すごかった!
なにがすごかったって、妻夫木の髪型exclamation?~2

ペッタンコやったし???[???i?????????j
まっ、なにやってもカッコいい人はカッコいいんだけどね。

しかしこの映画、出てくる人たちがみんなカッコよくて素敵だった。
久しぶりに、観ていて気持ちのいい映画だったなぁ????????

お勧めです!
まだご覧になってない方は、是非exclamation

AD

ホラー映画「回路」

テーマ:

暗すぎて 見にくい画風は ジャパニーズ

加藤晴彦オレのセーターBOOK



この度、ハリウッドでもリメイクされた黒沢清監督のホラー映画「回路」。
けど、ぜ~んぜん怖くなかったよねっ!(あ、言っちゃった。)

主演の加藤晴彦の投げやりな演技は まぁ良かったが、ゲスト出演してた武田真治の演技はいただけません。

小雪もまだまだ今のような美しさが洗練されておらず、発展途上。

作品自体もつじつまの合わないところが多く、結末もなんだかよく分からないまま終わってしまった。

ただ、おそらく世界的にとんでもない事態になっているであろう状況を、小さな町一つ分ぐらいで収めてしまうやり方は、M.ナイト・シャマラン監督の「サイン」によく似ている。

どっちか、パクった?!

それにしても、全体的な映像のトーンが暗いのは、ジャパニーズホラーの宿命か!?

もちろん、意図しているところはよく分かるが、正直 画面見にくいよ~。

きっと、映画館で観ていたとしても、そんな感じだったんじゃないかなぁ~。
それをビデオやハードディスクに録って観た日にゃあ、暗い部分には何が映っているのかほぼ判別不可能。
三倍速なみの画像なら、もう観賞に耐えられたものじゃない!

そこそこ画像が良くっても、液晶プロジェクターに投影すると やっぱり見にくいさ~。

そりゃ、「劇場で観て下さい。」とか、「DVD買って観て下さい。」って事なんだろうけど、これほどニーズが多様化した時代、いくら演出とはいえ 必要以上に画面を見えにくくする意味がいったいどこにある!

ビデオとかに録って観る奴は山ほどいるんだぞ!!

ともあれ監督の新作「LOFT」には密かに期待しています。


①ソフト編searchbox-logo-126x32   

②ハード編searchbox-logo-126x32   

③総 合 searchbox-logo-126x32











AD

バレてるよ そんなオチでも いいんかい?!

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション



最初のワンシーンで、おおよそのオチに気付いてしまう映画ってどうよ?!

そんなの、「ファイトクラブ」でもやってたじゃんッ!

それに、ちょっと昔に浅野温子と三上博史主演のドラマで、こんな展開のドラマをテレビでやってたし。

まぁ、誰が一番先にこのネタの本を書いたかって事なんだろうけどね。

「シークレット・ウィンドウ」自体の話の筋がまさにそんなカンジの盗作疑惑的な話で、今のこの状態を地で行ってるところがすごい。

しかし、原作のスティーブン・キングって、キライじゃないけど何故か映画化されてもヒットしない。

今までで一番良かったのは「シャイニング」かな。

あとの作品はどれもビミョーなカンジで、オチもイマイチ。

どこか曖昧で、常に謎めいた雰囲気や予兆・余韻を演出する作風は、文章の上ではその効果を存分に発揮するんだろうが、ひとたび映像化してしまうと、「いくらなんでもそれはないやろ~」とか、「その事に何の意味があるの?」とか、矛盾や疑問が吹き出してきてなんだかモヤモヤしたままエンディングを迎えてしまうこともしばしば。

どうもヒットさせるまでのパワーやサプライズに欠けるのだ。

あともうひとひねりした原作を書いてくれると、立派なエンターテインメント作品が出来上がるのになぁ~。

残念~!!・・・って
言えば、ギター侍て最近まったく見かけなくなったけど、ドコいった??


①ソフト編searchbox-logo-126x32   

②ハード編searchbox-logo-126x32   

③総 合 searchbox-logo-126x32











AD