オリジナル・特注、ロゴ入り、ネーム入り靴べら金具

Original Metal Shoehorn With Its Original Logos.

メタルハウスでは、靴べら、キーホルダー金具に、お客様オリジナルのブランド名を刻印することができます。    

オリジナルの靴べらキーホルダー金具を作成するには、通常、初期費用として、数型の金型代が必要ですが、メタルハウスでは、その金型を独自に所有しております。

 

 

お客様はオリジナルのモチーフや、ロゴの刻印代のみで、オリジナルの靴べらキーホルダーを手軽に作成することが可能になります。


 

ブランドさま向けの靴べらキーホルダーの製造過程をご紹介させてください。

台東区に本社を構え、ブランドを展開なされているBEAUDESSIN さまオリジナルの、靴べら付きキーホルダーのご注文です。オリジナルの刻印入りという事で、ミニマムオーダーの500ヶで作成させて頂きました。



まずは、数十トンの力のあるプレス機を使用し、職人が一つ一つバランスを見ながら、手作業にて、丁寧に、お客様オリジナルのロゴを、打ち込んでいきます

METAL HOUSE - about metal fittings -



無地の金具の上に、BEAUDESSIN というロゴが見えますか? 


  METAL HOUSE - about metal fittings -



刻印後、別工程にて、手作業でキーホルダーになる、フックのパーツを取り付けていきます。 


  METAL HOUSE - about metal fittings -



キーホルダーの部分の取り付けが完了し、マッドニッケルのメッキ加工を施しました。


METAL HOUSE - about metal fittings --くつべらキーホルダー



METAL HOUSE - about metal fittings -  



に見えるのがアルミニウム製の靴べらの芯になります。

軽くて強度のある靴べら部分を取り付け、BEAUDESSINさまの方にて、様々な革を取り付けし完成品になり、皆様のもとへ届けられて行きます。


METAL HOUSE - about metal fittings -


 

 

次にBrooklynsさま様向けの、オリジナルのロゴとブランドネームを刻印した靴べらキーホルダーのオーダーです。

 

メタルハウスの大切な機械の一つ、プレス機を使用し鋼(日本刀と同じ材料)で作成したオリジナルの刻印棒を使用して、本体部分に一つ一つ位置決めをして刻印を打っていきます。



 

METAL HOUSE - about metal fittings -

 

BROOKLYN さまのオリジナルのロゴが、刻印されています。


 


 

刻印直後の表情です。


 


金具の生地の段階なので、これから、靴べらキーホルダーとして使用する為の、たくさんのパーツを、手作業にて、丁寧に取り付けていきます。

 

METAL HOUSE - about metal fittings -

 

 

 

光沢ニッケルメッキ仕上げ直後の表情です。

重厚感、光沢感、艶やかさ、全てにおいて良い仕上がりにする事ができました。



 

さまざまな種類の素材の為、色も違った生地のキーホルダー金具でしたが、メッキ加工によって全てを均一なニッケルメッキ加工に仕上げることができました。


METAL HOUSE - about metal fittings -


 


 


 

縫製メーカーさまにて、アルミの靴ベラの芯部分に、革を取り付けられ、完成品になり、お客様の手元に届けられます。


METAL HOUSE - about metal fittings -


 

 


 

・メタルハウスにて、最近多くなっているオール真鍮製の靴ベラキーホルダーの製作風景です。


展示会の来客者さまに配るプレゼントとして、また、靴屋さまのノベルティーグッズとして、もちろん、ショップ販売、小売販売向けにと、さまざまな用途に利用して頂くことが増えています。 



この靴ベラキーホルダーは、真ちゅう生地のまま使用することが出来る、お客さまオリジナルの刻印が正面に入った、靴ベラキーホルダーの金具です。

頂いたKICKS LABのロゴイメージを元に可能な限り忠実に彫刻型を作成し、数十トンもの力のあるプレス機にて作成させて頂きました。
 
metal house / newmo - Original Metal Fittings -




300ヶ、真ちゅう製にこだわっていらっしゃったので、、フレクションと言うプレス機を使用しての製作方法に決めました。見ての通り、総重量20トン以上の大きなプレス機にて作成していきます。
 
  まずは、一番大切な材料の選定をしながら、サイズを確定して行きます。
 
21世紀の世の中になっても、僕らは昔ながらの伝統と歴史を重んじ、先代から受け継ぎ、研ぎすましてきた技で、お客さまにオンリーワンのモノ作りを提供しています。


metal house / newmo - Original Metal Fittings -



プレス機にて製作し、ごつごつとしていた真ちゅうの靴べら金具に、弊社伝統のバレル加工を施し、光沢と艶、また、暖かみのある丸みを持たせた直後の表情です。


metal house/newmo・about metal fittings



頂いたロゴの文字は金属に移し替えるのは少し難しい為に、弊社の職人の長年培った技術により、お客様の求める表現に一番近づけた形で作成して行きました。


ノベルティーとして使用される為に、別途くつべらにフックと取り付けて行きます。

metal house/newmo・about metal fittings


 
ペンチ(通称とこばし)を使用して一つずつ取り付けて行きます。

metal house/newmo・about metal fittings


 
真ちゅう製のくつべらが、とても良い雰囲気に輝いていますね。

KICKS LABさんからの、オリジナルくつべら金具の製作風景でした。

metal house/newmo・about metal fittings

  

真ちゅう素材で作成し、ナチュラル仕上げのオーダーです。 真ちゅう素材の為に、”アジ”経年劣化を楽しむことが出来ます。

真ちゅう素材の経年劣化の表情をご覧ください
 
上:真ちゅうがまだ日の浅い状態、下:1ヶ月後
METAL HOUSE - about metal fittings -



今回はプレスの製法で真ちゅうを抜き出して作成していきます。

抜いた直後の真ちゅうです。 


  METAL HOUSE - about metal fittings -




まだゴツゴツとしていて、靴べらとして使用するには、手が痛くなってしまいます。


METAL HOUSE - about metal fittings -
 


そこで、当社秘伝の面取り、艶出し加工直後の表情です。
丸みが出て、靴べらと使用しても手触りも良く、とてもしなやかな表情です。 


  METAL HOUSE - about metal fittings -


上:直後、下:2~3週間後
METAL HOUSE - about metal fittings -


上:直後、 下:1ヶ月後
METAL HOUSE - about metal fittings -



真ちゅう特注の独特な味わいがいい感じです。 


  METAL HOUSE - about metal fittings -



わずか、1月ほどで、表情に深みが増しています。 


  METAL HOUSE - about metal fittings -



あめ色に輝いた美しい商品を提供することが出来ました。 


  METAL HOUSE - about metal fittings -
今回は300枚のご注文となりました。
 
 
こちらはCRIMIE さまオリジナルの、靴べらキーホルダーになります。
左側はベルトにフックする事が出来る、CRIMIEさま、オリジナルのキーホルダーになります。 


  metal house/newmo ・ about metal fittings ・



ベルトループに取り付け、ワンポイントのアクセサリーにしたり、靴べらとして使用する際にはフックをはずして使用する事ができる便利な商品です。 


  metal house/newmo ・ about metal fittings ・
 



・オリジナル靴べらキーホルダー金具の製作から、革の縫製の仕事までメタルハウスに一括で任せたい!
 
そんなお客様のご要望を受けまして、メタルハウスでは、縫製の職人さん達とのコラボレーションにより、”オリジナル金具作成”から、”革の縫製の工程まで”一括してお任せして頂くことが出来るようになりました。
 


メタルハウスでは、金具だけでは分かりずらいけれど、とても便利なオリジナル金具に関しては、お客様にとって、少しでも分かりやすいようにと、革を縫製したnewmoという”製品”としてお見せしています。

 

 


newmo = new movement = 新しい”チャレンジ”


 


 実際に手に取って、感触を実感していただき、お客様のイメージを形にできるようにお手伝いしています。


 


例えば、メタルハウスの金具の中で、ロングランの人気金具の一つに、靴べらとキーホルダーが一体になった金具があります(品番:Z-5272)。革を付属した完成品のサンプルがありますので、少しご紹介いたします。


 


 (写真左)


5つのフックには、それぞれにカギを装着することができます。


 (写真右)


 黒の革でカバーされている部分が靴べらの役目を果たします。



 


 


(写真左)


  靴べらになる部分はかかとの角度と靴べらとしての使いやすさを考え、ゆるやかな曲線をつけています。


 


(写真右)


靴を履くときには、くつべらキーホルダーの上部キーホルダー部分を握りながら、かかとと、靴との間にそっと入れ込むことで、簡単に靴を履くことが可能になる優れものです。


 


もちろんキーホルダーとしての役目もしっかりとこなしてくれるので、とても便利な靴べら付きキーホルダーになります。


 


 






靴べらになる部分には、軽さと、強度を兼ね揃えた、アルミニウムの素材を使用しています。この美しく、ゆるやかな曲線を作り出すためには、熟練の金型職人の長年の経験から作り出される金型と、それを上手に使いこなす、経験豊かな職人の技に全てが支えられています。


このアルミニウム部分の金型は、2種類ともメタルハウスで所有していますので、お客様のデザインに応じて、選んでいただくことが可能です。もちろん、自社の金型なので、別途金型代は必要ありません。






アルミニウム製の靴べら部分には、さまざまな色の革を取り付けることが可能です。

今回は、5種類のイタリア製のブッテーロというナチュラルな製法で作られた革を取り付けてみました。





温かみのある、イタリア製のナチュラルレザー、雰囲気がありますよね。
 





鮮やかでカラフルな天然皮革の革は、使い込むごとにエイジングが楽しむことができるのも、革小物の楽しみの一つですよね。





キーホルダー部分の金具には、お客様オリジナルのロゴや、ネームを刻印して、お客様だけのブランドとして製作したり、革部分に素押しをし、同じく、ロゴや、ネームを焼印することも可能です。


アルミニウム製の靴べら部分の曲線に合わせて、革を丁寧に裁断し、ひとつひとつ縫製されています。メタルハウスでは、信頼する縫製職人、メーカーさまと長年のお付き合いがある為に、縫製の工程まで一貫して製作することが可能です。





オリジナル金具から、縫製までメタルハウスにて作成して欲しいというお客様は、お気軽にお声をお掛けください。
 


メタルハウスではお客様のイメージを形にできるよう心がけています。

世界で一つだけのオリジナル金具は手軽に作成が可能です。



*お見積もりの場合には手書きのデザインでも、写真でも構いません。お客様が作成したいイメージに簡単なサイズを入れてお見せください。


オリジナル金具作成を熟知した、メタルハウスの担当者が追って詳しい内容をお聞きいたします。

 


*オリジナル金具作成にご興味の方はお気軽にご連絡ください。



電話 

03-3616-6678
(受付時間:月~金 am9:00-pm5:00 ※土日祝日は休業)

お問い合わせフォーム
日本語

メール
info@metalhouse.co.jp

- More information -