2011年08月08日(月)

便利すぎる世の中:「雇用機会の喪失」>「雇用機会の創出」

テーマ:経済・社会

暑さがぶり返してきた。熱中症にはくれぐれもご注意を。


さて、先週の金曜日に初めてSkype(スカイプ)を利用した。Skypeというのは、ルクセンブルクに本社を置くSkype Technologies社が開発したIP電話のソフトであり、Skypeユーザー同士ならば世界中どこでも音声通話、ビデオ通話が無料というシステムである。Skypeへの登録ももちろん無料である。


顧客とビデオカンファレンスをする必要があり、私もまず登録。登録はいたって簡単で、ビデオカメラも価格は非常に安くAmazonで6千円くらいのものを購入し、USBケーブルをPCに接続するだけで使うことができる。現在、5億人以上の登録者がいるそうだ。Skypeでは固定電話と通信したり、特別なサービスを利用すると有料になるのだが、利用者の大半が無料ユーザーである。リアルタイムの利用者が画面上に表示されるのだが、現在「17,486,424人がオンライン」とある。膨大な人たちが今まさに利用しているのだ


金曜日にビデオカンファレンスをしたのはロンドンにいるイギリス人である。外国人と電話でやり取りすると、何を言っているのかわからない、ということがよく起こるのだが、映像を通じてやり取りするとそういうストレスがほぼゼロである。しかもビデオカメラは驚くほど高性能で、リアルタイムにお互いの姿がスムーズに映る。音声もクリアである。ちょうど1時間カンファレンスをおこなったのだが、料金はゼロ!、である。


その昔、外資系証券でアナリストをやっていた時代に、よくビデオ会議というのを海外のクライアントとおこなった。大がかりな専用装置を使うのだが、映像のクオリティーは良くないし、リアルタイムに動作は映し出されず、音声も途切れたりする。だが、そんな装置を1時間も使うと、その使用料はベラボーだった。私のアシスタントが確か「1時間も使うと10万円以上かかるんですよ。でも、海外に出張することを思えば安いんですけどね」と言っていたのを覚えている。

世の中が激変したことを感じる。


こんなに便利なものを利用すれば、当然のことながらその対価を支払わねばならぬところ無料であるということは、既存の通信会社にとっては脅威であろう。多額の設備投資をおこない、多くの人員を投入しておこなっている既存ビジネスの存在意義が脅かされ「雇用機会の喪失」になりかねないからである。もちろん新規ビジネスは一方で「雇用機会の創出」ではあるものの、今の世の中はすべて「便利」と「安さ」を追求する方向にしか走っていないことから考えると、世の中が便利になればなるほど「雇用機会の喪失」>「雇用機会の創出」という図式になるはずである。


「便利すぎる世の中は、果たして良いのだろうか」と最近よく思うのだが、Skypeを利用していてそのことをまた考えさせられた。



太田忠の縦横無尽 2011.8.8

『便利すぎる世の中:「雇用機会の喪失」>「雇用機会の創出」』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**

いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります