亀田選手の世界戦

テーマ:
残念だ とんだ茶番の 世界戦

TCエンタテインメント
亀田興毅伝説!! ~浪速乃闘拳 世界への軌跡・第一章~



亀田選手、君はよく頑張った!!
態度は悪くて感心できないが、でも一生懸命頑張ってたよ。弱いなりにね。

せっかくの世界戦をぶち壊したのは、金に目が眩んだテレビ関係者やマスコミなどのバカな大人たち。だと思う。

世界はそんなに甘くはないノダ。
大人たちのエゴで穫れる世界タイトルなんてあるかよ~!!

正直、私は亀田親子があまり好きではない。 野蛮だから。

でも、テレビやマスコミにいいように踊らされてこんな結果を招いてしまった彼らには同情するしかない。

そんな彼らの次に進む道は・・・

K-1でしょ!
それしかないって、絶対に。

楽しみにしてるよ、亀ちゃん!!



①ソフト編searchbox-logo-126x32   

②ハード編searchbox-logo-126x32   

③総 合 searchbox-logo-126x32











AD
中居くん ダラダラさせたら 日本一!

SMAP, シライシ紗トリ, 市川喜康, 知野芳彦
freebird


しかしその脱力感が丁度いい案配。
だってテキパキと26時間も番組仕切られたら、見ている方も疲れるよ。

元気いっぱいに自分のコーナーを取り仕切る紳助なんかの方が、逆にウザかったりなんかするぐらいだし。

読売の「24時間テレビ」の向こうを張って始まったこの番組、「24時間」の方は、年々テーマが重くなって真面目過ぎるのがどうかとは思うが、「26時間」の方はふざけすぎな感じが少々鼻につく事もある。

両方足して2で割ったぐらいの番組が丁度良いんだけどなぁ~。

それにしても、そんなにまでして丸一日ぶっ通しで番組やる意味がどこにあるんだろうか?

厳密に言えば、途中で競馬中継やサザエさんなどを放送しているわけだから、丸々ぶっ通しってワケでもないし。

どちらにしても、番組の編成はぼちぼち考えないといけない時期にきてるんじゃないかな。

いつまでもSMAPに頼りっきりじゃあ天下のフジテレビの名が泣くゼ!!


①ソフト編searchbox-logo-126x32   

②ハード編searchbox-logo-126x32   

③総 合 searchbox-logo-126x32











AD

がんばった 日本代表 次こそは!

WORLD SOCCER GRAPHIC 増刊 FIFA WORLD CUP GERMANY 2006 PERFECT GUIDE (フィファワールドカップジャーマニー2006パーフェクトガイド) 2006年 07月号 [雑誌]



初戦大敗。
でもよくがんばった日本代表選手達。

結果論ですが、ジーコなぜ最後まで守り通さなかった?!

後半ずっと押され気味だったのに、いくらイチかバチかだったとは言え、守りを薄くしたら点入れられるのは目に見えてたんじゃないの?

ジーコがそれ程までに冷静さを欠くぐらい、オーストラリアの白い監督の喜びっぷりがカチンときたよ。

「おまえはカーネルサンダースのメガネ取って小さくしたぐらいの人かっ!!!」

ウデをブンブン振り回し過ぎだし。

でもまあよい。

相手も必死みたいだったしさ。

次、頑張ろう!

それはさておき、ジーコの通訳のラテン系の濃~いオッサン!!
アンタ何者?

ジーコが言った事をただ通訳しているだけの人のはずなのに、やたら態度デカくない??

アンタそんなに偉くないって。

偉いのはジーコ監督だぞ~。

そのうえ、このオッサンが通訳している話の内容も、「本当にジーコがそんな事言ってるのか~?」ってぐらいアヤシく聞こえる。

サッカー関係の通訳って、なんでみんな なれなれしいんだろう。

もっと地味~なアナウンサー系な人に、淡々と通訳させたらダメなんだろうか。

これはこれでカチンときたよ。




①ソフト編searchbox-logo-126x32   

②ハード編searchbox-logo-126x32   

③総 合 searchbox-logo-126x32











AD