1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年12月31日(金)

年初来高値で有終の美:2010年のモデルポートフォリオは+21.4%、累計+37.5%

テーマ:金融・マーケット・資産運用

今日はいよいよ大晦日。いかがお過ごしだろうか。

私は実に気分爽快である。


日本の株式市場は、昨日の大納会にて今年の取引がすべて終了した。


日経平均は10228円で終了したが、今年の騰落率は-3.0%と冴えなかった。ギリシャ問題と円高に振り回され、上値は11000円、下値は9000円の完全なボックス圏での動きに終始。一方の小型株は、ジャスダック平均が+6.6%、マザーズ指数が+4..2%となり、小型株の代表指数であるジャスダック平均が大型株をアウトパフォームするのは2005年以来、実に5年ぶりのことである。


太田忠投資評価研究所の「投資実践コース」 におけるモデルポートフォリオのパフォーマンスが、11月において4月以来7ヶ月ぶりに年初来高値を更新したことは12/1のブログ にて述べたが、12月の単月パフォーマンスも+6.1%と年初来&運用来高値を連月で更新し、2010年のパフォーマンスは+21.4%(2009年は+13.3%)、2009年3月の運用開始からの累計で+37.5%とすばらしい結果を残すことができた。これもひとえに、会員の皆様からの厚き信頼の下、自らの判断力を信じ、機動的な運用をおこなってきた成果の賜物である。


銀行の預金金利が普通預金で0.02%、5年の定期預金で0.06%、10年の定期預金ですら0.20%という、まさにゼロ金利の時代に、リスク管理を徹底しながら+21.4%という利回りはとても大きな意味を持つ。仮に1000万円の金融資産を運用していたならば、普通預金で年間のリターンは2000円、5年の定期預金で6000円、10年の定期預金ですらわずか2万円に対して、モデルポートフォリオでは214万円を叩き出した。あまりにも違いすぎる。


私が社会人になった1980年代後半は、「1億円あれば金利で悠々自適」と言われていた時代である。定期預金の金利が6%程度あったからだ。単純に預けておくだけで年間600万円。ところが今や10年定期で20万円である。これでは金融資産が10億円あったとしても年間200万円にしかならず、とても金利だけでは暮らせない。昔の600万円を稼ぎ出すためには30億円ものお金が必要になる(これだけ金融資産があれば、資産運用は必要ないかもね)。金利も恐ろしく強烈なデフレの波をかぶっているということである。


モデルポートフォリオの好成績の勝因は3つ。フルインベストメントをおこなわず、時間的分散投資を実行し、逆指値の設定による損失限定&逆指値の引き上げによる実現益拡大策の実践がマーケットに対して優位に立てた理由である。それにしても、11月からようやく大型株および小型株ともに「業績堅調」「売られ過ぎ」「出遅れ」の3拍子揃った銘柄が活躍し始めているのは心強い限りだ。健全なマーケット状況になってきた。しばらくこの流れに乗っていきたい。


2011年も楽しみである。どんなマーケットになろうとも、弊社の目指すところである「年率+10%のパフォーマンス」を実現していきたいと思う。


それでは、皆さん、良いお年を!


太田忠の縦横無尽 2010.12.31

『年初来高値で有終の美:2010年のモデルポートフォリオは+21.4%、累計+37.5%』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**

いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年12月24日(金)

我が家のクリスマス - やはりお家が一番!

テーマ:日常のこと

メリークリスマス!


先週末からすでに我が家はクリスマスモード。


前回のブログで書いた「ひと足早くおせち料理」 に続いて、すでにもう2回もスパークリング・ワインを飲みながらクリスマス料理を楽しみ(サロン・ド・マルルー で料理教室開催)、南青山のBody&Soulで今年最後のジャズライブを楽しみ、我が音楽スタジオであるスタジオ・マルルー にPAシステムを設置し(これでどんなライブも対応可)、日本IR協議会の表彰式に表彰委員として出席し、そして今日がクリスマスイブ。さらに明日のクリスマスはメインイベントである乃木坂の山王病院での1日人間ドックが待っている(ああ、何ということ。鼻からの内視鏡検査は実はこの日しか予約が取れなかったのだ…)。いやはや何とも盛りだくさんだねぇ。


太田忠の縦横無尽-クリスマス

我が家のクリスマスはこんな感じで毎年、クリスマスツリーとそれを取り囲む仲間たちで賑やかになる。


ところで、我が家はもっぱら内食だ。クリスマス料理のみならずクリスマスケーキもすべてお手製のものを作る(ご存知だと思うが、クリスマスケーキというのは12月の初めから大量に作り込み、解凍して販売される。当然おいしくない。しかも原価からすればかなりのぼったくり価格)。


それとは対照的に今日と明日は、日本中のフレンチ/イタリアンレストランはフル回転する。一年を通じて最大の書き入れ時だ。だが、我が家ではこの時期に一度もそのようなディナーに出かけたことはない。何故か? それは興ざめもいいところだからだ。


「はい、ご予約ありがとうございます。当日は2時間の時間制限となっております」

「メニューはクリスマスメニューのみですがご了承ください」


予約の時に必ずそう言われるはずだ。普段はまともなサービスをするきちんとした店ですら、仕入れ材料を完全に固定し、かつ顧客を入れ替え制で2回転させる。そして価格は超強気の設定だ。そう、店側の利益を最大限にするために。


そもそもああいうお店は、ゆったりと時間を気にすることなく、好きな料理をチョイスしてじっくりと味わい、おいしいワインを楽しみ、心置きなくおしゃべりをして楽しく過ごすところのはずなのに、そういう大切な要素をほとんど奪ってしまうサービスを押し付けてくる。だから、行かないのだ。これは私が独断的に思っていることではなく、妻もその事情をよく知っており、「クリスマスディナーに連れて行って」などと口にしたことがない。「本当にバカバカしいわ」である。


今年のクリスマスは我が家の新しい家族となったチャッピーも初参加。だが、知らない人たちに囲まれて、おそるおそるのかしこまった表情である。


今夜はとっておきのロゼ・シャンパンで乾杯しますか。


太田忠の縦横無尽-チャッピー参加


太田忠の縦横無尽 2010.12.24

『我が家のクリスマス -やはりお家が一番!』

         **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**



いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年12月18日(土)

ひと足早くおせち料理を楽しむ

テーマ:食のこと

師走も中盤入り。そろそろ慌ただしくなってくる頃 ―。


妻の主宰する料理教室「サロン・ド・マルルー」 の12月の献立のメインテーマはクリスマス&お正月である。


順番的にはクリスマスが先ではあるが、お正月に食べるもの、すなわち「おせち料理」のレッスンが先行してすべて終了し、今年も多くの生徒さんたちが受講した。初級クラスの「おせち料理の基本の基」と上級クラスの「ワンランク上のおせち料理」がそれぞれ2回ずつ開催された。写真は左が初級クラス、右が上級クラスのものである。


太田忠の縦横無尽-おせち料理 - サロン・ド・マルルー


料理教室は平日および土曜日のお昼~夕方の時間帯にかけておこなわれるのだが、料理教室開催日の私の夕食はそこで作られた料理が出てくる。したがって、まだ正月にもなっていないのにすでに私は4回もおせち料理を食べたのだ。ただし、日によってはある特定の品が食べ尽くされてしまい、私の食卓にはのぼらない、という悲しいこともままある。参加人数よりも1人分多目につくっているらしいのだが、いやー皆さん食欲旺盛だね、ということで、今回は「紅白なます」が食べられない日があった。


子供の頃は、おせち料理といってもあまり食べたいものがなく、伊達巻や栗きんとんなど、もっぱら甘い系のものばかり手をつけて、他のものはあまり興味がわかなかった。そもそもおせち料理の味付けの趣向が大人向けであり、子供の料理ではないのだ。だから「紅白なます」などは絶対にその良さは理解できない。そういうことはおせち料理に限らず、誰にもよくあるはずだ。例えば、昔ピンとこなかった「タラの芽」や「ふきのとう」の天ぷらは大人になってから大好物になったりする。


しかし、私のような年齢になると「おせち料理はとても良い」と感じる。数の子やくわいを肴にうまい日本酒を飲む…。いいねぇ。最高の贅沢である。


ところで、おせち料理に欠かせない「祝い肴三種」は関東と関西では異なるのをご存じだろうか。関東は「田作り、数の子、黒豆」であるが、関西では「たたき牛蒡、数の子、黒豆」である。田作りとたたき牛蒡はともに「豊作」を、数の子は「子孫繁栄」を、黒豆は「まめに働き、まめに暮らすという勤勉・健康」を願っての品だ。料理教室では、田作りもたたき牛蒡も作っていたので、関東&関西の両方に対応したメニューだったようだ。


ところで、デパートなどで予約売りされているおせち料理の値段はぼったくりもいいところである。3万円や5万円、なかには10万円(!)などというのを見ると、驚いてしまう。「年に1回、年の初めを贅沢かつ手間いらずで」という気持ちで無理してでも買う人たちが多いのを見ていると、少しお気の毒な気がする。


妻曰く、「おせちはそんなに手間はかからずに、いいものができるのよ。それをあまり知らない人たちがとても多くて残念」とのことである。


今年のおせち食材の卸価格は例年に比べて1~3割安い。一方、既製品のおせちは相変わらず強気商売である。


太田忠の縦横無尽 2010.12.18

『ひと足早くおせち料理を楽しむ』

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /