1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年04月30日(金)

10年4月のモデルポートフォリオのパフォーマンス:小型株効果&ヘッジ戦略

テーマ:金融・マーケット・資産運用

本日をもって今年も1/3が終わった。月末ごとに同じようなセリフを言っている気がするが、資産運用の仕事に携わっているといつでもかように今年の残りの長さをカウントダウンする癖から抜け出せないのである。


さて、弊社のインターネットによる個人投資家向け投資講座である「投資実践コース」におけるモデルポートフォリオの4月のパフォーマンスは+6.2%にて終了。これにより、昨年からの累計パフォーマンスは+29.4%、今年の累計パフォーマンスは+14.2%となった。


4月は3月までの上昇相場とは打って変わって調整色の強い展開となったが、比較的好成績を残せたのは小型株効果とヘッジ戦略のダブルメリットによるところが大きかったからだ。


小型株市場は昨年ようやく4年ぶりにリターンはプラスに転じ、今年も売買代金はまだ低水準ながらも指数としては強い動きをしている。今のところその主役は業績の裏づけのなさそうな銘柄が「テーマ性」とか何とか言って持ち上げられているが、株価が高値から思いっきり叩きつけられたボロ株的なものが多い。そういう中で、業績の裏づけがしっかりしておりPERが10倍前後の割安銘柄も動き始めた。その寄与が大きく働き始めた。


また、4月の第2週目から先物によるヘッジ戦略を取った。ギリシャ問題、GS問題、中国の金融・不動産規制など外野が騒がしくなってきたための措置であるが、これが奏功し、ショートポジションの利益確定だけで200bp超の寄与となった。


基本的には景況感の回復とともに相場は上昇基調となることを期待しているが、そんなに単純な展開を見せるほど甘くはないだろう。5月の相場においても必要に応じてヘッジ戦略を実行し、「まさか」のために万全の体制で臨みたい。ゴールデンウィーク明けからどのような展開となるのかが楽しみである。


では、皆さん良いGWを!


ご関心のある方はこちら

太田忠投資評価研究所の「投資講座」のご案内


太田忠の縦横無尽 2010.4.30

「10年4月のモデルポートフォリオのパフォーマンス:小型株効果&ヘッジ戦略」

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年04月25日(日)

ネット通販に改めて瞠目する

テーマ:日常のこと

私がネット通販を利用し始めたのはかれこれ10年ほど前である。ちょうどアマゾンが日本でも書籍をインターネットで販売すると聞きつけ、創生期の頃から利用している。


私のように大量の書籍を買ってきた者にとって、このアマゾンの恩恵は計り知れなかった。従来は、本屋に出向いて棚を調べてなければあきらめる、あるいは書店の販売員に紙切れに書いた書名を見せて予約注文するということをおこなっていたが、自宅にいながらにして瞬時に検索をかけて本を購入できるようになったのだ。新刊本ももちろんありがたいが、それ以上に重宝したのが「古書」である。これまた従来は神保町などの古書店に行き、何軒もはしごしながら必要な本を購入するという丸一日がかりの重労働だったのが、ネットで全国の古書店の在庫状況をチェックできるようになった。時間的効率はおそらく100倍以上になったといえる。しかも購入した本を両手で抱えてふうふう言いながら持ち帰ることからも解放された。


そういう私も、ネット通販は本中心だったためあまり気にも止めなかったのだが、アマゾンでは今やありとあらゆるものが売られている。しかも新刊本と違って、新品の値段が定価の20~30%安いというのがザラである。


いつも近くのドラッグストアで購入するシャンプーやチョコラBB、リポビタンD、はてまたピップエレキバンに至るまで非常に安価である。「ポイント3倍Day」と銘打って月に何回か安売りの日があるのだが、その値引率よりもネット通販のほうがよっぽどいいことが分かって、ドラッグストアで購入する必要はなくなってしまった(もちろん日雑品中心だが)。


そして、今日届いたのがレーザープリンターのトナーである。これもいつも渋谷のビックカメラなどに行って買っていたが、ネットで検索すると商品が存在しておりしかも価格が3割近く安いのである。しかも、朝一で注文すれば当日配達される「明日来る」ならぬ「今日来る」という早さだ。ついでに「電球」も購入した。


ネット通販が非常に広範囲の商品を単なる定価ではなくこれほど安く販売していることを知り、改めて驚いた次第である。シャンプーやトナーはドラッグストアや家電量販店で買う習慣が昔から体に染み込んでいるいるため、それが当たり前だと勝手に思い込んでいたのだが、人間の行動として「買い物」に限らず意外にそういうことは多いに違いない。


リアル店舗で買い物をする前に、ネットでチェックすることがこれからますます増えそうである。アマゾンだけではなく、いろいろと調べる余地はありそうだ。リアル店舗の役割がだんだん薄れていることを実感する。


太田忠の縦横無尽 2010.4.26

「ネット通販に改めて瞠目する」

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**



いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年04月22日(木)

我が家にも新緑の季節がやってきた

テーマ:日常のこと

今日は冷たい小雨。寒暖の差の激しい日が続いている。昨日は半袖で外出してちょうどいいくらいの気温だったが、今日は一転して冷え込みが厳しくコートを着ないと震えてしまいそうな気候であり、2月頃の状況とさして変わらない。


とはいうものの、確実に季節は動いている。あれほど我々の目を楽しませてくれた桜もほとんど花びらが散り落ちて、緑の葉があっというまにメキメキと出てきた。全体が緑色で覆われてしまうと、フツーの木というか、桜の木であることがわからなくなってしまうのが不思議である。


さて、我が家にも新緑の季節がやってきた。最も象徴的なのは中庭のシンボルツリーである株立ちの夏椿の木が鮮やかな緑の葉をつけたことである。夏椿は落葉樹なので、晩秋になると紅葉して葉を落とす。冬は幹と枝だけの「ぼうず」姿になるが、3月の終わり頃になると一斉に若葉が芽吹き出すのである。また、風呂場に隣接する坪庭のもみじの木も青々とした葉をみずみずしくたくわえた。見ていてまぶしいくらいである。


間もなくすると虫たちも活動を始めるに違いない。我が家は庭といってもほとんど「土」の部分がないのだが、それでも毎年バッタやカマキリを見かける。こんなところにも住人として暮らしているのだ。たいていは小さいやつだが、一昨年の秋にびっくりするほど大きなカマキリを見て驚いた。


そいつは中庭のちょうど真ん中でひっくり返っていた。緑色のオオカマキリで、お腹がはちきれんばかりに丸々と膨らんでおり、とにかく大物だった。ところが、そばによってみると残念ながら死んでいたのだった。こんな大きなカマキリは夏場の間にも見たことがなく、一体どこで暮らしていたのだろうかと思ったが、とにかく毎日昆虫などを食べて生活していたのは間違いない。去年は同じく中庭で茶色の中型のカマキリが仰向けになってひっくり返って死んでいるのを見た。我が家のカマキリは死ぬときはどうやら一番目立つところで何かを主張しながら息絶えるという習性があるらしい。


今年も楽しみである。


太田忠の縦横無尽 2010.4.22

「我が家にも新緑の季節がやってきた」

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /