健康・護身のために太極拳を始めよう

太極拳は、リラックスによるストレス解消、血行改善、膝・腰強化、病気予防などの健康促進効果以外に、小さな力で大きな力に勝つような護身効果もある。ここでは、中国の伝統太極拳の一種である呉式太極拳の誕生、発展およびその式(慢拳・快拳・剣・推手)を紹介する。


テーマ:

前記事に続き、《太極拳経》の『其根在脚,発於腿,主宰於腰,形於手指』における「形於手指」をネタに、太極拳の手について少し議論してみたい。

 

「形於手指」とは、足元から伝わってきた勁を手の指に通して使うということだ。武術としては当たり前のことだ。せっかく生み出した勁が手の指に届かず使うものにならなければ、話にならない。

 

筆者は呉式太極拳三代目伝承者・故馬岳梁氏の弟子・故張金貴師に呉式快拳を師事した際に「勁が体にこもって手に十分届いていない」と指摘され、「勁を手に通すことはたやすくない」と語られた。冬場に心臓から遠い手足が冷たいのと同様で、脚→腿→腰→…→手という経路が長く、途中勁の障害となるものが多いからだ。

 

脚から手指への伝達がスムーズに行われる用件は二つある。足首、膝、股関節、肩、肘、手首の各関節並びに関節間の筋肉の「鬆開」と関節間の「節節貫穿」だ。つまり脚から生み出された勁は手指までの間に消耗されないように通路を広くすること、又、その勁が目的地へ進むように意で促すことだ。無論、伝達問題の以前に脚から生み出された勁の量が関係する。又、その量は脚に沈んだ「気」の量に比例する。「気」の量を多くするには上記関節・筋肉の「鬆開」並びに「虚領頂勁」や「中正」などの身法要領が係わる。従って、「形於手指」はそう簡単ではないし、太極拳の手は手だけの問題ではないのだ。

 

手指への勁の伝達が難しいこととは逆に、「鬆」をしようと思うと真っ先に手指の力を抜く傾向がある。体より手指の力が抜きやすいからだ。ところが、「力を抜く」=「鬆」ではない。「節節貫穿」によるものでなければ、推手のタブー・「DIU」になってしまうのだ。推手における、俗称「点緊体鬆」の要求はそれに対するメッセージとも言えよう。しかし、「点緊」は手に力を入れることではない。フレキシブルな一体化(節節貫穿)になっているかどうかがポイントだ。

 

要するに、「形於手指」は手で形を作るのではなく、足→体→手→体→足→…といった意・気・勁の循環における手の動きのことを指すのだ。手は単独で動かすものではなく、その循環において動きを取るのだ。慢架套路においては、「以身帯手」(体→手)もあれば、「以手帯身」(手→体)もある。又、推手においては、相手に手をつけたまま、足で地面を踏んで押すこともあれば、手で相手の動きを誘引して「借力打力」の威力を発揮することもある。何れも上記循環におけるいわゆる「梢節」としての手の動きだ。

































AD
いいね!(8)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 《太極拳経》の『其根在脚,発於腿,主宰於腰,形於手指』の中の「主宰於腰」について議論したい。

 

 腰は腿の上下伝達機能とは異なり、上下だけでなく、前後・左右の回転も可能だ。「主宰於腰」とは腰で肢体を司ることだが、むやみに腰を回転させることではない。足元から伝わってきた勁を制御し、上下伝達及び前後・左右の回転機能を発揮し、全身へと伝わるようにするのだ。

 

 回転となると軸が必要だ。軸を形成させるために腰を立たせなければならない。これは太極拳で言う「竪腰」又は「立腰」のことだ。一方、腰が硬直だと、軸があってもスムーズに回転することができない。矛盾ではあるが、「竪腰」と「鬆腰」の同時実現が不可欠になる。

 

 太極拳の諸要領の中に「鬆腰垂臀」がある。臀部が突出すると軸の形成が影響される一方、「垂臀」の実現には「鬆腰」が不可欠だ。筋肉の力で「竪腰」のアクションを行おうと、「鬆腰」の実現が遠ざかる。腰の「竪」も「鬆」も「意」によるもので、腰を立てるために腰を動かす「意」だけでなく、「虚領頂勁」や「尾閭中正」などの要領も大いに係わる。

 

 呉式太極拳は両足のつま先とも前に向く「平行歩」を用いるため、太極拳の他の流儀より左右の回転角度は小さいが、前後の回転が比較的多く用いられている。前への回転は足元から伝わってきた勁を増幅し、「発」につながり、後ろへの回転は相手からの力を足元へ受け流し、「化」につながる。呉式太極拳の推手では、太極拳の他の流儀よりも弓歩から虚歩、虚歩から弓歩への転換が重視される。相手から力を受けた際に足の虚実を変えず抵抗するケースがよく見られるが、腰の前後の回転が出来ないからだ。腰の回転については、呉式太極拳は左右の回転が比較的し易い楊式太極拳と根本的に異なる点に十分留意されたい。筆者の西九条ホームページに呉式太極拳4代目継承者の周利明師との推手動画が一部掲載されているが、腰の前後回転について参考されたい。

 

 なお、日本語で言う「腰」は中国語で言う「ヨウ」と「クワ」の両方からなる。その中で臍より上の部分を「ヨウ」、下の部分を「クワ」と呼ぶ。太極拳では両者が使い分けされている。「ヨウ」だけ動くこともあれば、両者が同時に動くこともある。「主宰於腰」の「腰」は「ヨウ」のことを指す。








AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

原文:其根在脚,発於腿,主宰於腰,形於手指。

 

訳文:その根っこは足にあり、腿から発し、腰で制御し、形が手の指に現れる。

 

上記「その」は太極勁のこと、太極拳の動きの原動力のことを指す。車同様、車輪が勝手に回るのではなく燃料を入れ、エンジンをつけて伝導機構経由で回すのだ。但し、太極拳の勁は既製品の燃料を装填するほど簡単に出来ることではない。自分で燃料を作り、自分で伝導機構を形成し、手動で点火して受け身の体を動かすのだ。

 

《太極拳経》のこの言葉は勁の伝導経路を示唆したもので勁の発生には触れていない。というか、燃料も伝導機構もあり、エンジンをつけるだけで良いという前提に立っているようだ。実際、燃料の生成や伝導機構の形成に太極拳の諸要領が係わり、この言葉通りに簡単に出来ることではない。

 

「起勢」を例にすれば、先ず「鬆・静」の下、「気」が足下に沈むように「虚領頂勁」・「含胸抜背」・「鬆腰垂臀」を徹し、「気」が「脚」に集まれば、「其根在脚」の原理を応用するのだ。「根」は足にあるが、「根」を作るのは「心・意」だ。「心・意」の働きで「気」が伴えば、燃料の出来上がりだ。伝導機構の形成は上記諸要領以外に「中正」がキーポイントになる。「陰陽」は内在の動的要因として決定的な役割を果たす。そのメカニズムは「起勢」の後も続き、太極拳で動く以上、それを繰り返す。

 

「其根在脚」は足指で地面をつかんだり、足に力を入れて地面を踏んだりすることではない。体同様、足にも「気」が巡るように「鬆」が不可欠だ。「根」としての足は地面に堅く固定するのではなく、体を巡る「気」が足を介し地面と一体になって通った結果、足が「根」となるのだ。

 

推手では、「根」がなければ、相手から負荷がかかる度に、均衡が崩れ、転倒する羽目になる。一方、相手の均衡を崩す為に、相手の「根」を引き抜く、いわゆる「抜根」という手法を使うのが一般的だ。太極拳の「根」は武術としてそれだけ重要な意味合いを持つ。



















いいね!(12)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。