大栄カントリー倶楽部ブログ

大栄カントリー倶楽部のコースの状況や競技情報、ゲストのインタビューやエピソードなど、日常のゴルフ場の楽しい出来事を日々綴ります。
著作権及び肖像権に触れる文章や画像は、速やかに削除致しますのでご連絡ください。

NEW !
テーマ:



もう8割以上のゴルフ場がこの乗用カートを導入しています。

電磁誘導式か自走式かには分かれますが、時流は乗用カートが主流になりました。


ゴルフはスポーツとは言え、レジャーと接待のニーズが強いのも歪めない事実です。

ハーフ休憩で食事をするのは分かりますが、その際に酒やビールも飲むのですから

完全なスポーツとは言い難いものがあります。



歩けなくなった若者がカートに乗り、健康のために歩くシニアの相反する光景も時代の変化を感じます。

歩こうがカートに乗ろうがゴルフはできるのですから問題はないのですが、カート道を外れてフェアウェイに入りたがるプレーヤーは、身体に障害が無い限りは極力遠慮を願っております。


大栄カントリー倶楽部が開場した平成元年11月には、カート庫に電動式手引きカートが65台もありました。

勿論、ハウスキャディも65名もいたわけですから当時のゴルフ場には、異常な活気がありました。




電動手引きカート(右35台)




(左 30台を収容できるカート庫です)


現在でも45台ぐらいは26年たった今でも稼働が出来ます。

但しブレーキの利きの悪さやコントローラーの不具合は日常茶飯事です。

前輪のタイヤが軋むこともあり耳障りな音がするのもあります。



3輪車で前のタイヤは小さく舵を取るための車輪です。




キャディさんの運転するハンドルはリヤカーの取っ手のようなものです。

しかし、フェアウェにも入れて小回りが利くのでプレーヤーのそばにすぐクラブを運べます。

倶楽部競技などでは最高のアイテムだと思います。


今は主流が乗用なのでこの手引き式のカートは、オーダーメイドになり価格も高額になっています。

いずれは、キャディ不足の折から当倶楽部も乗用カートのみの時代が3年後ぐらいにはやって来そうです。




グリーン脇に置かれた手引きカートが何とも可愛らしくて昭和の良き時代を思い出します。


一時的な大きな波はブームですが、確かなニーズが定着するとトレンディということになります。

もう、乗用カートはブームではなくトレンディの域に入っています。

そうなれば必ずしもキャディ付プレーが「ステータス」と言えなくなってしまいます。


ゴルフの楽しさは、昔も今も変わりませんから新旧の隙間の部分に新たなビジネスチャンスがあると思います。

いずれにせよ、お客様のニーズに合ったゴルフ場にすることが繁栄に続く道と心得ます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「大栄カントリー倶楽部」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。