脱原発大崎demo原発はいらない

毎週金曜日行われている「脱原発大崎demo金曜行動」の模様を中心に発信していきます。


テーマ:

3月24日、大崎市あさひ中央公園で第239回アベ政治を許さない!大崎demo金曜行動が今回も17名の参加で行われました。

昨日行われた森友学園籠池理事長の証人喚問、籠池氏は誠実に答える姿勢は見れたものの、自民は衆参で合計70分もの尋問時間があった。なのに国民が最も関心を寄せる「なぜ国有地が8億円もディスカウントされたのか」「なぜ小学校開設がスピード認可されたのか」というこの問題の核心に、迫ろうとしなかった。ひたすら、「安倍首相を守る」ための質問を繰り返した。一体、誰のための証人喚問だったのかといえる内容でした。これから一つずつ解明されるでしょう。

 証人喚問に先立って21日に閣議決定された共謀罪、安倍政権が「共謀罪」法案を必要だという最大の口実にしている国際組織犯罪防止条約(TOC条約)をめぐり、条約の起草過程で日本政府が「テロリズムは本条約の対象とすべきでない」と主張していたことが明らかになりました。外務省が日本共産党の仁比聡平参院議員に提出した資料で判明しました。「共謀罪」を正当化する政府の論拠が改めて崩れました。戦前戦中のような体制にしてはいけない、必ず葬りましょう。

 

 女性の参加者からは、明日「奪われた村」の上映会のお知らせがありました。

 

集会後、参加者はいつものように「南スーダン派遣反対」「審議を尽くせアベ政治」「女川原発再稼働反対」などとコールしながらアピール行進しました。

 

来週も金曜日5時30分から同会場で行います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月17日、大崎市あさひ中央公園で第238回アベ政治を許さない!大崎demo金曜行動が今回も20名の参加で行われました。

 

主催者あいさつ

毎年41日エイプリルフールはやってくる。いわゆる「ウソ」を吐いても許される日だ。「ウソ」にはユーモアあふれ人を和ませるものから法律に反するものまであるが、4月になる前から「ウソ」が溢れかえる。昨年7月の南スーダンPKO派遣部隊の自衛隊からの日報の存在の「ウソ」。大阪豊中の森友学園の小学校建設予定に関わって国有地を破格で売り渡したが財務省は「適正だった」「議事録は事案終了後に廃棄」したと強弁。議事録は何れ出てくるであろう。最たるものは、数年前の「福島第一原発の汚染水は完全にコントロールされている」と言い、今年の震災のメッセージではもう終わったものとして放射能の言葉すら言わない。今も避難されている方や現場で働く労働者のことを全く心にとめようとしない姿勢ではいけない。潮目は変わってきた、皆で政治を変えましょう。そのためにも今日も頑張りましょう。

 

あったか大崎代表の男性からは、群馬県に原発避難で訴訟を起こしていた集団訴訟が今日、前橋地裁で国と東電に賠償を命じる判決があったこと。明日は午後2時から大崎市fプラザで内藤県議の大崎から政治を変えると題して学習講演会があることが報告されました。

 

劇映画「母」上映実行委員長の女性からは、賛同者400人を募るために奔走した。原作三浦綾子さんがクリスチャンでもあり、市内の教会を訪問し快く引き受けてくれたことが報告されました。

集会後、参加者はいつものように「南スーダン派遣反対」「審議を尽くせアベ政治」「女川原発再稼働反対」などとコールしながらアピール行進しました。

 

来週も金曜日5時30分から同会場で行います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月10日、大崎市あさひ中央公園で第237回アベ政治を許さない!大崎demo金曜行動が今回も27名の参加で行われました。

 

集会参加の皆さんお疲れ様です。

アベ政治を許さない!大崎demo金曜行動 本日は237回目のメモリアル行動です。

6年前の3.11東日本大震災と福島第一原発事故から6年、

私たちは、原発の廃炉を求めて雨の日も雪の日も霙の日も毎週金曜日の行動を開始してから5年になります。そして一昨年のアベ政治の戦争法強行採決に対して強く抗議し、原発廃炉と戦争法廃止の二つの課題、どちらか一方でもと呼びかけて取り組んできました。

 明日は震災から6年になりますが、「復興道半ばとこたえた自治体が4割以上」となっています。昨日報道された報道ステーションでは飯館村に帰還させるのに20ミリシーベルト以下を基準としており、全国が1ミリシーベルトなのに何でこんなにゆるい規制なんだ」と怒っておりました。一度の被災で破滅的な事故を起こす原発は廃炉しかありません。

 それだけでも大変な課題ですが、南スーダンに自衛隊を派遣している責任者の1人である稲田朋美防衛大臣は8日の参院予算委員会で、天皇を頂点とする秩序をめざし、戦前の教育の基本理念を示した教育勅語について、「日本が道義国家を目指すというその精神は今も取り戻すべきだと考えている」と述べた。「教育勅語が戦前、国民の道徳の規範になって問題を起こしたという意識はあるか」と問われると、「そういうような一面的な考え方はしていない」と稲田大臣は答えた。

 国家の主権者であり現人神である明治天皇が、天皇の赤子である臣民に対して与えたのが『教育勅語』です。これは「カルト宗教」みたいなもので、敗戦後に、主権者を国民とする新憲法を制定し、近代民主主義国家として歩んできたはずの日本という国のカタチを揺るがす点にあります。公人として到底許されません。首相や首相夫人も同じで、「教育勅語」を支持・礼賛することは、民主政国家であれば、出来ません。

 同じ敗戦国のドイツで、もし「戦前思想」を喧伝したり称揚すれば、思想的罪となり、以後、公職につくことはできなくなります。

森友学園に対する国民のアベ政治に対する不信感を力に一日も早くアベ政治は終わりにしましょう!本日も宜しくお願いします。

 

 涌谷から参加した男性は、町議会で放射性廃棄物の混焼問題で議論になっていろことが述べられました。

 

 大崎市議会副議長の小澤市議も参加し、「自分が議員である任期中に女川原発を廃炉にしたい」と発言ありました。

 

集会後、参加者はいつものように「南スーダン派遣反対」「審議を尽くせアベ政治」「女川原発再稼働反対」などどコールしながらアピール行進しました。

来週も金曜日5時30分から同会場で行います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月10日、大崎市あさひ中央公園で第233回アベ政治を許さない!大崎demo金曜行動が16名の参加で行われました。

主催者からは、

 南スーダン国連平和維持活動に参加する陸上自衛隊の日報で現地の「戦闘」が報告されていた問題で、稲田防衛大臣は8日の衆院予算委員会で「戦闘行為」の有無について、「事実行為としての殺傷行為はあったが、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきでないことから、武力衝突という言葉を使っている」と述べた。

戦時中、『「撤退」ではなく、「転進」ということばを使っていたようにしなさい』ということなのでしょうか?

 

「日誌」の隠ぺい問題はもちろん問題だが、この答弁はさらに問題だ。

この人は案外正直な人なのかもしれない。嘘をつきながら、嘘をついてる自覚がない。だからよけいに怖い。

「憲法9条に違反するから、実際には戦闘行為が行われているのだが、それを認めず衝突といいました」と宣う。 しかもしらっとして、それを言う。

 

「事実は憲法違反のことをやっているが、憲法違反を問われるから、言葉で誤魔化した」と言っている。安倍政権の「立憲主義破壊」の本質が、ここに如実に表されている。

 

普通、まともな政権ならば、政治的立場はどうあれ、「憲法上の問題になりうる」事柄は、いっそう慎重に取り扱い、主権者たる国民の代表であり、国権の最高機関たる国会に、正確に報告するのが当然です。

しかし、この政権は「憲法などどうでもよい」と考えているのだ。

「自分たちは憲法に縛られない」「憲法上の問題になりそうになったら、言葉で誤魔化せばよいのだ」と考えている政権だということだ。

 

この稲田大臣の発言は、もはやこれ以上一日たりともこの人には、日本国憲法の下での大臣を続ける資格がないこと、とりわけ最も憲法9条の制約を大事にしなければならない防衛相を続けさせておくわけにはいかないことをはっきり示したと言わねばならない。

 

専守防衛の心意気に燃えた自衛隊員が、人を殺めたり、戦死することが絶対にあってはならない。国民の世論と運動、何よりも憲法9条のおかげで、戦後日本は1人の外国人も殺さず、戦死者も出さずに来た。再び戦前のような「殺し殺される」国にしてはならない。

本日も頑張りましょう!

 

文科省天下りあっせん事件に対する発言がありました。

集会後、参加者はいつものように「南スーダン派遣反対」「審議を尽くせアベ政治」「女川原発再稼働反対」などどコールしながらアピール行進しました。

来週も金曜日5時30分から同会場で行います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月3日、大崎市あさひ中央公園で第232回アベ政治を許さない!大崎demo金曜行動が18名の参加で行われました。

主催者あいさつ

米国、トランプ政権になってからあらゆる大統領令サインをして世界を混乱させている。 

その一つは7カ国入国禁止令。特定国への入国禁止措置。ビザ発給条件の操作で、入国管理するなら、善悪は別にあり得るが、無条件禁止とは何だ!テロ対策だというが、これは明らかにテロリストをに反米感情を高め、テロを誘発する政策です。

しかし安倍首相はどこまで米追随、トランプ氏に一切批判がありません。国会答弁で安倍晋三首相の米国追随が極まっている。

 「日米同盟関係が微動だにしていないことを世界に示していく会談にしたい」 1日の衆院予算委員会で安倍首相は、10日に予定しているトランプ米大統領の会談にかける意気込みをそう語った。大統領交代によって米国の姿勢がどう変わろうとも、安倍首相は“米国中心”で固まったまま。

 トランプ氏は、日本の米軍駐留経費の負担を増やすよう求めており、25日の日本維新の会・片山虎之助共同代表は参院代表質問で、トランプ氏が日本にこれまで以上の軍事的負担を求めてくることを想定して軍事費大幅増の検討を提案。安倍首相は「わが国としても防衛力を強化し、自らが果たしうる役割の拡大を図っていく」と応じました。米国の求めに応じた軍事費増の道を示したのです。

 自ずと10日に行われる日米首脳会談の内容が透けて見えてくるが、これ以上自国をただ売りする首相に政治を任せるわけにはいきません。

福島第一原発事故では二号機の540シーベルトという線量に続き、原子炉直下に直径2mの大穴が開いていることがわかりました。普通の標準的原子炉なら、コアキャッチャーがあるべき場所である。日本の原子炉は安いといいながら建設しました。しかし安いとされているのは日本人の命ではないか!日本人の命よりも原発再稼働優先に突き進む政策の方向を変えなければなりません。ドイツ、台湾では脱原発政策が明確に示されています。

本日の行動も頑張りましょう。

 あったか宮城の会共同代表からは

 28日に行われた脱原発県議の会主催の講演会の報告がされ、原発を再稼働させないと今の資産が負債になってしまい、どうしても再稼働させなくてはならないしくみになっている。そこから変えなければいけない。県内で一番手っ取り早いのは今秋の県知事選挙で脱原発の知事を誕生させることだ。と述べられました。

 

集会後、参加者はいつものように「南スーダン派遣反対」「審議を尽くせアベ政治」「女川原発再稼働反対」などどコールしながらアピール行進しました。

食堂の女将さんが外に出て声援してくれました。

来週も金曜日5時30分から同会場で行います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。