2009年12月31日(木)

我が家の暮れの第九とは-ショルティ指揮マーラー交響曲第9番

テーマ:音楽

いよいよ大晦日。皆さんいかがお過ごしですか。


年の暮れと言えば「第九」。もちろん、この場合の「第九」とはベートーベンの交響曲第九番であるが、我が家の場合の「第九」はマーラーの交響曲第九番である。


私がいろいろと続けている習慣のうち、最も長いもののひとつが12月31日にマーラーの交響曲第九番を聴くことである。これは大学生の頃から続けている習慣なのでもうかれこれ23年くらいになる。


私がクラッシック音楽に親しくなったのはショルティのおかげだと言ってよい。カラヤンやカール・ベームといった巨匠たちが指揮する交響曲を聴いていても何やら「モゴモゴ」した感じで、いまひとつよく分からず、長時間の演奏になると苦痛で仕方がないというのが私の偽らざる感想だった。それを根底から覆したのが、シカゴ交響楽団で長年にわたって音楽監督を務め、世界で3本指に入るオーケストラに仕立て上げたとまで称されたショルティだったのだ。


彼の音楽は一言で言えば、明快であり、鮮烈であり、ストレートに響いてくるのが特徴であり、大学時代にショルティ指揮シカゴ交響楽団のレコードを数多く出していた「ロンドン・ベスト100」のシリーズを随分と集めたものだった。そこに収録されているマーラーの交響曲第九番は1982年に録音されたものだが、数あるマーラーの第九番の中でも最高にすばらしいものだ。毎年これを聴くのである。


午後10時きっかりに聴き始め、ちょうど11時30分に終わる。感動深い第4楽章が始まると「今年もよく頑張ったな」という思いで一杯になる。音楽を聴きながら無音声でドキュメンタリー映画を見るというのが、このところの我が家の風習になっており、ここ数年は『ディープ・ブルー』を鑑賞している。この映画もちょうど90分の長さなのでピッタリなのだ。それが終わると、テレビのチャンネルをガチャガチャ回しながらこの時間に一体何をやっているのかと番組をチェックする。そしてNHKの紅白歌合戦の最後の部分だけをチラリと目にしながら、「ゆく年くる年」になるというのが定番だ。


したがって、紅白歌合戦にはすっかりご無沙汰している。今年は第60回という人間で言えばちょうど還暦を迎える記念すべき年だそうだが、さぞ盛大におこなわれるのだろう。私が熱心に見ていたのは家族団欒でこたつに入ってみかんを食べていた古き良き時代だった1970年代の小学生の頃までである。


今でも鮮烈に覚えているのが小学二年生の時に見た1972年の第23回紅白歌合戦である(何と昔のことか!)。トップバッターを取ったのが当時すさまじい人気を誇った天地真理で颯爽と登場して「ひとりじゃないの」を歌ったことをよく覚えている。何とその時の映像がYouTubeに投稿されており、これを見た時あの当時の記憶がよみがえり懐かしいやらびっくりしたやらである。興味のある方はこちらをどうぞ。


小学六年生までは全部を通しで熱心に見ていたので、1976年の第27回紅白歌合戦が最後ということになる。当時の紅白と言えば、やはり赤組の司会回数で最長記録(5回)を持つ佐良直美や、水前寺清子(4回)といった紅白全盛期時代に欠かせなかった人たちが記憶に強く残っている。佐良直美は1987年頃に芸能生活を離れたのでしかたないが、水前寺清子が1986年の第38回紅白歌合戦を最後に一度も出ていないのは残念である。紅白のことをいろいろと調べていると、現役の大物歌手である八代亜紀ですら2001年の第52回紅白歌合戦を最後に出ていないことに非常に驚いた。

うーん、NHKは人選を間違っているんじゃないの?


2009年の第60回紅白歌合戦の出演最長記録は北島三郎の46回、ついで森進一の42回だそうだが、これはすさまじい記録である。特に森進一は1968年の第19回紅白歌合戦で初出場して以来、一度も落選せずに今回で42年連続出場となる。偉業としか言いようがない。しかも、第1回で歌った「花と蝶」をこの第60回でも歌うことになっており、類稀なる本当のプロの息の長さに拍手を送りたい。


今年もマーラーの交響曲第九番で我が家も年越しとなる。


太田忠の縦横無尽 2009.12.31

「我が家の暮れの第九とは-ショルティ指揮マーラー交響曲第9番」

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**




いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります