アメブロカスタマイズ
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2011年06月27日(月) 22時39分21秒

真っさら

テーマ:ブログ

ただそこにいるかんじ


私は今の時点では作品を和紙に描きます。

墨や膠、岩絵具、水干絵具を使います。

だからと言って自分のやっている事を日本画だと言うつもりはありません。
ただしっくりきているから使っているだけです。

キャンバスに油彩、アクリル絵具、CG、他にも色々使った時期もあります。


よく何も手を付けられていないキャンバスを
真っさらなゼロの状態的に例えたりしますが、

私にとってキャンバスというのは
なかなか馴染みのあるモノではありませんでした。
それ自体に変に存在感を感じてしまうのです。

高校生の美術の授業で触れたのが初めてですし
それからだって10年以上触った事すらありませんでした。

そんな馴染みのないモノの前に立って、油絵具をパレットに出し、臭い油をかき混ぜてみても

とても真っさらな気持ちにはなれなかったのです。

おばあちゃんの家のような墨と紙の匂い。
地べたに敷いた和紙の上に墨をたらせば滲んで広がっていく。
そして水。
これがしっくり馴染んだのです。

これが私のゼロの状態、真っさらなんだとわかりました。


スタート地点が決まれば後は何処に行こうが自由という事ですよ、
コレ結構大事だと思うんですよね。



村越匡将のアートギャラリーHPはこちら




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年06月19日(日) 03時45分02秒

深夜のコンビニ

テーマ:ブログ


深夜なんかにコンビニに行くと

なんとも生気のないアルバイト店員が番をしています。


深夜のアルバイト店員と客

立場という分厚いアクリル板のような隔たりが
両者を完全に隔離してしまっているようで
なんとも寂しくなったりならなかったり。。


今日も頑張ってるねえ!

いやあ、眠いっすよ~


なんてやり取りはなかなかありません
ここ日本では特に。

必要な動作を問題なくこなすだけが目的
これでいいんですここでは。
そこに自分らしさはいりません
面倒臭い。


レジで向かい合う数十秒の間
別にたいした事でもないのですが
時々ふとアルバイト店員のネームプレートを見るのです。
名前と小さな顔写真

そう、この顔写真
そこに写っているのは
彼らの数ヶ月~数年前の姿だったりします。

おいおい○○、ずいぶんやつれてしまっているじゃないか
可哀相に、、

短髪で黒髪!
別人じゃないか○○、初々しい!

お前こんなに爽やかな笑顔できるのか○○!


彼らのほんの少しの情報が
ほんの少しの親近感を生んだり生まなかったり。。



村越匡将のアートギャラリーHPはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月18日(土) 00時59分19秒

ホームページに販売コーナー追加

テーマ:ブログ

私のホームページのギャラリーページに販売コーナーを追加しました。

ホームページ自体構想中でまだまだ実験段階ですが
随時色々と追加していく予定なので時々覗いてみて下さいね。

また、ご意見ご感想などありましたら遠慮なくお寄せ下さい。

よろしくお願いします。


村越匡将のアートギャラリーHPはこちら



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月15日(水) 00時12分18秒

血を食らう者

テーマ:ブログ
photo:01




夏は好きなほうなのですが

蚊がいるから嫌なのです。

私はとにかく痒いのが大嫌いなので
これがないともうパニックに近い事になってしまいます。

奴らは何故痒くするのでしょう
痒くしないのであれば血なんか今の3倍はくれてやります。

どうして自らの命の危険を冒してまでこのような手段を選んだのでしょうか。

鈍足な者は叩かれて滅ぶ
より俊敏な者が生き残るために
あえて茨の道を選んだのでしょうか。

私が年々奴らを仕留められなくなっていく気がするのは
衰えのせいではなく、奴らの進化スピードの速さのせいなのか。

もしそうであるならば
血を食らう者としてまさにふさわしき生き様、アグレッシブさ。

いやいやそんなのに付き合うのはゴメンです。


村越匡将のアートギャラリーHPはこちら



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月10日(金) 20時51分18秒

ドクダミの花

テーマ:ブログ




現在に至るまで見事な崖っぷち人生を歩み続けている私なのですが
この類まれなるバランス感覚を何処で身につけたのかと言えば
やはり少年時代なのでしょうか。


密集した家と家とを隔てるブロック塀
私は少年時代その上を歩くのが大好きでした。

10cmあまりの道幅
植え込みの枝やせり出した屋根をかわし
時には1mほどはあろうかという塀と塀との間を飛び移り
本来の通行人である猫達には道を譲らせ
数々の障害物を乗り越えてはひとつ隣の路地へとショートカットするのです。

ありあまる時間の中で生きていた私達子供には
ショートカットする意味などまるでないのですから
どちらかと言えばスリルのあるちょっとした探検コースです。

そんなスリルと緊張をさらに高めるように漂っていたのが
そうこの香り、ドクダミです。

家の裏のブロック塀との狭い隙間
あのジメッとした日陰には決まってドクダミの花が咲いていたでしょう。



匂いと記憶というのは脳の中でかなり強く結びついているようで
ある匂いを嗅ぐと

なんだっけ?この懐かしい感じ。。

運よく思い出せた時にはセピア色の超々短編映画の上映が開始されます
断片的ですがなかなかの感動作です。

そして20年以上の時が流れ、、
という展開になる前に退場しておきましょう笑。


ジメッとした日陰に生えていたり、あの独特な香り
なによりこのネーミング。
なかなか日の目を見ないドクダミの花ですが、
私は結構好きなんです、見た目もカワイイじゃないですか。

薬草でもありますし、蚊に刺された時なんかこれを揉んで塗っておけば
あっという間に治ってしまうんです。


まあただの思い出話になってしまいましたが
ふと家の窓から裏庭を見た時に
飼っていた猫2匹のお墓とドクダミの花が咲いているのを
見つけたものですから。


村越匡将のアートギャラリーHPはこちら



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。