母の日

テーマ:

母の日どうでしたか??


我が家は年少さんと年長さんがいるため、幼稚園でみっちり「母の日」の話をされ、二人とも張り切って演出してくれました。



これはこれは年少さんの息子が書いてくれた絵です。

ほっしゃんに似てる・・・!?




これは年長さんの娘の製作。

小物入れだそうです。

ママの絵のポイントは毛先がくるんとデジパになってるところ・・・らしい・・・。


飾りながらうるっときました。


そして大張り切りでお花も買ってくれました。

ママの好きな花を色々リサーチして、買ってくれました。





さて、子供からのはここまで。


偶然便乗できたショップのキャンペーンです。


●ひな野http://www.hinano-net.jp/

ここで、母の日の数日前から母の日特別メニューで、チョコフォンデュやママにプレゼントなどの企画をしてました。

近くの店に用があったついでに入っただけなのに、ちょっと得した気分♪

↓が、お土産で貰ったプレゼント。

クッキーと、ティーバッグ二つ入ってました。


●無印良品http://www.muji.net/


母の日の2週間前に家族でお買い物したら「ショッピングバッグにママの絵を描こう」というイベントをやっていて、

母の日の前に展示してもらってそのまま母の日にもらえるというキャンペーンをやってました。

絵を描いたときは子供にラムネや飴やジェリービーンズなど、100円前後相当のお菓子をごほうびにサービス、

プレゼントもきれいにラッピングされてお渡しと、結構お得なイベントでした。





来年もやるかもしれないので、ちょっとチェックしてみてね。


AD

仙台にお住まいの子育て真っ最中のママさんへ耳寄りなイベントです♪


★ラジオCM出演キッズ急募!


11(水)10:00~

青年文化センター(地下鉄旭ヶ丘駅スグ)にて行われる
ラジオ3のミネルヴァ時報CM収録イベント参加キッズ募集!
お子さんの初英語が放送されます(^^)交通費支給お土産有。
参加希望の方は、

①名前②住所③電話番号④お子さんのお名前⑤お子さんの年齢月齢
を明記の上taihakunet@hotmail.com

までメールください。


AD
短期連載のヤクシさんのオケイココラム第5回、最終回です。

++++++++++++++++++++++++++

教材費別で月謝7000円と楽に払える金額ではありません。
お金を無駄にしないように毎回しっかりやりなさいよ!
と親は思ってましたが、それは決して口にはしません。
せっかく楽しんでやってることを、負担に感じさせたくないのです。
そんな心配はよそに、息子は毎回レッスンを楽しんでます。
「今日は英語の日だね」というと「やったあ」と言います。
「どんぐりってねえ、エイコンってゆーんだよ」と教えてくれたりします。
その後男の子が1人増え、今は3人でレッスンをしています。
皆楽しんでるようです。

ちなみに子供の英会話を考えたことのある方ならわかると思いますが、この月7000円という月謝は実はとても安い部類に入ります。
先生は全員外国人のネイティブスピーカーです。
外国人に慣れるという目的もあるので、先生は定期的に入れ替えをしています。
教師は色々な幼稚園に派遣している専門の人で、バイトではなくはありません(結構重要ポイントです)。

息子の英語に対するモチベーションに貢献したと思われる出来事があります。
一つは父親が1ヶ月海外出張したこと。
もう一つは家族海外旅行したことです。
この出来事で、世界はたくさんの国があり、たくさんの言葉があるということを息子なりに理解したように感じます。

「好奇心は自分のこころの中に生まれるものです。
他人がどうこうできるものではない。
本人の中に勝手に芽吹いて勝手に伸びていくものだから、触ってはいけないのです」
整体師の寺門琢己先生の言葉です。

長男には母親である私がいろいろ長男の心に種を植えようとしていましたが、そういうことはやってはいけないことだと後から気がつきました。
これからは芽をひっぱったり、余分に栄養を与えすぎたりしないように、暖かく見守ろうと思います。

【記事提供:ヤクシ】

+++++++++++++++++++++++++

為になるお話しをたくさん聞かせていただいてありがとうございました。
習い事・・・一言で言えば簡単な事のようですが、親子の気持ちも大事ですが、一番には子の気持ちややる気を尊重しなければいけない事ですね。
これから習い事を考えているママ達は是非参考にしてくださいね♪

(ta*maうさぎ・ピンク)
短期連載のヤクシさんのオケイココラム第4回です

++++++++++++++++++++

ヤクシ家長男のオケイコ(4)

年中の生活にもすっかり慣れた頃、
幼稚園から英会話の課外レッスン体験のチラシがきました。
園のプログラムで英会話を少しやっているのですが、
課外でも有料のレッスンを開設するというものです。
息子に「行く?」と聞くと「行く」と言うので行って見ました。

しかし私は全く期待していませんでした。
お恥ずかしい話ですが、息子の園での素行はお世辞にもいいとは言えない状態で、
飽きてくると先生の話もろくに聞かなる等、
まともに園のプログラムをこなしてる姿はあまり見たことがありませんでした。
その子が週1回1レッスン50分、ちゃんとできるとは思えませんでした。
親の見学がOKだったので、
全ては体験レッスンの様子を見て判断しようと思ってました。
レッスンは園で行うので、
慣れた場所、慣れたお友達とできるというのもメリットとうたわれてました。

さて、体験レッスンの日。
体験に来たのはうちの息子を含めてたった2人でした。
年中は100人近くいるのにこの人数かよ~と最初は悲しくなりましたが、
ものは考えよう。これならほとんどプライベートレッスンです。
幸いなことにもう1人の子は同じクラスの女の子でした。
レッスンが始まると、私は驚きの連続でした。
こんなにちゃんとまともに先生のお話を聞いて
真面目にやってる姿、初めて見たからです。
集中力が切れることなく、50分が経ちました。
終わってから「どうだった?」と聞くと「楽しかった」と答えました。
さらに「これ、続ける?」と聞くと「うん、やりたい」

家で夫と相談して、英会話をやることにしました。

(5に続きます。お楽しみに!)
++++++++++++++++++++

【記事提供:ヤクシ】
(ta*maうさぎ・白)
短期連載のヤクシさんのオケイココラム第3回です
今回は、幼稚園入園後に新たに始めたオケイコの話しもあります

++++++++++++++++++++

ヤクシ家長男のオケイコ(3)

ヤ○ハをやめてから4ヶ月後に長男は幼稚園に入園しました。
8時にお迎えのバスに乗り、2時すぎに帰ってくるという生活ペースで、
帰ってきてからはお昼寝していたこともあり、
習い事をするという発想はもう消えていました。

一応幼稚園では週1回わずかな時間ながら
外人の先生との英語遊びの時間がありました。
家でもたまには英語のビデオを見たりしていたし、
何よりも親(私)が洋楽が好きという環境なので
英語から全く離れていたということではなかったです。
園生活にも慣れてあまりお昼寝をしなくなってきた3学期、
また何かしたいなあという思いがふつふつと私の頭をよぎりはじめました。

まずこれやろう、と思ったのがしま○ろうの親子英語です。
もともとこどもちゃれんじを2歳の時に入会していたのですが、
あの毎月増え続けるこちゃこちゃとしたおもちゃにだんだん
イライラを感じるようになり(経験者は皆そう思うようです)、
子供が好きだったのにもかかわらず、
1年半でやめた経験があり(ひどい親ですね・・・)。
以来頻繁にくるダイレクトメールのお験し教材をとても喜んでいた息子。
毎週火曜日夕方にやってるアニメも好きです。
そのしま○ろうで5歳時対象のおやこ英語すてっぷが新設されるというので、
息子にやるかどうか聞いてみました。
返事はもちろん2つ返事で「やる」です。

年中になった5月に、おやこ英語は始まりました。
教材は年6回自宅に届き、全部で三万弱でした。
本とビデオは毎回で、1回おきにココパッドのカセットもきます。
内容は優しく解りやすく、さすがベネ○セだなあというかんじです。
もともとしま○ろうスキのせいか、
息子は喜んで意欲的にやってます。
これはやって良かったなあと思ってます。

ただ、入会しやすい値段設定のためか、
2ヶ月に1回というのがちょっと物足りないかんじがします。
教材が少ないからこれを英語のメインに、
というかんじではないですね。

ちなみにココパッドのカセットはおもちゃやさん等で
種類は少ないけどいろいろ売っているので、しま○ろう以外にも使えます。

(4に続きます。お楽しみに!)
++++++++++++++++++++

【記事提供:ヤクシ】
(ta*maうさぎ・白)
短期連載のヤクシさんのオケイココラム第2回です
第一回はこちら

++++++++++++++++++++

ヤクシ家長男のオケイコ(2)

多くの教室で体験レッスンがあると思いますが、体験レッスンでは本当の雰囲気がわかりません。
事実、メンバーの中には体験レッスンではすごく英語の上手なイケイケな先生で、これならいいと思って入園してみたら担任は違ってて教え方も違う、と嘆いてました。
既にある教室の普通のレッスンを見学することがベストかな、と。
先生の力量、メンバーの様子がわかります。
体験では一緒になるメンバーも先生もわかりませんから。

なんだか文句ばっかりの愚痴っぽい内容となってしまいましたが、
1回だけとても感動したことがあります。
それはハロウィンパーティのこと。
仙台中の教室の子たちが集まってホテルで発表会があったのです。
練習の時はうちの子はほとんどちゃんとやっておらず、
他の子たちもほぼ同じ状況、こんなんで当日大丈夫なのかな?と思っていましたが、
当日は全員ちゃんと踊っていたのです。
普段のレッスンではやらないだけで、ちゃんと踊りをマスターしていたのでした。
これにはびっくりでした。

私の第2子出産のため通って1年しないうちにそこはやめましたが、
いいのか悪いのか、子供から一切苦情はありませんでした(苦笑)。

☆☆次回、幼稚園に入園後の英語教室へと続く☆☆
(3に続きます。お楽しみに!)
++++++++++++++++++++

【記事提供:ヤクシ】
(ta*maうさぎ・白)
習い事も色々ありますよね!みんなは習い事させてるかな?
今回は英語教室に通わせているヤクシさんの習い事レポートを短期連載で赤裸々に書いてもらいました。
これから小さいお子さんを習い事挿せようと思ってる方は必見ですよ!

++++++++++++++++++++

ヤクシ家長男のオケイコ(1)

うちの長男が2歳の時、英語を習わせようと思いつきました。
別に英語を話すなんて高度な要求はなく、
英語に興味を持って欲しいという程度でした。

行ったのは月謝が他より安かった、ヤ○ハ英語教室(長町)。
3歳児対象のリズムで英語というクラスです。
1回50ェの月3回、5000円でした。他にも教材代がかかりました。
先生はバリバリ日本語発音の日本人女性(20代・子なし)。

レッスンは私の時は4人でやってました。
買わされたCDに合わせて歌を歌ったり踊ったりが中心で、
特にその他に教えてもらうことはなく、
「この程度だったらわざわざここにこなくても、
自分でCD買って家でやれるじゃん」と思っていました。

子供は大人より大きく一緒にやる子の影響を受けます。
集中力も短いです。
ちゃんとしたレッスンというものが成り立った時の方が珍しいのです。
レッスン自体が遊びのようなものなのに、
それすらもままならないことが多いという凄い状態でした。

本人はやる気がないのに、親に無理矢理連れて来られてる子もいるわけです。
悪い言い方ですが、そういう子がメンバーにいると最悪です。
おもちゃで釣られて来たのに、教室に入ったとたんにおもちゃをとりあげられてずっと泣いている子。
いつもママに抱っこであまり参加しようとせず、ひどい時にはお昼寝までしちゃってる子。
うちの子はとりあえず走り回って遊べる、という感覚で来てたような気がします。

そういう子供たちを自然にレッスンに向かわせる力も先生には問われます。
大人と違って、「さあ今から始めますよ~」で気持ちの切り替えなんてできないですから。
このくらいの子供の先生には、英語ができるという以前に、子供との向き合い方が上手じゃないと結構キツイです。
私の担任は経験が浅かったのか、そのへんが全く甘く、こんなんじゃ子供はついてこないよ~~とイライラすることもしょっちゅうでした。

(2に続きます。お楽しみに!)
++++++++++++++++++++

【記事提供:ヤクシ】

(ta*maうさぎ・白)
12月から新しい連載を始めます。
テーマは、ママの時間割・・・です。

ママのゆとりの時間を考えよう!ということで、皆さんの「ある一日」の時間簿掲載していきます。
子供の性格や家庭の事情によって時間の使い方ってちがいますよね。
みんなの一日をチョット教えてもらうことによって、自分の時間の使い方を見直したり今後の参考にしたり、ゆとりの時間つくりのヒントを得たり、昔を懐かしんだりできるといいナァと思っています。
読者の皆さんにも、是非時間割を送ってほしいです。
沢山の時間割が集まったらいい連載になると思います!
宜しくお願いします!

文例は以下の通りです
1:子供(胎児)の年齢や家族構成など
2:どんな一日だったか、時間割を説明できる簡単な状況説明
3:時間割り
4:時間の使い方の工夫と一日を振り返るコメント
5:HN(イニシャル表記にしますので安心してください)
の順に書いてくださいね

送信先はtaihakunet@hotmail.comです。
皆さんの投稿、お待ちしていま~す

就学時健康診断

テーマ:
来年小学校入学を控えている長女と小学校へ「就学時健康診断」を受けに行ってきました。
入学予定の学校へ必ず11月の某日受けに行くものです。

はじめに体育館で受付を済ませ受け付けした順番で5人ずつ分けられ、6年生のおに~さん、おね~さんの誘導で健康診断の場所へ向かいます。
母親は後ろからついて行きました。
普段は勉強の為に使う教室が「眼科」「歯科」「耳鼻科」などになっていてあれよあれよと誘導されて健診が行われました。
その後、先生方が数人待つ教室に通され、順番つず呼ばれた後挨拶をして入園までの足取りを簡単に説明してもらいました。
それでこの日は終了です!
時間にして受け付けをしてから1時間くらいで終わりました。

学校によっては人数が多いと子供だけで6年生と一緒に健診を受けに行き、保護者は別に体育館で入園までの足取りを説明されるところもあるようですが、わが子の学校は人数がすごく少ないので個人個人での説明だったようです。
他県は分かりませんが仙台市はこんな感じです。
次は2月に「入学説明会」があります。

まだまだ入学は先の方もいると思いますが、遅かれ早かれその日が来るので私も初体験でしたが参考までにと思いました。

【情報提供:ななな】

(ta*maうさぎ/ピンク)