腰」とは腰で肢体を司ることだが、むやみに腰を回転させることではない。足元から伝わってきた勁を制御し、上下伝達及び前後・左右の回転機能を発揮し、全身へと伝わるようにするのだ。

 

 回転となると軸が必要だ。軸を形成させるために腰を立たせなければならない。これは太極拳で言う「竪腰」又は「立腰」のことだ。一方、腰が硬直だと、軸があってもスムーズに回転することができない。矛盾ではあるが、「竪腰」と「鬆腰」の同時実現が不可欠になる。

 

 太極拳の諸要領の中に「鬆腰垂臀」がある。臀部が突出すると軸の形成が影響される一方、「垂臀」の実現には「鬆腰」が不可欠だ。筋肉の力で「竪腰」のアクションを行おうと、「鬆腰」の実現が遠ざかる。腰の「竪」も「鬆」も「意」によるもので、腰を立てるために腰を動かす「意」だけでなく、「虚領頂勁」や「尾閭中正」などの要領も大いに係わる。

 

 呉式太極拳は両足のつま先とも前に向く「平行歩」を用いるため、太極拳の他の流儀より左右の回転角度は小さいが、前後の回転が比較的多く用いられている。前への回転は足元から伝わってきた勁を増幅し、「発」につながり、後ろへの回転は相手からの力を足元へ受け流し、「化」につながる。呉式太極拳の推手では、太極拳の他の流儀よりも弓歩から虚歩、虚歩から弓歩への転換が重視される。相手から力を受けた際に足の虚実を変えず抵抗するケースがよく見られるが、腰の前後の回転が出来ないからだ。腰の回転については、呉式太極拳は左右の回転が比較的し易い楊式太極拳と根本的に異なる点に十分留意されたい。筆者の西九条ホームページに呉式太極拳4代目継承者の周利明師との推手動画が一部掲載されているが、腰の前後回転について参考されたい。

 

 なお、日本語で言う「腰」は中国語で言う「ヨウ」と「クワ」の両方からなる。その中で臍より上の部分を「ヨウ」、下の部分を「クワ」と呼ぶ。太極拳では両者が使い分けされている。「ヨウ」だけ動くこともあれば、両者が同時に動くこともある。「主宰於腰」の「腰」は「ヨウ」のことを指す。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原文:其根在脚,発於腿,主宰於腰,形於手指。

 

訳文:その根っこは足にあり、腿から発し、腰で制御し、形が手の指に現れる。

 

上記「その」は太極勁のこと、太極拳の動きの原動力のことを指す。車同様、車輪が勝手に回るのではなく燃料を入れ、エンジンをつけて伝導機構経由で回すのだ。但し、太極拳の勁は既製品の燃料を装填するほど簡単に出来ることではない。自分で燃料を作り、自分で伝導機構を形成し、手動で点火して受け身の体を動かすのだ。

 

《太極拳経》のこの言葉は勁の伝導経路を示唆したもので勁の発生には触れていない。というか、燃料も伝導機構もあり、エンジンをつけるだけで良いという前提に立っているようだ。実際、燃料の生成や伝導機構の形成に太極拳の諸要領が係わり、この言葉通りに簡単に出来ることではない。

 

「起勢」を例にすれば、先ず「鬆・静」の下、「気」が足下に沈むように「虚領頂勁」・「含胸抜背」・「鬆腰垂臀」を徹し、「気」が「脚」に集まれば、「其根在脚」の原理を応用するのだ。「根」は足にあるが、「根」を作るのは「心・意」だ。「心・意」の働きで「気」が伴えば、燃料の出来上がりだ。伝導機構の形成は上記諸要領以外に「中正」がキーポイントになる。「陰陽」は内在の動的要因として決定的な役割を果たす。そのメカニズムは「起勢」の後も続き、太極拳で動く以上、それを繰り返す。

 

「其根在脚」は足指で地面をつかんだり、足に力を入れて地面を踏んだりすることではない。体同様、足にも「気」が巡るように「鬆」が不可欠だ。「根」としての足は地面に堅く固定するのではなく、体を巡る「気」が足を介し地面と一体になって通った結果、足が「根」となるのだ。

 

推手では、「根」がなければ、相手から負荷がかかる度に、均衡が崩れ、転倒する羽目になる。一方、相手の均衡を崩す為に、相手の「根」を引き抜く、いわゆる「抜根」という手法を使うのが一般的だ。太極拳の「根」は武術としてそれだけ重要な意味合いを持つ。



















いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。