2011年06月30日(木)

モデルポートフォリオは+10.1%、累計+51.4%の新高値にて2011年の前半戦を終了

テーマ:金融・マーケット・資産運用

さて、今日で今年もいよいよ半分が終了した。

Time flies like an arrow、まさに「光陰矢のごとし」である。


今日は弊社にとっても、私にとっても画期的な日となった。

なぜならば、太田忠投資評価研究所の「投資実践コース」 におけるモデルポートフォリオのパフォーマンスが、6月において今年の2月以来4ヶ月ぶりに年初来高値を更新して2011年の前半戦を終了したためである。年初来高値=運用来高値と同意である。6月の単月パフォーマンスは+3.0%。2011年の年初来では+10.1%、累計では+51.4%となった。


2011年のマーケットは3月11日の東日本大震災を境に明暗を分ける展開となり、大震災ショック後は市場参加者が極度に減少し、東証の1日の売買代金も活況時の目安となる2兆円の約半分のレベルにて推移している。


マーケットは徐々に回復基調にあるが、年初から6月末までのパフォーマンスを見ると日経平均は-4.0%、Topix-5.5%、ジャスダック指数-0.4%と冴えない。そうした中、モデルポートフォリオは+10.1%と圧倒的優位に立っているのにはわけがある。投資実践コースでおこなっている3つのポイント、すなわちフルインベストメントをおこなわず、時間的分散投資を実行し、逆指値の設定による損失限定&逆指値の引き上げによる実現益拡大策の地道な実践 ― これが効果を上げているのだ。


『どんなマーケットでも年率+10%を実現する資産運用を』というのが弊社の目標である。2011年も6月末において+10%を瞬間風速的にではあるが達成したが、後半の6ヶ月においても更なるパフォーマンスの積み上げに邁進していく。


実はもう一つ画期的な点があった。それは6月の「投資実践コース」の新入会員においてこれまでの最低年齢を更新する1986年生まれの男性が入会してきたことである。1986年生まれ、すなわち25歳である。これまで投資の初歩を学ぶ「投資基礎講座」にはもちろんこの年代層は存在するが、実践コースでの20代はごく少数派であり、25歳は最もフレッシュマンである。


今の20代の人たちは自分たちが社会的に置かれている劣悪な状況に対してぼんやりとした意識しかなく、自分に対しても自信なさげで、本当に大丈夫なのだろうか? という人がますます多くなっているというのが私の偽らざる個人的印象である。将来的には日本はますます厳しく悲惨な状況になっていく。そういう意味でも、ロングタームの人生プランを実現するためのすべての土台・基礎となる「お金」に対する考え方を確立し、戦略的に「資産運用」を実践していくことに若い人たちこそ目覚めていただきたい。


昨年の2010年12月31日に書いた大晦日のブログでは

『年初来高値で有終の美:2010年のモデルポートフォリオは+21.4%、累計+37.5%』 と題して、その最後をこう結んだ。


『2011年も楽しみである。どんなマーケットになろうとも、弊社の目指すところである「年率+10%のパフォーマンス」を実現していきたいと思う。

それでは、皆さん、良いお年を!』


また半年後にも同じセリフを言えるよう今から万全な体制で臨みたい。


太田忠の縦横無尽 2011.6.30

『モデルポートフォリオは+10.1%、累計+51.4%の新高値にて2011年の前半戦を終了』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります