マドンナ
ハング・アップ

祝、スマスマ出演!
それはいいけど、あのピンクのレオタードはイケてるの?

新作プロモでも、あれ着て踊ってたけど、こっちはあきれて目が点ですわ。

正直、「カッコ悪い。」

なにか狙いがあるんだろうけど残念ながらオイラにゃあその意図はまったく伝わって来ねぇよ。

「47歳であの若さ」と言われているけど、同じ年齢層なら黒木瞳の方が断然いいッス!!

マドンナの出世曲「ライク ア バージン」は、「処女が好き」って意味かと思ってた人も多いでしょうが、「ア」がついてるから、正しくは「処女のように」です。
念のため。



★2006年版最新カレンダーやデジモノ・エンタメ最新情報はココ★




①ソフト編searchbox-logo-126x32   

②ハード編searchbox-logo-126x32   

③総 合 searchbox-logo-126x32





AD
タタ・ヤン
I BELIEVE(DVD付期間限定)

「ついに日本上陸っ!!!」とか言って、鳴り物入りで登場したアジアの歌姫タタヤン。

大々的な宣伝と各種音楽番組に出演するなど、派手なプロモーションのわりにはイマイチぱっとしなかったなぁ。

踊りはともかく、曲がそれほど良くはなかった。
歌もたいして上手くなかったし、第一顔がクリスタル・ケイじゃあ興味わかないわな。

今頃は祖国に帰って日本の悪口言いながらカレー・ナンでも食べてるんじゃないの。

「ニッポン、タタヤンニハ カラクチダッタヨー」とか言っちゃってね。ハハハ(^_^)/~ あばよ、タタヤン!!
永遠にSo long.


①ソフト編searchbox-logo-126x32   

②ハード編searchbox-logo-126x32   

③総 合 searchbox-logo-126x32



AD
オゾン
DISCO-ZONE~恋のマイアヒ~

飲ま飲まイェイッ! ってことで、こんばんは。

以前にもこのブログで記事に書きましたが、今また流行ってるという事でそのネタを少々。

実はこの曲が本国で発売されてからはもう、一年くらいは経つんじゃないでしょうかねぇ~。

まさか当人たちも、彼らからすればこんな辺境の地で今頃ヒットするなんて、思いもよらなかったことでしょう。

ミュージックステーションでは爆笑の中、歌っていましたが、なにがおかしいのか本人達にはまるで理解できなかったと思います。

オゾンのメンバーに日本行きの話がきたときには、みんな、なんて思ったんでしょう?

きっと、「ニホン?ソレ、ドコナ?」
「ナンデ、イカナアカント?」

ってカンジだったんじゃないかな。

それでもまぁ、売れたから良かったじゃない!!

私もタワレコでこのオゾンの「恋のマイアヒー」のアルバムを3ヶ月程前に買ったけど、充分聴いたからわりとすぐ中古屋に売りに行ったら、なんとたったの10円ポッチやったよ。(マジで)

まぁ、今ほどブレイクしていたワケじゃないけど、そりゃないぜ、セニョール!って感じです。
ヘロヘロ。


①ソフト編searchbox-logo-126x32   

②ハード編searchbox-logo-126x32   

③総 合 searchbox-logo-126x32

AD