2010年06月25日(金)

FIFAワールドカップ 見事にコンセンサス予想を覆した日本の快進撃

テーマ:日常のこと

日本、いよいよ決勝トーナメント進出へ ―。


6/24(木)におこなわれた日本-デンマークの試合は3-1のスコアで快勝した。私は残念ながらリアルタイムで試合は見なかったのだが(朝型人間にはAM3:30から始まるTV中継を見るのは厳しい)、ダイジェスト放送で試合を見た。


内容は完勝である。先制点をまず奪取し、さらに追加点を入れ、その後1点を失うものの再度取り返すダメ押しの1点(取り返したのが非常に大事)。この内容で3-1のスコアはまさに強いチームの証である。デンマークに対して得失点差で優位にあるものの負ければ1次リーグ敗退というプレッシャーの中で、日本のすばらしい力量を発揮したゲームだった。加えて、前回のブログ で私が述べた日本サッカーの欠点である「華麗なるストライカーの不在」という点でも、1点目の本田の遠距離からのフリーキック、2点目の遠藤のフリーキックともに直接ゴールに吸い込まれるシュートであり、芸術的なものだった。守備は堅固、チャンスは確実にモノにする攻撃力 ―。こういう胸のすく素晴らしい試合展開こそ、日本人が待ち望んでいたものだった。海外メディアのこの試合に対する取り上げ方も一斉に日本を賛辞する高い評価となっており、まさに「歴史を作った」といえる。金字塔だ。


「試合は3-1だったよ」と起きてきた妻に言うと、「あ、負けたのね、残念」という予想通りの返事が返ってきた。私としてはもちろん日本を主語にして言ったつもりだったが(負けた試合なら「試合は1-3だったよ」と言う)、これが一般的日本人の反応だと思う。ワールドカップ開催前の交流戦では4戦全敗を喫し、それを受けて1次リーグの予想も0勝3敗で最下位になるというのが日本チームに対する日本人による圧倒的に多かった評価であったが、見事に覆してくれた。「コンセンサス予想」は常に外れるのだ。フランス、イタリアという強豪チームもまさかの一次リーグ敗退となり、コンセンサスを大いに破ってくれた。いや、実に面白い。


さて、次の試合は6/29(火)のパラグアイ戦であるが、スタートはPM11:00なので非常に好都合の時間帯である。ものすごい視聴率だろう。「なかなか得点できない」というこれまでの心理的障害が今回のデンマーク戦で完全に払拭されたため、パラグアイ戦でもいい試合をやってくれそうだ。これに勝てばベスト8となり、ベスト8からはすべての試合のスタート時間がAM3:30となる。そうなれば朝型人間の強みを生かして早めに就寝して超朝型にてリアルタイムで試合を観戦してみようと思う。岡田ジャパンが目標に掲げているベスト4進出を応援したい。


太田忠の縦横無尽 2010.6.25

「FIFAワールドカップ 見事にコンセンサス予想を覆した日本の快進撃」

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります