1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011年11月28日(月)

『1969』(由紀さおり) が欧米でヒットチャート上位に

テーマ:音楽

1969年-。


日本人がまだまだ貧しく、高度経済成長のレールに乗りながら「明日はもっと良くなる」と思っていた頃である。当時5歳の私にとっては、まだ人生の「夜明け前」の時代であったが、由紀さおりの『夜明けのスキャット』が発売されたのが1969年である。


『夜明けのスキャット』といっても、おそらく若い人は知らないと思う。深夜のラジオ番組のテーマソングであり、歌詞のない“スキャット”だけで歌う1番が番組で流れ、その斬新さや物悲しくも神秘感漂うメロディーラインの美しさが人々の心を捉えた。結局のところ、1969年のオリコンの年間ヒットチャートでトップとなった大ヒット曲である。


その1969年という大阪万博を翌年に控えた年に発売された曲目をカバーしたのが『1969』という新しいCDアルバムであり、10月に発売されるやいなや瞬く間に欧米のヒットチャートで上位に食い込んでいるのだ。


1969/由紀さおり
¥3,000
Amazon.co.jp

プロデュースしたのは、アルバムの演奏を担当しているピンク・マルティーニという米国のジャズ・オーケストラである。ピンク・マルティーニは1940年代から1960年代にかけて世界中で流行したジャズ、映画音楽、ミュージカルのナンバーなどを主なレパートリーにしている12人の小規模編成のグループである。グループのリーダーであるトーマス・ローダデール(1971年生まれ)がレコードショップで、たまたま40年前の由紀さおりのLPを手に取り、そのジャケットの美しさで衝動買いし、透明感ある歌声に魅了された。今回の由紀さおりとのコラボレーションに至ったきっかけはすべてこの「たまたま手に取った」ことから始まるのである。


収録されている12曲はジャズ風アレンジがほどこされ、オリジナルとは少し異なる雰囲気を持っている(1曲を除いてすべて日本語で歌っている)。が、こうしたアレンジがあってこそ欧米で日本の歌謡曲がより受け入れられやすくなる下地をつくっているのだろう。収められている曲は「夜明けのスキャット」「ブルー・ライト・ヨコハマ」「夕月」「いいじゃないの幸せならば」などは私にとっても懐かしい曲であるが、知らない曲もあり興味深かった(「季節の足音」のみ2011年の由紀さおりのオリジナル曲を収録)。


1970年前後の日本の歌謡曲はもはや日本人にとっても「遠すぎる時代」で忘れ去られた存在であり、世界的には全く知られていない領域である。だが、レベルの高い楽曲が数多く、こうしたことがきっかけで日本だけではなく「Kayou-Kyoku」として認知度が高まることは喜ばしいと思う。「何でもお手軽にできる便利な時代」がこうした「何をするにも不便だった時代」の良さにうすうす気付き始めていると私は考えている。便利すぎる時代に生きること、実はそれは自己喪失の時代に生きることを意味していると私は思う。


太田忠の縦横無尽 2011.11.28

『「1969」(由紀さおり)が欧米でヒットチャート上位に』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年07月10日(日)

藍川由美「童謡ジャズ」をうたう

テーマ:音楽

ちょうど1週間前の7月3日(日)のこと。上野の東京文化会館でおこなわれた藍川由美 さんのコンサートに出かけた。


藍川さんは声楽家で日本の唱歌や童謡のスペシャリストであり、ジャズピアニストの福田重男氏の伴奏にてジャズアレンジされた童謡を歌うという企画であった。実は、この組み合わせは昨年もおこなわれたのだが、残念ながら所用のため参加することはできなかった。今回初めてである。


そもそも童謡というのは、今生きている日本人にとっての心のふるさと(もはや、そのふるさとすら感じない世代も出現しているのではないか)であり、西洋風のジャズとは最も遠い存在にあるような気がするのだが、「童謡ジャズをうたう」となれば、それはかなり斬新であり、大いに興味がそそられたのである。


会場は東京文化会館の小ホール。ただし、小ホールと言っても収容人員649名を誇る大きなホールである。これをたった2人の出演者で受け止めるのだから、そのエネルギーは並々ではないことは容易に想像できる。通常、ジャズボーカリストはマイクで歌うが、藍川さんはオペラ歌手と同様にマイクなしである。これはかなり大変なことである。


コンサートは2部構成。第一部が「かつて童謡ジャズがあった」と題して、北原白秋、野口雨情、宮沢賢治の童謡が福田氏アレンジのテンションばりばりの伴奏にて披露された。歌は堂々たるものですばらしかった。さすがは一流の声楽家である。曲の間に、藍川さんの詳細な解説が入り、ちょっとした研究発表の風情だ。ジャズボーカリストのライブとは全く異質な展開である。うん、知らないことだらけで面白い。


第二部は「夢二 子供の世界/失はれし世界」と題し、竹久夢二の詩に藍川さんが作曲してメロディーをつけた歌を16曲披露。こちらのアレンジはテンションばりばりのジャズ風ではなく、日本古来の童謡路線的な雰囲気だった。


藍川さんの説明によると、日本の童謡は「陰旋(五音音階)」が多く使われており、これがジャズにおける音階の使い方に似ていること。また日本の童謡には跳ねるリズムが多用されており、これがジャズにおけるスウィング感と似ていること。この2点から日本の童謡がジャズ風に歌われることがあった、とのことである。


「うーん、本当かなあ」というのが正直な感想である。これまでの人生の中で、童謡を聴いたり、習ったり、歌ったりした経験の中で、ジャズの「ジ」の字も耳にしたことがないので、私が単に無知なだけなのか。確かに、五音音階ということになれば、ジャズにもマイナーペンタトニックスケールという五音音階が存在してメロディーを奏でる要素である。だが、日本において西洋音楽を広めようと主導したのは、音楽取調掛(のちの東京藝術大学)を創設した伊沢修二であるため、ジャズというよりもむしろ日本音楽が日本風の五音音階にて西洋音楽に寄り沿っていく過程で、こうした歌が発展したのではないか?


いや、私は素人なのでよくわからないし、検証する能力もない。しかし、「七つの子」「赤い靴」「シャボン玉」「あの町この町」などの童謡をジャズで歌うというのは、スリリングであるということはよくわかった。なかなか楽しい時間だった。


太田忠の縦横無尽 2011.7.10

『藍川由美「童謡ジャズ」をうたう』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年07月05日(火)

天地真理さんから届いたバースデーカード

テーマ:音楽

7月4日といえば日本人にはあまり馴染みがないかもしれないが、米国の独立記念日であり、米国人にとってはとても重要な祝日である。


私が生まれたのは1964年7月4日、すなわち、米国の独立記念日であり、一昨年は『7月4日に生まれて』 という記事を書き、昨年は『不覚にも自分の誕生日を忘れた日』 という、他人にとってはどうでもいいブログ内容でお茶を濁した。


ところが、今年はなぜか「お誕生日おめでとうございます」「Happy Birthday!」などのメッセージを多くの人からいただき、しかも見知らぬ人からもメッセージをもらった。まだきちんと返事ができていないのだが、皆様ありがとうございます。中には「ちゃんとお誕生日覚えてましたか?」というのもあった。はい、ありがとう。今年は、大丈夫だった。


ところで、誕生日の夕方のこと。妻が突然、声を上げた。

「え、えー、すごい、天地真理からバースデーカードが来ているわ!」

「え、天地真理?本当?来てるの?」

とそれを聞いた私も、思わず驚きの声を上げた。


『Happy Birthday

太田さんへ

お誕生日おめでとうございます。

心を大切に。

天地真理』


正真正銘、ご本人の直筆である。


天地真理といっても今の若い人たちはおそらく知らないだろう。1970年代前半に一世風靡したスーパーアイドルである。私は当時、小学校の低学年だったため、TVに毎日登場する彼女の存在は知っていたが、とくにファンというものでもなく、いつの間にやら記憶の奥底に沈んでいた存在である。


ところが、2009年に個人的な必要性から「1972年の研究」というのをやっていて、久しく忘れていた天地真理の名前が出てきたので彼女のことを思い出したのだ。ネットで調べてみたらソニー・ミュージックから『天地真理プレミアムボックス』 という彼女の222曲(!)が網羅された10枚組のコンプリートDVD/CD版が発売されているのを知り、さっそく購入して聴いてみた。


衝撃的だった。彼女がこんなにすばらしい歌声を持つ歌手であったことを初めて認識したのだ。彼女だけの唯一無二といえるすべての音域をファルセットで歌う唱法が聴き手にまことに心地よく響き、気分が穏やかになり、希望と勇気を与えてくれ、心を前向きにさせてくれる。まさに、これだ、と思った。今の閉塞感漂う時代にこそ必要な歌手である。


今年の10月1日にデビュー40周年記念を迎えるのを機に、4月1日に天地真理ファンクラブが創設されたので、私は入会したのだった。もともとアイドルにはあまり興味がないタイプの人間なので、このような会に入会するのは生まれて初めてである。入会時に受け取ったレターには、こうあった。


「今年はデビュー40周年にあたり、ファンの皆様と新たに歩みだす元年にしたいと思っております。(中略)天地真理はファンの皆様と共に、心新たに、歌手の道で頑張って参ります(以下略)」


彼女が活躍していた当時は世間一般的には「アイドル」の位置づけしかなかったが、国立音楽大学付属中学・高校を出ているため音楽的基礎力がきわめて高くギターもピアノも得意(コンサートアルバムに多数の弾き語りがある)であり、おまけに誰も真似のできないファルセット唱法ができるのだ。とにかく、すばらしいのである。


最近になって、彼女の歌手としての再評価をしようという動きが広まってきており、今年は何か起こりそうな予感がしている。天地真理作曲&ナレーションCDの発売も今秋予定されており、とても楽しみにしている。


彼女の名前を懐かしく思い出した人、興味を持った人は、一度CDを聴いて下さい。衝撃を受けます。


太田忠の縦横無尽 2011.7.5

『天地真理さんから届いたバースデーカード』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>