中村ただし オフィシャルブログ

次世代政策研究会 会長 中村匡志


テーマ:
 平成26年4月13日告示、20日投票の日程で、春日部市・久喜市の市議会議員選挙が行われています。日本維新の会埼玉県総支部の推薦候補は、下記となります(詳細はリンクをクリックしてください)。
 大里候補は財政改革、黒須候補は教育改革をメインに据えて、選挙戦を戦っています。これだけ明確に政策を打ち出して戦っているのは、維新らしくてとても誇らしく感じます。我々維新の人間は、みな政策綱領「維新八策」の実現により日本を良くしたい、強くしたいという思いで政治家になっているのであって、その逆ではないからです。このことは、地方選でもまったく同じです。



 選挙戦初日の午前中は、黒須候補の出陣式でご挨拶をさせていただきました。《これまで公立小中学校においては、日教組の反日教師たちが幅を利かせ、彼らの「自虐」教育によって歪んだ歴史観と間違った事実が教え込まれてきた。また、これまで日本人の行ってきた立派な国際貢献などは紹介せずに、ひたすら「日本人は悪い」ということばかりが教えられた。その結果、日本人は日本人としての誇りを失い、中国・韓国の捏造の歴史に対してもまともに反論できなくなってしまった。そして遂に、アメリカでは韓国ロビーの力で「慰安婦の像」なるものが建造され、現地の日本人の子どもたちが何の罪もないのにいきなり殴られたり唾を吐きかけられたりという、筆舌に尽くし難い屈辱を味わっている。このような状況を何とかしたいという思いで、いま我々日本維新の会は、元凶である河野談話の廃棄をはじめとする改革に向けて頑張っている。黒須明海候補も、日本人の誇りを取り戻すための教育改革を実現するために立ち上がった。市議会が市立小中学校の教育という市の行政サービスをしっかりとチェックしないのは怠慢であるが、黒須候補はこの怠慢にきっちりとメスを入れてくれるに違いない。我々日本維新の会は、黒須候補を全身全霊で応援します》というお話をさせていただきました。

 なお、このテーマについては、『正論』5月号で山田宏先生と杉田水脈先生が詳しくお話しになられておりますので、よろしければご参照ください。



 午後は、大里候補の応援に駆けつけました。大里候補は、春日部市に累積した約565億円の借金(市債)を何とかゼロにしたいという思いで頑張っています。春日部では他に財政再建を前面に打ち出している候補がいないためか、「頑張って!」という有権者の皆さまからのお声がけを非常に多くいただきました。やはり、市の借金の問題は市民の皆さまも非常に憂慮されているのだということが、ひしひしと伝わってきました。「子どもたち、孫たちに犠牲を押し付けて自分たちだけいい思いをしよう」などということは、まともな大人であれば考えるはずがありません。



 その後、再び久喜に戻り、応援に駆けつけてくださった並木正芳支部長(元衆議院議員)とともに久喜駅西口で駅前演説会を開催しました。有権者の皆さまから多くの激励をいただいたほか、車からも非常に多くの方が手を振ってくださいました。どうもありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

中村ただしさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。