2009年11月30日(月)

投資実践コース「モデルポートフォリオ」の11月のパフォーマンス

テーマ:金融・マーケット・資産運用

このところマーケットに関する内容が連続している。


ようやく忌まわしき11月が終了した。太田忠投資評価研究所の投資実践コースにおけるモデルポートフォリオの11月単月のパフォーマンスは-2.7%で着地し、3月19日のスタートからの累計は+10.5%となった。


本日最終日は相場がリバウンドしたものの(日経平均が+100円以上になったのは今日だけだった!)、11月は強烈なマーケットとなり各マーケットごとのパフォーマンスを見ると、日経平均-6.8%、Topix-6.1%、Topix small-9.0%、ジャスダック平均-7.7%、マザーズ-11.6%、ヘラクレス-11.2%となった。


モデルポートフォリオの現物株のパフォーマンスは-1.7%に留まったのだが、84円の円高になる直前で先物ポジションのロングを増やしていたため、それがモロに直撃し一瞬にして約1%もやられるはめになってしまった。とは言え、まだ+10%以上の貯金を残している。プラス思考でいこう。


さて、ここからである。日本株だけが一人負けですでに日経平均が9300円台の現状からこの先どうなるのかを予想するのは難しい。いまだ高値圏にある欧米マーケットが最近のネガティブな材料の中で本格調整すれば、日経平均が9000円割れする可能性は十分にある。


そうなればいよいよ好機となり、そうならずにマーケットが持ち直し始めても好機となる、という感じで今年最後の12月を楽しんでいきたい。柔軟思考が大事である。


投資講座のご案内はこちらをどうぞ


太田忠の縦横無尽 2009.11.30

投資実践コース「モデルポートフォリオ」の11月のパフォーマンス

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります