障がい者基本条例を作るための市民ワークショップ

障害者差別解消法:障害を理由とする差別の解消を推進することを目的として、平成25年6月、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(いわゆる「障害者差別解消法」)が制定(平成28年4月1日施行)。

長岡京市では、障がい者基本条例を作るための市民ワークショップ(2回目)が開催されました。




まず、障害者テーマごとに移動してグループで意見を交換した。視覚障がいや聴覚障がい、肢体障がいのある車いすを利用している方と話をし、海外では障がいのある人に対して普通に声を掛けて受け答えが出来る文化があるが、日本人は躊躇する傾向があるというので、意識や気持ちを変えていかなければならないと感じた。遠慮なくもっともっと困っていることはいのか、積極的に声掛けをしなければならない、してもいいんだということが分かった。そのことが大きな収穫だった。今日のように雨の降る日、少しの段差も危険であるし、聴覚に障害がある場合など、車のクラクションが聞こえない。相当に危険なのである。視覚障害の場合バスに乗りたくても行き先がわからないのである。どんなことに困っているか?またどのようなことを希望するか?というような話題では、障害者福祉会館を作ってほしいというお声が多かった。障がいのある人同士が集まれる場所がないのである。

市長がワークショップに参加していることで多くの参加者が安心しているし期待もしている。素晴らしいことだと思う。

障害福祉課の職員がとってもいいなー、市民の思いに応える基本条例を作りたいという気概が感じられる。

平成27年 第2回定例会で
合理的配慮の提供については、行政機関等は率先して取り組む主体として法的義務であります。合理的配慮の基本的な考え方について、当市としてはどのように進めていかれるのでしょうか、職員の意識の啓発はどのように考えておられるのでしょうか、お尋ねいたします。

と質問しています。白石にとりましても思い入れのこもった条例であります。