1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011年12月30日(金)

時代を超えたメッセージ:あの鐘を鳴らすのはあなた【和田アキ子】-太田忠(ピアノ)

テーマ:ピアノ演奏動画

いよいよ年が暮れる。明日が最終日の大晦日である。


今年は世界中が揺れ動いた年だった。先進諸国は財政問題の困難に直面し、中東地域では独裁政権が相次いで崩壊、日本は東日本大震災に見舞われ、北朝鮮では金正日が死去した。世界的に見て、新たに創造されたものよりも、失ったもののほうが多かったのが2011年だったように思う。


明日の第62回紅白歌合戦では「あの鐘を鳴らすのはあなた」が歌唱される。和田アキ子のオリジナル曲の中では最も有名で彼女の代表曲であるが、今年の紅白において6回目の歌唱となるそうだ。


あなたに逢えてよかった
あなたには希望の匂いがする


この曲は1972年3月に発売された。作詞は阿久悠、作曲は森田公一である。もう40年前の曲なのに、時代を超越して、今の日本への熱いメッセージとしか思えない内容である。


あなたに逢えてよかった
愛し合う心が戻ってくる
やさしさやいたわりや触れ合う事を
信じたい心が戻ってくる


「昭和47年の日本レコード大賞はどうやら無理そうだな。とすると大晦日に帝国劇場へ行く必要もないし」と作詞者の阿久悠は思い、和歌山の白浜温泉に出かけた。そして、旅館の部屋のコタツに足を入れたまま、「あの鐘を鳴らすのはあなた」が最優秀歌唱賞を受賞するシーンをテレビで見た。


「この歌は自分ながら好きな歌で、今の時代に必要なものだと思っていた。人生という語り口で時代と孤独と希望をテーマにした。さほど売れたわけでもなかったので、喜びもひとしおだった。和田アキ子が涙で熱唱する姿を見て、思わず拍手をした」と述べている。作曲者の森田公一にとっても金字塔的な作品であり、スケールの大きさではおそらく彼の数多くの楽曲の中でもナンバーワンだと思う。


街は今 砂漠の中
人は皆 孤独の中
あの鐘を鳴らすのはあなた



オリジナルはこちら:あの鐘を鳴らすのはあなた【和田アキ子】-太田忠(ピアノ)


太田忠の縦横無尽 2011.12.30

『時代を越えたメッセージ:あの鐘を鳴らすのはあなた【和田アキ子】-太田忠(ピアノ)』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**



いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年12月23日(金)

料理教室「サロン・ド・マルルー」のビッグプロジェクト

テーマ:食のこと


太田忠の縦横無尽-撮影現場

私の妻が主宰する料理教室「サロン・ド・マルルー」 での普通では見られないショット。


料理写真を得意とするプロカメラマンの今清水隆宏氏 を後ろから撮影したものである。10月下旬の4日間にわたって、料理の写真撮影が続いた。


著名なフラワー&空間コーディネーターである浜裕子さん の新規出版本である『フィンガーフード・50のレシピ~ひと口サイズのパーティー料理』における撮影用の料理をすべてサロン・ド・マルルーが担当し、まさにビッグプロジェクトとなった。


パーティー料理に関しては、私が主宰する「スタジオ・マルルー」 でのジャズライブのパーティーなどで今年も大掛かりな催しを何度かおこなっているため、得意分野ではあるが、さすがに料理本の本格的な企画に参画するのは初めてである。料理は私の妻とフードスタイリストの結城寿美江さんが担当。50ものレシピを実際に調理しながら撮影していくのはなかなか大変だったようだ。


とはいえ、この本が完成し、12月5日に誠文堂新光社より発売され、書店で平積みされているのを見ると喜びもひとしおである。著者紹介欄に浜裕子さんと並んで私の妻も写真とともにプロフィールが大々的に掲載されているのにはちょっと驚いた。パーティー料理にご関心のある方はどうぞ。


フィンガーフード・50のレシピ: ひと口サイズのパーティー料理/浜 裕子
¥1,575
Amazon.co.jp

太田忠の縦横無尽 2011.12.23

『料理教室「サロン・ド・マルルー」のビッグプロジェクト』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年12月19日(月)

落ち葉の中の二人-我が家のC.C.ガールズ

テーマ:日常のこと


太田忠の縦横無尽-落ち葉の中の二人

駒沢公園でのショット。


撮影は写真家の川合麻紀さんである(川合さんのブログはこちら )。とてもすばらしい技量を持つ方で、うちの妻の写真の先生でもある。


モデルは我が家のちびっ子2人、チャッピーとチョコたん。アルファベットで綴るとChappieとChocotanなので、我が家ではC.C.ガールズと呼んでいる。本物のC.Cガールズは4人だったが、我が家の場合は2人でユニット結成である。


朝夕はかなり寒くなったが、晴れた日の日中は散歩に出かけるのにはちょうど良い気候である。快晴の冬空はとても美しく、私が一年を通じて最も好きな季節である。子供の頃は冬は嫌いな季節であったが、今はまったく逆。夏のムシムシしたシーズンが一番苦手だ。私の誕生月である7月頃は雨も多くうっとうしいこと極まりない。


ところで、写真は先月終わりに撮影したものだが、昨日出かけた駒沢公園は日曜日だというのに拍子抜けするほど人が少なく、広い公園がさらに広々と見えたくらいだった。


「あれ、何で今日はこんなに人が少ないんだろう。もう午後12時を回っているというのに」と私が言うと、妻がすかさず答えた。


「たぶん、クリスマス前だから、みんな街に買い物に繰り出しているんでしょうね。公園になんか来ないわよ」


なるほど、そうだったのかと思ったが、確かにその後行ったスポーツクラブの道すがら、表参道や渋谷はとんでもない人ごみだった。いつも日曜日はすごく賑わっているが、交差点などは人がはみ出さんばかりというか、はみ出ていた。


いよいよ暮れに向かって、まっしぐらの雰囲気が漂う。


太田忠の縦横無尽-走るチョコたん

太田忠の縦横無尽 2011.12.19

『落ち葉の中の二人-我が家のC.C.ガールズ』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /