2009年12月28日(月)

失敗に学ぶ

テーマ:仕事のこと

今年もいよいよ終わりに近づいた。クリスマスあたりから年末にかけての時間の流れ方は独特であり、毎年何か特別なものを感じる。


来年を迎えるにあたって、やっておきたいことは「失敗に学ぶ」である。とくに自分の仕事についてはこの1年を振り返り、成功した点と失敗した点をきちんと整理し、来年につなげることが重要である。


「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」とは野村克也のさまざまなボヤキや語録の中でも特に秀逸なものだと私は思うが、これに倣えば「成功に不思議な成功あり、失敗に不思議な失敗なし」となる。さよう、まさに失敗には必ず何か原因があり、それを回避していたならばもっと良い結果が出ているはずである。


私の本業は投資に関わることなので、今年の幾多の失敗を整理し、来年さらにパフォーマンスを向上することにつなげていきたいと思う。


先週末、弊社の投資講座に入会してこられた会員のひとりが入会の理由にこのように綴っていた。「これまでは衝動的スタンスで投資をしてきたが、投資基礎講座で学び、もっと論理的な見方で確実な投資にして、資産を増やしていきたい」 ― 。


「衝動的」とはかなり過激な表現であるが、なるほど個人投資家にはこのような人たちがいまだに大勢いて、いつも焦って高値を買い、安値で売らされるような投資行動をしているのだなと再認識させられた。運用資産はそこそこあったとしても、このような行動をしていれば、資産は減るばかりで何のための投資なのかわからなくなってしまう。


すでに今日から休暇に入っている方も多いと思う。年末の大掃除とともに、今年一年の自分の行動の大掃除をすることもぜひお勧めしたい。


太田忠の縦横無尽 2009.12.28

「失敗に学ぶ」

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**



いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります