将棋と韓国語と少女時代

オヤジが好き勝手なことを書いているブログです

NEW !
テーマ:

 自分が中学生か高校生の時、日曜日のラジオで竹内まりやさんがパーソナリティをやっていた番組が有って、よく聞いていました。その放送期間中に、割と突然な感じで山下達郎さんとの結婚が決まって、その報告をする回が有ったのですが、その半年くらい前だったか、当分結婚とかは考えていないというような話をされていたので、あるリスナーから、「まりやさんはまだ結婚しないって言っていたじゃないか」という苦情というか悲鳴のような便りが来ていました。30年以上前の話なので、その頃はメールとかは当然無く、熱烈なファンから届いた葉書だったのでしょう。まりやさんは、そのコメントを取り上げ、確かに以前は結婚するとか考えてもいなかったんだけれども、(山下達郎と出会って)、人は気持ちや考えが変わることも有るし、それを分かってほしいと訴えていました。まりやさんがその時に何歳くらいだったか覚えていませんが、感覚としては女子大生シンガーソングライターのイメージで、もう少し後だったかと思いますが、自分は学生だったので、おねえさんという感じで、ファンではあったけど結婚の話を聞いて、涙にくれるようなことはありませんでした。

 今日の朝、会社に行くために最寄り駅まで歩いている時に、ふと上のようなことを思い出したのですが、どうしてこんなことを急に思い出したのかなぁとか考えたりしました。理由は結局よく分かりませんが、竹内まりやさんは確か出雲大社の近くで生まれ育ったとも言っていたはずで、やっぱりそこかな。私もかれこれ仕事やプライベートで日本のあちこちに行ってきましたが、まだ行ったことの無いのが、島根、鳥取の山陰2県、あと九州の熊本、宮崎、鹿児島、その他にもう少し有るかもしれない。お金と時間が有れば、出雲と知覧には行きたいなと思っている。あと外国だと、収容所跡地として数年前にドイツのダッハウに行きましたが、アウシュビッツも死ぬまでに一度は訪れたい気がする。書きながらだんだん思い出してきたが、昨夜は早い時間に一回うたた寝をしてしまったせいか、夜は眠りが浅い気がして、いろいろ夢を見ていたようです。一つだけ覚えているのは、何故か自分が死刑になってしまい、別にそんなことは恐いことではないと感じていましたが、死刑執行は今日これから直ぐだというので、それでは親に伝えることも出来ないじゃないか、と思ったところあたりで目が覚めました。嫁や子供に、とは思わなかったんですが、そういうものだろうか。冷や汗が止まらない悪夢というほど恐ろしいものではなく、変な予知夢的な要素は無さそうで(無いと信じたい)、ただ随分と理不尽な扱いじゃないかとか思ったくらいでした。用事は無いけど、後で親に、元気ですか?って電話だけしておこう。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日立てた週末の計画に則り、無事、11手詰め残りの5問を解いたので、夜は次の一手に取り組もう。かれこれ、1,2カ月掛ったことになるが、11手詰めの20問は全問正解。おめでとうございます。とか一応自分で言っておく(悲)。全問解けた理由は、単純に解けるまで答えを見なかったからという・・・。昔ブログでどこかに書いたかもしれないが、トヨタ流の話で、探し物が見つからないのは、見つかるまで探していないからだ、というやや禅問答的な話と似た感じか。

 記念に20問目を前回と同じくミニ盤で載せておきます。この問題のタイトルとヒントは、桂をうまく使いたい、金・桂コンビが仕留めるです。パッと見は、2二の角が1三に成って上部脱出を防ぐ、4三の角が動けば開き王手、玉方1五歩、2五銀が壁になっているので玉は壁の上か下で詰ますのか?とかでした。実戦にも表れそうな局面ですが、それだったら5二角成りで飛車を取って王手でニンマリして満足してますね、絶対。さて、この問題の嫌なところは、盤上、飛角が威張っているのに、主役は手持ちの金金桂なのか?というところ。初手もバリエーションが有り過ぎて最後に玉が詰む場所がどこなのか?それらを連動して考えると、では何だ?という出だしで悩みところが多い。自分としては、これは一番はっきりとした詰将棋っぽい手で行くしかなかろうと判断して、それがうまくいった感じ。性格的に他のすべての手順ではうまくいかないことを確認して正解手順に確信を持ちたい派であるが、迷路で全ての誤順路を確認しないと達成感を満喫できないというのでは日が暮れてしまうし、迷路の中で飢え死にするパターンだ。だんだん、正解に一直線で辿りつくのが効率的だし正しい思考方法だというような気がしてきた。こういう風に考えられるようになっただけでも自分的には進歩の証ではないかと思ったりして。。。(低いレベルで。。)

 で、上の問題はヒントの通り桂をうまく使うのですが、最後手順前後みたいなことが絡んで、大駒を先に切ることになるが、そういうレッスンも有ってなかなかスッキリ感有りかつ勉強になる一問でした。

 少し区切りがついたので(次は13手詰め、はぁ~)、本の序文を読み返してみたら、「『あれ、この場面は似ているな』と思ったとき、あとはおのずと解き方が導き出されます。」と書いてあった。この感覚がなんとなく分かりかけてきたようで、大駒は少し離して打つとか、最後の詰む形のバリエーションとか、etc.要素にバラすと過去の経験と記憶を組み換え直していけば見えてくるとでもいうか。恋愛もまったくいっしょですね、・・・とか、ここはそういう締めですか??

 (3月のライオンにチャラ男がいろいろ出てくるので、そのノリが移ってしまった。さ、さ、里見さん、本当の僕は違うんです・・・)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いつも日曜日の夜にブルーになって週末の過ごし方を反省をしているので、プロアクティブに金曜の夜に週末の計画をきちんと立ててみることにした。まぁ、普通の人は週末に翌週の仕事の計画を確認して、金曜の夜に反省するものかとは思うけど。。。

 MUSTな部分で言えば、日曜日にNHK杯の決勝が有る。収録なので勝ち負けの結果は既に出ているはずではあるが、佐藤康光会長が勝ったらドラマチック、和俊6段が勝っても、それはそれで新鮮。解説が羽生さんなので見逃せない。あと午後には次期第67回NHK杯の女流予選が有るので、それも見なきゃ。さらに夕方からは二コ生で獅子王戦と言うのが有る。このあとの2つは出場者は分かるけど微妙に対戦カードが分かっていないという。。。どこかに書いてあるのかな?日曜日は、ことほど左様に、ほぼ予定が埋まってるので明日は詰将棋11手詰め残りの5問をなんと終わらせたい。余力が有れば、将棋連盟のwebに掲載されている次の一手上級問題を少しでも考えたい。12問中8問正解で四段ということなので、前回の中級問題で(ヒントが易しかったおかげで出来た?)達した四段がフロックでは無かったということにしたい。普段対局経験が無いので本当の実力は1級以下と分かってはいるものの。それで〆切は4/28なのでまだ一カ月有るけど、たぶん正解に辿り着いたなと思っているのは、まだ3問くらいしかなく、急がないと間に合わなくなりそう。

 一昨日から読み始めた3月のライオンは一気に読み切った。シリアスな描写とギャグ漫画がランダムに混ざり合って、非常に振れ幅が大きい。特にリアルな描写部分はどこかで見たことが有るように思ったけれども、少し「AKIRA」の大友克洋っぽくないかな。主人公の桐山君がひなちゃんのためを思って闘争心に火が付き覚醒していくところあたりは引きこまれるけれど、将棋で誰かのために勝つっていうそういう心理状態で勝てるものなのだろうかとか思ったりもする。あと出だしの師匠との対局シーンで幼少期から引きずっている人生の影の部分を描いているのだけれども、途中からストーリーがずいぶん逸れてきて、そこに主題が戻っていくのかとかも分からない。12巻まで進んで、これで話全体のどのあたりに居ることになるのだろうか?どこまで構想が出来上がっているのか?それとも描きながらどんどん筆の赴くままに新しいストーリーに展開されていってるのだろうか?プロットが非常に気になる。映画も含めて将棋界全体で盛り上げましょうという作品ではあるとしても、こんな棋士は本当にはいないでしょうとか、こちらは思うけれど、プロ棋士の人達はみなさん基本的に好意的に見ているようなので、デフォルメされた作品中の棋士のキャラに、あり得ないんだけど要素としては納得してしまうような共感部が有るのだろうか?あと宗谷名人は白、桐山君は黒のカラーイメージですが、同一化しそうだけど永遠に交わらない表裏のような位置関係を思わせるが、とか・・・結構、結果的には世界観に取り込まれてしまった私。

 で、なんのテーマで書き始めたのか忘れかけていますが、ついでに足すと今日は娘達の中学校の終業式だった。恒例で帰宅したらまず通信簿を見せてもらうんだけれど、長女はまあまあ悪くない、次女は下から数えた方がよっぽど早いというポジションに定着しつつある。あんまり勉強してないので、成績が悪くても驚きはしないんだけれども姉妹で何故こう差が着いてきてしまったんだろうか。じゃあ、だからと言って、ガンガン勉強やらせるって気にもなれない。黙っているけど本人が引け目を感じていたらと思うと、なんか不憫に感じる。もうしばらくは静かに様子を見ていこうかと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アニメは初回しか見てなかったので映画を見に行く前にGEOでマンガを借りようかなと思っていたが、bookwalkerで8割引があったので電子ブックを12冊まとめて購入しました。その世界観に入り込むのに少し戸惑いましたが、3巻まで進んでだんだんと馴染んで来た。でも今日はこの辺で止めて寝ないと…。羽生先生がなぜあの穴熊がお気に入りなのか謎。一種、独特の見え方が有るのだろうか?まあ、とにかく今週はあと2日頑張ろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://www.hochi.co.jp/topics/20170321-OHT1T50072.html

 

つい先ほどまで知りませんでしたが、今日は女流名人V8の就位式&祝賀パーティーが有ったのですね。里見さん、あらためておめでとうございます。

 

電車の中でスマホを見てニュースを発見した時は、対局そのものではないのでドキドキすることは無いんだけど、何とも、ああ生きてて良かったなぁと、日々是新鮮な思いに浸れるこの喜びは何だろう?

 

もう自分自身は、(京都競馬場の3コーナーのように)下り坂を加速しすぎないように気を付けてゆっくり降りていこうというステージに入っていると思ってるんだけど、過ぎ去った50年の人生は、里見さんに出会うためのプロローグだったんだなぁ、とか・・・ギャハハハハ、寒~、キモ。(失礼しました。)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。