Skywalker院長のブログ

とある小児科医Skywalkerのブログです。
その正体は、川崎市にある「北浜こどもクリニック」の院長。
「正しい知識を持つこと」を目的として、パパママのためになる情報を配信していきます。
多趣味な院長なので他のネタもあります。


テーマ:

報道機関の影響力は絶大です。


ネット社会ではありますが、国民は結局のところ報道機関が言う事に最も信憑性を感じ、書かれていることを(悪く言えば)鵜呑みにしてしまいます。

内容によっては国民がパニックになってしまうことも多々ある。それほど影響力が大きいのです。


だからこそ報道側も、言葉を慎重に選んで報道していただきたい。



「ワクチン同時接種で男児死亡」という見出し。


前にも言いましたが、これではいかにも「同時接種」が悪い・原因である、という印象を与えることになります。


同時接種が原因だと誰が言いました?どこが立証しました?

はっきりいって医学的根拠はまったくありません。

なのに記事は国民に「同時接種が死因だ」というメッセージを暗に与えています。


報道の自由とはいえ、誤った印象を与える書き方はよろしくないのではないでしょうか。


これは最近の放射線に関する報道にも言えることですが。


いたずらに国民の不安をあおり、パニックを起こそうとする意図(悪意)が感じられるのは僕だけじゃないでしょう。



繰り返しますが、同時接種は安全です。


同時接種を恐れて、個別に接種した方が危険度が上がることを是非認識してください。


知っておいてほしいのは、ワクチンは万能ではないということです。

ワクチンには少なからず危険性が潜んでます。何百万人に一人かは死んでしまう可能性が、すべてのワクチンにあるのです。

身もふたもない言い方をしてしまうと、これはもはや「運」次第です。


僕がよく例えに出すのが、フグです。

(あまりいい例えじゃないんですが・・・)


フグに当たって死ぬ人は毎年いますが、これは予防接種とよく似ていると思います。

フグを食べる以上、毒に当たる可能性が少なからず存在するわけです。


では、今日フグを2人前食べるのと、今日と来週2回に分けて1人前ずつ食べのでは、どちらが「リスク」が低いと感じますか?


2回に分ければリスクを負う機会が2回に増えということになりますね。


ワクチンも同様なのです。


なので、欧米・先進国では6種混合ワクチン(三種混合・ヒブ・不活化ポリオ・B型肝炎)というものを開発して、一気に同時接種してしまいリスクを減らしているわけです。



皆さん、報道に踊らされてワクチンを個別に1個1個接種するような愚かなマネはやめましょう。


同時接種は恐くありません!

むしろそのほうが安全なのです!!


ちなみに、今回ニュースになった事例は解剖の結果、乳幼児突然死症候群の可能性が高いとのこと。

ワクチンとは無関係でした。


蛇足になりますが、6種混合ワクチンのお話がでたので、おなじみの・・・

B型肝炎ワクチンを接種しましょう!!

<北浜こどもクリニック>









いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

Skywalkerさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>