2010年03月12日(金)

太田忠投資評価研究所が設立1周年

テーマ:仕事のこと

本日、太田忠投資評価研究所は設立1周年を迎えた。


ちょうど1年前の今日にあたる2009年3月12日に起業したが、あれからちょうど1年が経過した。早いものである。


そして会社の設立日にこの私のブログ「太田忠の縦横無尽」も同時にスタートした。何をやるにしても常に時間不足気味になることが多い中、週に2回のペースでよく続いてきたものだと思う。

→1年前のブログはこちら


さて、舞台装置も整うようになり、2年目は1年目のような雑用が格段に少なくなっているため、いよいよ本格的に仕事に集中できる環境になってきた。ただし、ビジネス環境は依然として厳しいままの状況が続いているのは変わりない。しかしながら、昨年の11月より単月黒字に浮上し、今年度の2010年度の決算については通年で黒字を確保できる見通しとなったことから、気持ちだけは前向きに攻守バランス良く経営していきたいと思う。


さて、昨年の3月12日は象徴的な日だった。なぜならば、この日を境に株式市場は反転したからである。偶然のめぐり合わせとはいえ、私にとっては「必然的」要素と受け止めている。そしてもうひとつ、私には強運のめぐり合わせがある。それは、私の干支である辰年は十二支の中では最もパフォーマンスが良いということだ(1950年~2009年の期間における日経平均株価)。マーケットを相手に仕事をする者としては重要なことである。


今日は社内でお祝いの会でもやるとしよう。

2年目もよろしくお願いいたします。


太田忠の縦横無尽 2010.3.12

「太田忠投資評価研究所が設立1周年」

         **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります