2011年02月12日(土)

3分間待つのだぞ-じっと我慢の子であった

テーマ:日常のこと


太田忠の縦横無尽-チャッピー 「待て」


タイトルどおりの図。ただし、ボンカレーではない。


チャッピーがごはんを前にして、妻の「待て」の命令を受けている。そして、3分間のじっと我慢。きっかり3分間待った後に「よし」。ようやくごはんが食べられるのだ。


もちろん、ちょっと前までは決してこんな美しくはいかなかった。ごはんを準備する音を聞きつけるや騒ぎはじめ、ごはんを目の前にすると大はしゃぎで収拾がつかず、目にもとまらぬ早業で容器に顔を突っ込もうとする。これができるようになるまで1ヶ月超もかかった。


チャッピーのお転婆ぶりは相変わらずだが、「前向きな性格」と「集中力の高さ」は評価してよい。3分間ほとんど目をそらさず、アイコンタクトを続けてくれる。けなげである。


私も最近、拝一刀の役をやっている。いや、正確には笑福亭仁鶴か。


「3分間は短いようでいて、けっこう長いね」と私。

「そうね。チャッピーが食べ始める頃、ウルトラマンならちょうど死んじゃう時間だわね」と妻。


ちなみに今日は「レトルトカレーの日」だそうだ。

大塚食品が日本初のレトルトカレーとなるボンカレーを発売したのが昭和43年(1968年)の2月12日である。


なお、ボンカレーにおける拝一刀や笑福亭仁鶴のことがわからない方は、こちらの懐かしいCMを⇒1972年をクリック



太田忠の縦横無尽 2011.2.12

『3分間待つのだぞ-じっと我慢の子であった』

       **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります