2015年05月24日(日)

4刷が決定 『株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール』(日経ビジネス人文庫、太田忠)

テーマ:お知らせ

2013年8月に日本経済新聞出版社より刊行した株式投資本の増刷が決定しました。これで4刷となりロングセラー商品となっております。


『株が上がっても下がっても しっかり稼ぐ投資のルール』(太田忠、日経ビジネス人文庫)


サブタイトルは「バイ・アンド・ホールドを超えて」ですが、もはや右肩上がりだけに頼ることのできない相場環境の中でどのように株式投資にて資産形成をおこなっていくか、というのがテーマです。


日経平均は2万円を超えて今は上昇相場ですが、今後それが長く続くとも思えません。「下落相場で資産を増やすポイント」についても記述している点が参考になると思います。


【目次】
第1章 こんなにも変化した株式市場
第2章 変化した株式市場に入る際に決めておかねば
     ならないこと
第3章 株式投資の実戦力を身につける
第4章 上昇相場で資産を増やすポイント
第5章 下落相場で資産を増やすポイント
第6章 心理的な壁を乗り越える
第7章 個人投資家に知ってもらいたい、さらなる
     注意点はここ
[巻末付録] 株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール20


ご興味のある方はぜひどうぞ。


株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール -バイ・アンド・ホールドを超えて (日経ビジ.../日本経済新聞出版社


¥842
Amazon.co.jp


太田忠の縦横無尽 2015.5.24
『4刷が決定 「株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール」(日経ビジネス人文庫、太田忠)


 **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**

いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年05月20日(水)

一段の上昇意欲を見せる株式市場

テーマ:金融・マーケット・資産運用

5月の中旬というのに、すでに気温が30℃以上となる真夏日の所が出現する陽気となった。昔は真夏日は7、8、9月の3ヶ月くらいしかなかったが、今や5月に始まって10月まで真夏日が存在する。ということは、実に1年の半分にあたるわけで、暑さとの戦いである。とくにシーズン初めは熱中症になる人が多いので、皆さんもぜひとも気を付けるようにしていただきたいと思う。


さて、4月のモデルポートフォリオの状況ならびに近況について記したい。


4月のマーケットは日米市場とも高値追いの展開となった。


米国市場は反発。3月の雇用統計が予想の+25万人に対して約半分の+12.6万人にとどまったことから利上げ開始時期が先延ばしされるとの観測が浮上。決算発表はJPモルガンやGSなどの金融関連が好調に対して、デュポンやP&Gなどが減益となりまちまち。原油価格は下げ止まりの兆し。NYダウは18000ドル台を回復し、ナスダックは15年ぶりに過去最高値を更新したものの1-3月のGDPが+0.2%と市場予想の+1.0%を下回ったため利益確定売りの展開に。4月のNYダウは17840ドルと前月より64ドル上昇し月間騰落率は+0.4%。ナスダックは4941となり40ポイント上昇の+0.8%となった。


日本市場は4ヵ月連続の上昇となり、日経平均は一時15年ぶりに2万円台を回復。出遅れていたTopixも2007年11月以来7年5ヵ月ぶりに1600ポイントを回復した。外国人の買い意欲が強く主力株を中心に上昇。しかし、ギリシャ問題が足枷となったことに加えて、米1-3月のGDP伸び率の大幅減速、欧州市場の株価下落、日銀の金融政策の現状維持発表で4/30の日経平均は今年最大の下げとなる538円安を記録。為替は118円~120円台の小動き。売買代金は2.5兆円前後で推移。4月の日経平均は19520円で取引を終え、3月末の19206円から313円上昇し月間騰落率は+1.6%。またTopixは+3.2%上昇した。一方、小型株市場はジャスダック平均が+3.6%、マザーズ指数は+3.5%となった。



太田忠投資評価研究所のインターネットによる個人投資家向け「投資実践コース」 における4月のパフォーマンスは+2.6%となり、年初来は+5.6%、累計では+162.3%(3月末+155.7%)となった。月次ベースでは2月末の+156.2%を抜いて過去最高値を更新。保有株式のウェートは3月末の86%から82%へ低下。ヘッジ戦略をおこなっていないためネットロング比率は82%である。ポートフォリオにおいて新高値を付けた銘柄が先月の11銘柄から14銘柄へと増加した。とりわけ今まで出遅れていた金融関連銘柄の上昇が目立った。


日経平均は3/23に15年ぶりの高値となる19754円を付けた後、足踏みをしていたが、4月に入って外国人投資家の強い買いでとうとう2万円の大台を回復した。また、Topixが1600ポイントを回復したことも特筆すべき点である。


4/30の日経平均は今年最大の下落となった。米国の一時的な景気減速、欧州市場の利益確定売り、そして日銀の金融政策決定会合での追加緩和を期待していたヘッジファンドのポジション調整に加え投機的な売りが要因となった。5月は例年、マーケットが荒れる傾向があるが、欧米市場の債券売り・株売りが一巡して世界的なリスクオフの流れが落ち付き、先週からはリスクオンの展開となっている。


日本企業の15/3期の決算発表は一巡したが、16/3期の予想はやや保守的なものの順調な増益が続くことを確認。


5/19に日経平均は再び2万円台に乗せ、Topixならびにジャスダック平均やマザーズ指数が年初来高値を更新し始めていることから、マーケットが上へ行こうとする意思を感じる。こういう時はこの流れに逆らってはいけない。一度売ってしまうと買い戻せなくなるので注意が必要だ。


現在のリスク要因は、何と言ってもギリシャ問題と世界的な金利の動向である。こうしたリスクと付き合いながら株式市場はしばらく並走していくことになるだろう。


資産運用のリターンの源泉はあくまでも個別銘柄のファンダメンタルズである。好業績で株価が上昇基調に転換するケースが多く出てきている。太田忠投資評価研究所では年内に+200%のパフォーマンス達成を目指して、運用資産の一段の積み上げをおこなってく方針である。


弊社の個人投資家向け投資講座は随時受付中。
⇒太田忠投資評価研究所の「個人投資家向け投資講座」


太田忠の縦横無尽 2015.5.20

「一段の上昇意欲を見せる株式市場」

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**



いいね!した人  |  リブログ(0)