Skywalker院長のブログ

とある小児科医Skywalkerのブログです。
その正体は、川崎市にある「北浜こどもクリニック」の院長。
「正しい知識を持つこと」を目的として、パパママのためになる情報を配信していきます。
多趣味な院長なので他のネタもあります。

NEW !
テーマ:
年明けから暇な日々が続いてますが、インフルエンザの患者さんは確実に増えてますね。

このぶんだと2月頃にはブレイクするかもね。。。

発熱の患者さんを見たら迷わずインフル検査、という何のアカデミックさもない診療に終始しがちなこの時期です。


インフルの検査は発熱してから12時間は経過しないと正しい結果が出ない、だから熱出してすぐに受診はしないようにね、と毎年言ってきましたが…

実際発熱してから間もないとウィルスが充分に増えてないので、綿棒でいくらこすっても検出されない場合があります。

じゃあ翌日もう一度検査をと簡単に言いますが、痛い検査なんで極力1回で決めたいのが第一なのと、2回目の検査は保険が効かなくなるため医療機関の自腹となってしまうんですね。

なので発熱してすぐの場合は、とりあえず解熱剤だけ処方して翌日まで熱が下がらなければインフルが怪しいから再度来てね、となります。

抗ウィルス薬は発熱後48時間以内の投与で効果が期待できますから、ここで一晩延ばしても治療が間に合わない事態にはなりません。


、、、と、僕はこうしてきたし今シーズンもそうしてます。

が、実は最近は検査キットの感度がかなり改良されてきてて、なにも12時間待たなくても充分に診断できるようになってきてます。

早ければ3時間、少なくとも6時間くらいならかなりの確率で診断できるんで、僕は最近は状況により判断することにしてます。


が、例えば大きな病院なんかの掲示を見ると相変わらず「12時間たたないと検査しません」となってます。

なぜ技術が向上してるのに頑なに「12時間ルール」なのかというと、もうお分かりですよね??

それは夜間の不要な駆け込み受診を防ぐためです。


夜間救急をやってると熱が出てすぐに駆け込んでくる患者さんが多すぎる…

熱が出ること自体は救急ではないので、翌朝まで待ってかかりつけに行くべきなんですが、まあ〜色々な事情があってか知らんけど駆け込んでインフルの検査を要求する患者が後を絶たず、救急医療の現場を疲弊させてるわけです。

そのためその防護策として「熱出てすぐは調べません」なんですね。


せっかく技術が向上したのに、そしてインフル自体は怖くないけど万が一の隠れた重症患者を見逃さないための救急なのに、それが一部の常識ない患者のせいで活用されてない現状なんです。

こんな記事読んで「すぐ検査できるんやろ?」「7時に出勤だからかかりつけには行けない、だから今やれ」と午前5時に救急を受診する非常識が増えるのは目に見えてる、だから誰も言わないし相変わらず12時間ルールなんですね。


なんだかなあ〜と思いません??



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

例えば引っ越し先とか新居を構える場所を探すときに、やれ近くにスーパーがあるとかやれ近くにコンビニがあるとかは気にされるでしょうけど、近くに医療機関があるかどうかってのは意外に見落とされがちですよね。


不動産の広告にも近隣にスーパーがあるとかは謳われてるし、学校や幼稚園なども書かれてるけど、医療機関は中々見かけませんよね。



でも、それってすごく大事なことだと思いません??


例えばこのブログの読者さんは大半が子育て中のママさんでしょうから、近隣にかかりつけの小児科があるかどうかってのは大事だと実感されてると思います。


予防接種に通わなければならないし、子供はそれこそ毎週のように風邪をひきますから頻繁に小児科に行きますよね。


でも近くにロクな小児科が無かったりすると、例えば自転車や車に乗って遠くまで行かなければならなくなる。

でもその遠くの小児科には駐車場がなかったりして不便な思いをするかもしれない。



最近立て続けにあったのが卵アレルギーを治したいという遠くから来てくださった方。


まずは少しずつ食べてみて何かあったらすぐ当院に駆け込んでね、という治療をするにしても遠いと何かあっても当院に駆け込めない。

そうなると僕としても責任が持てないので「食べてごらん」と指導しづらい。

必然的に「すぐ駆け込める近くの小児科を探してよ」って話になってしまい、「それがないから来たんです」ってやりとりは日常茶飯事だったりします・・・


ブログを読んで遠方から来てくださって本当に嬉しいことなんだけど、遠いがためにセカンドオピニオンしかできず実際に治療をしてあげられないジレンマを感じることは多いです・・



・・・だからかかりつけ医の近くに引っ越せ、って話ではないのですが、子育て世代にとっては駅や学校やスーパーなどと並んで、かかりつけ小児科クリニックってのは地元の大きなランドマークになりえると思うんです。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

何の話かっていうと花粉症ですね。


すでにお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、

スギ花粉はもう飛んでますね~


僕なども超敏感なスギ花粉検知器なので、もう先週にはすでに目と鼻がヤバかったです・・・


患者さんには毎年飛び始める前に内服は開始しておきましょうね~などと偉そうに言ってる僕ですが、先週症状が出てから慌てて薬を飲み始める始末。。。

人の事悪く言えませんね。



で、今年の花粉の飛散予報によれば西高東低だってことなんですね。


スギが花粉を放出する詳しいメカニズムはまだ解明されていない部分もあるそうですが、とりあえず分かっていることは、

1.猛暑だと翌春に放出する花粉が増える

2.前年少なかった場合、翌年は多く放出する

らしいです。



そんなわけで、去年記録的な猛暑だった東海~西日本では今年は飛散量が多い、冷夏とまではいかないけどそれほど猛暑じゃなかった東日本では今年の飛散量は例年通り~少な目、と予想されているわけです。


でもたとえ飛散量が少ないと言われたって、花粉症が辛いことに変わりないわけで・・・



昨日今日はすごく寒いですが、この寒さが弱まった時に一気に花粉が爆発的に飛ぶんじゃないかと、今から肝を冷やしております。


来月は東京マラソンとか出るし、花粉症対策が喫緊の課題と言えましょう。。。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

「お客様は神様」

という言葉が廃れてきている世の中らしいですね。


日本が世界に誇ってもよい「おもてなしの心」ってのを色んな意味で反映した言葉だと思うし、僕は好きな言葉でした。


背景にあるのは言わずと知れたクレーマーの増加なのでしょう。


日本人に寛容な心が無くなってきていると以前の記事で書いたことがあるけど、これもその一端なのかもしれませんね。


理不尽なクレーマーってのは「神様」の意味をはき違えているんだと思います。


お客様は神様であって、王様ではないんだよ


って事なんだと思うんですが、いかがでしょうか・・





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年ですが年明けの診療は暇です・・・


当院など大晦日まで診療していたので、それにより年明けの駆け込み受診がかなり抑制されていると分析してます。


世の中的にも、年末は風邪やインフルが猛威を振るうけど年末年始の休みの間は幼稚園も学校もないため、感染症の流行がいったんリセットされるようです。


特に今シーズンはインフルエンザの流行が、騒がれているほど激烈ではなかったのもあるでしょう。


正月ボケの調整にはうってつけの暇っぷりですね・・・



とはいっても相変わらずノロと思われる胃腸炎は多いし、インフルエンザも確実に増えてきていますね。


小児科のハイシーズンはこれからってことです。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
返す返すも去年は色々ありすぎて、とにかく心の磨り減る一年でした。

心は耐えてるつもりでも、難聴になったり胃潰瘍になったり顔面神経が麻痺したり帯状疱疹がでたり、身体は嘘つかないようで…

人のため誰かのために尽くすのが自分の生きがいだと信じてやってきたけど、たまには自身も気遣わないと身体壊しちゃうなと思うに至りました。


人間社会で生きてる以上、ストレスと完全に無縁になることは不可能です。

が、余計なストレスを減らす努力はできるし、それにより寿命も少しくらい延びるだろうし、ひいては自分が一番大切にしている人達に心配かけなくて済む。


今年一年は、色々とセーブして、代わりに自分の好きなことや自分磨きに労力を費やそうかな。


仙人じゃないし適度なガス抜きは絶対に必要だと実感したので、今年一年だけ脱ストレスな生き方を追求してみることにします。


以上、ご報告〜


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
そんなわけでタイムはさておきフルマラソンなんかに出ちゃうキャラに変貌したわけですが。。。

年末年始は温暖な天気が続いて、SNSでは「走り納め」「走りぞめ」なんかの投稿多数…


ところが僕はまったく走らず、、、でした。

走ろうと思えば行けるチャンスはいくらでもあったんですが、どうも腰が重く。。。


飽きっぽい僕ですが、走ることに飽きた、とは言いたくない。

だって走るの変わらず好きだし。


でも性格上、一個のものをひたすら続けるほどストイックな人間じゃないわけで。


小児科の特性と同じく、いろんなことを広く浅く攻めた方が性に合ってるのかなと。


てなわけで正月はジムにスイミングに行ってきました。

{F55A2455-767D-40F3-A44A-326F08D56173}


皆さん知らないかもしれませんが、水泳は3歳の頃からやってまして、太って運動を一切しなかった暗黒時代も水泳だけは細々とやってたんですね。

もっともただ長くやってただけで選手でもなかったのですが、意外にクロールのフォームの綺麗さは自慢だったりするんですよ。


3年前にチームアクエリアスに入り、ランニングはガツガツやってましたが水泳はまったくやってませんでした。
とにかく走る練習でいっぱいいっぱい、頭の中もいっぱい、他をする余裕なんてなかった。


先日ふと思い立って、引き出しの奥から水着とゴーグルを探し出して、実に3年ぶりにプールのコースへ。


とりあえず水着がガバガバで泳ぎながら脱げやしないかハラハラでした。


フォームを意識しながら連続して50mを10本くらいかな。

久々にしては中々泳げました。


心肺機能も鍛えられてマラソンにも役立つだろうし、いずれ本当にトライアスロンに挑戦するなら泳げないとね。


マラソンじゃなくだって身体を動かすのは良いことだし、マラソンだけに固執しなくたって、いいじゃん、とね。

ちなみにこの次の日はジムでエアロバイクをひたすら漕いで汗いっぱいかき、これまた気持ちいい。その後のビールの美味しいこと。


走る気力が出ない日でも、じゃあ別の運動をするってのを今年の目標にしよっかな。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)