1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2011年01月31日(月)

2011年1月のモデルポートフォリオのパフォーマンス

テーマ:金融・マーケット・資産運用

年が明けたと思ったら、もう今日で1月も終わり。

皆さん、「一年の計」を着実に実行しているだろうか?


1月の弊社のインターネットによる個人投資家向け投資講座の「投資実践コース」 におけるモデルポートフォリオのパフォーマンスは+1.5%となり、昨年来高値を今月も更新して累計では+39.6%となった。


1月のマーケットは出だしこそ堅調な展開が続いていたが、高値警戒感の中で円高に張り付いたままの為替や中国の一段の金融引締め懸念が上値追いを躊躇させる要因となり、月末近くになってエジプトの政局不安で一気に値崩れが起こった。11月以降、大活躍していた「出遅れ株」「小型株」「テーマ株」「低位株」も曲がり角に来ている。日経平均は行って来いの+0.1%にとどまりTopixも+0.3%。一方、ジャスダック平均は+3.7%、マザーズ指数は+6.3%と新興市場のパフォーマンスに今月は軍配が上がった。


急上昇の後の相場への対処は非常に重要である。相場の下落幅が大きくなるとこれまで積み上がってきた「含み益」が一気に吹き飛んでしまうからだ。いつも言うように「含み益」を「実現益」に変える枠組みをきちんと持っているかどうかが非常に重要になってくる。「含み益」は実現するまでは単なる「幻」に過ぎない ― ことを認知しているかどうかでパフォーマンスに大いに跳ね返ってくる。月末の小さなクラッシュでモデルポートフォリオの株式ウェートが月初に比べて14%減少し、逆指値による利益確定がなされつつ、資金が手元に戻ってきた。またチャンスを生かせる資金が増えたというわけである。


今月はおかげさまで、弊社の投資講座への入会者が「投資基礎講座」 「投資実践コース」 ともに非常に多く、嬉しい限りである。「本物を求める人たちが本物の力を身につける」サービスの提供に引き続き注力していきたい。


太田忠の縦横無尽 2011.1.31

『2011年1月のモデルポートフォリオのパフォーマンス』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**



いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年01月27日(木)

チャッピーがうさぎに変身したらおたふくかぜになった

テーマ:日常のこと

あけましておめでとうございます ―


太田忠の縦横無尽-うさぎチャッピー1

もはや、新年の気分も完全に抜けてしまう頃となったが、今年の我が家の年賀状を飾ったのはこの写真である。トイ・プードルがうさぎの被り物を着せられてポーズを取っている。


昨年の暮れに、「我が家に新しい家族ができました」と妻が年賀状用にチャッピーの写真を一所懸命撮っていた1枚がこれだ。子供ができると、とにかくかわいいから他人に見せたくてしょうがない、という親バカの気分と全く同じで真剣そうだった。いろんな場所で長時間ポーズを取らされて、最後にはチャッピーの鼻と肉球から脂汗が出てしまうほどだった。かわいそうに…。


ただこの類の親バカぶりもあまり度が過ぎると考え物だ。なぜならば、他人にとって人の子は別にそんなにかわいいわけではなく、同じ気持ちを過剰に押し付けられてもうんざりするだけである。当人が全くそれに気づいていない、というのが「嫌がられる」ポイントであり…とまあ、ここまでにしよう。でも、犬だったら特段そこまで思われないか、ということで大量のチャッピー年賀状が発送された。


そもそもプードルは耳が大きいため、その耳を覆うようなうさぎの耳にあらず、顔がそのまま露出している写真になってしまっている。うさぎの耳は申し訳程度にしかついていない。


実は、最初はこの写真を使う予定ではなく、妻は全く別の写真を使おうとしていた。


「ねえ、これいいでしょう」

と妻に見せられた写真を見て、私は絶句。


「え、これ? うーん。こりゃまるで、ひどいおたふくかぜをひいて包帯を巻いているようにしか見えないけど」


「おたふく? ひ、ひどい」

と私の返答にすっかり落胆して、差し替えられたのである。


こちらがオリジナル写真の「おたふくチャッピー」である。


太田忠の縦横無尽-うさぎチャッピー3


太田忠の縦横無尽:2011.1.27

『チャッピーがうさぎに変身したらおたふくかぜになった』

         **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年01月22日(土)

「ゆかしメディア」に弊社の投資講座が取り上げられる:富裕層の共通点とは

テーマ:金融・マーケット・資産運用

1月21日に「ゆかしメディア」で弊社の投資講座が取り上げられた。

サイトはこちらを参照


ゆかしメディアとは、日本の富裕層をターゲットにしたウェブサイトであり、富裕層に役立つ金融情報や生活情報の提供、ならびに富裕層を目指す人たちに役立つ情報を満載しており、『“最上級を刺激する”をテーマに、上質とは何かを知り抜いた貴方へ相応しい情報をお届けします』をキャッチフレーズとしている。


ウェブサイトの閲覧は誰でも自由であるが、「ゆかし会員」になるためには、純金融資産1億円(純金融資産とは現金・現金等価物を指す)以上という条件を満たす必要があり(入会審査あり)、会員に対しては特別情報や会員同士のコミュニケーションの場を提供している。


弊社の個人投資家向け投資講座も早いもので、2009年7月のスタートから1年半が経過した。これから資産運用に本格的に取り組む人たちを対象にした『投資基礎講座』ならびに、金融資産をすでに有しており今後ますます資産を殖やす意欲の強い人たちを対象にした『投資実践コース』の2つの講座を開催中である。


ところで、「ゆかし会員」が純金融資産1億円以上ということなので、弊社の『投資実践コース』の会員の属性を調べてみた。入会の際に運用資産額を訊ねる項目があり、回答をお願いしている。


あなたの運用資産は?

①~100万円未満

②100万円~300万円未満

③300万円~500万円未満

④500万円~1000万円未満

⑤1000万円~3000万円未満

⑥3000万円~5000万円未満

⑦5000万円~1億円未満

⑧1億円以上

と8段階に分けてかなり細かく聞いているのだが、現時点での結果は次のとおりである。


1億円以上が24%。これに加えて5000万円以上になると42%と半数近くを占め、さらにこれらに加えて3000万円以上だと68%。逆に1000万円未満は18%という結果になっており、金融資産の多い人たちの意識の高さがはっきりと出ている。年齢的には60代以上が53%、これに加えて50代以上だと71%となりシニア層が中心だ。


ただし、お金持ちはシニア層にしかいない、と考えるのは早計である。こうした人たちは若い頃からきちんと金融資産に対する取り組みをしてきたからこそ現在の姿があるのであり、そういう意識を持たなければ全く別の状況に置かれていたはずである。


今週、弊社の『投資実践コース』の入会者の1人にとても興味深い事例があった。年齢は33歳の男性だが金融資産の回答欄には「3000万円~5000万円未満」とある。入会理由は「投資スキル向上のため」。シニアに達した時に富裕層になる典型例である。


「若いのにすごいな」と感想を述べるのは簡単だが、私には彼の金融資産および人生に対する真面目な取り組み姿勢が手に取るようにわかる。これまでさまざまな人たちが入会してきたが、次のことは明白な真実として断言しよう。


「35歳の時点である程度の金融資産を持つ努力をしていなければ、一生金融資産とは無縁の人生となる」 ― ということだ。


「恒産無ければ恒心無し」とは至言であり、50歳くらいから慌てて始めてみても遅すぎる。なぜならば、金融資産というのは単なる「お金の額」の問題ではなく、取り組んだ「時間の集積」の大きさと密接な関係があるからだ。


太田忠投資評価研究所のHP

『投資基礎講座』はこちら

『投資実践コース』はこちら


太田忠の縦横無尽 2011.1.22

『「ゆかしメディア」に弊社の投資講座が取り上げられる:富裕層の共通点とは』

         **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**



いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /