2010年01月30日(土)

投資実践コース「モデルポートフォリオ」の1月のパフォーマンス

テーマ:金融・マーケット・資産運用

今日は実に春めいた気候となり、快晴の気持ちの良い日であった。昼過ぎから妻と一緒に近所にある砧(きぬた)公園に散歩に出かけた。


近所といっても我が家のある駒澤大学からは2駅先の用賀にあるので直接徒歩で行くことはできないが、非常に近い場所だ。と言っても、私自身は用賀で下車したことがなく、砧公園にも行ったことがないので初めてである。正月早々のブログに近所の等々力渓谷に出かけたことを記したが、このあたりに住んでまだ6年程であり近場で知らないところがたくさんあるため、今年は時間を見つけてはあちこち出歩くことにしている。


公園をぐるっと一周したが、非常に広い。特徴と言えば公園全体が野っぱらばかりなこと、世田谷美術館という美術館があること、レストランもあることの3点だろうか。駒沢公園とはかなり趣が違う。のどかな日差しの中に多くの家族連れが来ていて、皆楽しそうだった。白梅と紅梅が咲き始めており、たくさんのメジロを見かけた。


さて、昨日で1月のマーケットも終了した。今年も1/12が終わったわけである。太田忠投資評価研究所の個人投資家向け投資実践コース で提示しているモデルポートフォリオの1月のパフォーマンスは+0.3%とプラスで終了し、累計パフォーマンスは+13.6%となった。1月中旬までは一時+4.0%まで上昇したものの後半戦のマーケットの急落で結局は行って来いである。日経平均は-3.3%、Topixも-0.7%と終わってみれば厳しい状況だった。


上昇相場あるいはあまり動かない相場ならば、個別銘柄における損失リスクは非常に小さいが、急激な相場の調整が来ると一瞬にして保有銘柄のパフォーマンスは悪くなり、大幅な損失あるいは含み益の激減という結果になってしまうことが多い。こういう時は、弊社で提唱している逆指値による「リスク管理」が効果を発揮する。実に多くの銘柄が早々に利益確定逆指値にヒットし、同時に多くの銘柄が損失確定逆指値にヒットした。ただし、損失確定の許容レベルが小さいため、自動的に「実現益」>「実現損」となり、蒔いた種は刈り取る仕組みである。多くのキャッシュが手元に戻ってきたため、また再度割安で投資できるチャンス到来である。


バイ・アンド・ホールドによる「含み益」運用は本当に効率の悪い運用手法になってしまったことを昨年の11月にも感じたが、この1月にも同様のことが起こっている。ましてや「含み損」運用をしていれば、何のための資産運用なのか全くわからない。今の時代に合致した投資手法とは何なのか、がますます問われている。


太田忠の縦横無尽 2010.1.30

投資実践コース「モデルポートフォリオ」の1月のパフォーマンス

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります