2011年03月31日(木)

2011年3月のモデルポートフォリオのパフォーマンス

テーマ:金融・マーケット・資産運用

激動の3月が終了。2010年度の終了でもあり、カレンダーイヤーではすでに1/4が終わったことになる。

3月の弊社のインターネットによる個人投資家向け投資講座の「投資実践コース」 におけるモデルポートフォリオのパフォーマンスは-2.1%となり、4ヶ月連続で更新していた昨年来高値の記録が途絶えた。累計パフォーマンスは+44.0%。2011年の年初来では+4.8%となった。


3月の株式市場は一時はマーケット全体が20%以上もの下落を演じたが、終わってみれば日経平均は-8.2%、ジャスダック平均は-8.1%となった。弊社のポートフォリオも一時的には-7%を超える下落を記録したが、逆指値による早々の利益確定・損失確定をおこない、安いところで買い戻せたのが奏功した。もちろん、今回の急落局面でもフルインベストメントをしていない、というのが強みを発揮した形となった。


いよいよ4月である。日本人にとっての4月はさまざまな新しいことが始まる月。学校も始まり、会社も始まり、第二の新年のようなものである。チャレンジ意欲が高まり、学ぶ意欲も高まる。毎年弊社の投資講座 も4月は申込者が増える時期である。


大震災の影響があらゆるところに影響を及ぼしているが、自分のいる場所、自分のおかれた状況で前向きに生きるしかない。その「意欲」こそが未来を切り拓いていく原動力になる。


太田忠の縦横無尽 2010.3.31

『2011年3月のモデルポートフォリオのパフォーマンス』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら」**


いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります