melodyの干支は?

テーマ:


アーティスト: melody., MIZUE, Kei”SPUR”Kawano
タイトル: Next to You
透き通るような透明感のある歌声と、お姉様ちっくな雰囲気が魅力のmelody。

ハワイ出身というだけあって、歌詞の発音もどこか異国的。
しかし以前ミュージックステーションに出た時、おもいっきり歌詞ド忘れしてましたけど。

本名もメロディーで、ちなみにリズムだかリズミーだかいう姉妹もいるらしい。
m-floのボーカルも務めた事があり、実力的にも申し分ない彼女だが、いつまでたってもあか抜けない素人クサさと、美人だがともすれば老け顔の外見で、どうしてもメジャーになりきれない。

今年でおいくつになられたのでしょうか。
とりあえず、私に干支教えて下さい!!






タイトル: FIRST VISUAL ISSUE -CLIPS AND MORE- Sincerely Yours
AD



タイトル: アイデンティティー コレクターズ・エディション
偶然出会った男女が一軒のモーテルを舞台に体験する恐怖。
一人、また一人と命を落としていく登場人物達。これは殺人か、事故か?
しかしそこには明らかに何者かの悪意が存在していた。
やがて判明する彼らの意外な共通点。そして犯人は…、生き残るのはいったい誰だ。

と、謎がナゾ呼ぶ展開だが 設定にちょっと無理があったような気がします。
あくまでも観客に見せるために創られたかのような舞台設定や物語の背景。
また、一見ジョントラボルタ風の刑事、怪しいヤツは最初から最後まで怪しい。
この人たしか、映画「ハンニバル」でレクター博士に脳みそ食べられてた人じゃなかっただろうか。

まあしかしこの映画の本質はそんな事ではなく、もっと人間の内面に潜むもの。
テーマは「自分たちとの別れ」だったのではないでしょうか。
これ以上書くとさすがにネタバレするので、興味のある方は本編をご覧下さい。





タイトル: ハンニバル スペシャルプライス版
AD


著者: 筒井 康隆
タイトル: 富豪刑事

映画「下妻物事」で特異なキャラを演じた深田恭子さん。
今作でも一風変わったキャラをみごとに演じきっていました。

たまにセリフを咬みそうになる たどたどしさはご愛嬌。
「あのぅ、ちょっとよろしいでしょうか…」と、とぼけたセリフと立ち振る舞いは、パート2・3…とシリーズ化を予感させるほど。

一時期、みるみるうちに巨大化していってしまって、どうなることかとハラハラしましたが、仲間由紀恵と共にコミカル路線を突っ走れっ!

ドラマ的には、祖父役がたまに見せる悪の一面や警部の意外な有能ぶり、また、ヤクザ風刑事の優しさなど各自のキャラが立っててよかったのではないでしょうか。


ただ、運転手役の人にはもう少し個性を持たせて欲しかったのと、あとエンディング曲が「愛のメモリー」っていうのはなんとも いただけません。

パート2、あるんでしょうか?





タイトル: 下妻物語 スタンダード・エディション




タイトル: 深田恭子 in 下妻物語
AD